So-net無料ブログ作成
検索選択

30日  今年の玉ねぎ [玉ねぎ]

今年の玉ねぎは、苗作りからスタートしています。

まず9月19日に種を蒔き、暑い時の芽だしを良くするMY菜園の定番の方法を取っています。

010.JPG

011.JPG

暑さで土の乾燥を抑える役目で、不燃布のベタ掛け、天井部には黒のカンラシャ又は遮光ネットの採用で。

昨日のほうれん草にも同じ方法を施しています。

種蒔き5日目の24日に少々初芽、さらに25日の雨で全体の芽が揃いました。

初芽、1週間経過しましたが今年は芽出し率が最高です。

今年は4種類の種を蒔きましたので順に。

5年連独の泉州中高黄玉ねぎの苗。

002.JPG

今年新登場の大玉のラッキーの苗。

003.JPG

サラダに向いてます、辛くない赤玉ねぎの苗。

004.JPG

簡易ハウス栽培で4月採りが出来ます極早生の玉ねぎの苗。

005.JPG

 

延びた芽の高さはもう6cmに延びてます。

30日には、最初の液肥料を与えました。

4種類800個の玉ネガを栽培する予定ですから、この先11月初旬から中旬へ向けての苗の成長が来年の玉ねぎの成果に繋がりますのでこの順調さを継続してもらいたいです。

 

お話し変わり、28日の夕方に墓地公園の展望台に行き、27日に水蒸気爆発しました御岳山を観る為に昇りましたが残念がら山裾も見えない視界でした。

014.JPG

改めて本日13時に展望台まで出掛け霞がかかってますが。御岳山の火口から噴火炎が立ちあがってる所が観えましたので写真を。001.JPG012.JPG

しばらく見てますと、自衛隊の航空機が御岳山方面に飛行してました。

009.JPG

今回の爆発で多くの方が犠牲になられましたので、その場で手を合わせご冥福をお祈りいたしました。

又、お怪我をされた方にはお見舞いを申し上げます。


29日 種蒔きと収穫 [野菜作り]

28日も暑い1日になりましたが、風が出ますとやはり秋です、涼しく感じます。

秋野菜の種まきです、まずはニンニク。002.JPG

今年の春収穫しましたニンニクの残り物を第一弾として植え付けを行いました。

019.JPG

こちらの畝に004.JPG

にんにくを18片植え付け。

016.JPG

土を馴らして完成、場所的には個数全部で70片ほど入りますから残り8球程購入になります。

 

お次は昨日準備出来ています、東菜園に第2弾のほうれん草の種まき。026.JPG

白く見えますのはこちらの物。027.JPG

有機石灰(ミネラル成分を含んだ)を蒔いた後です、その右がほうれん草の畝になります。

種まき後はMY菜園定番の方法で初芽を促進しています。001.JPG

002.JPG

その方法とは、種を蒔いた土の表面の乾燥防止と気温を下げる効果を実践して。

上記の方法で初芽し、10日経過したのがたくあん大根とサラダ大根の芽。

025.JPG

024.JPG

『収穫野菜は』

葉物です、27日の小松菜の1回目の間引き菜。

002.JPG

003.JPG

28日は赤の大根菜を間引きした物。009.JPG009.JPG

29日は、ほうれん草

010.JPG

011.JPG

 

収穫菜は毎度の御浸しと朝漬で頂きます。

庭先のギンモクセイが良い香りを出して咲いてきました。011.JPG

 


28日  食べた [収穫]

27日これまでに収穫していました落花生と山芋を食べました記事です。

落花生は鞘を十分乾燥させた物を1個ずつ鞘から豆を取りだして瓶の中に。010.JPG018.JPG

その豆をフライパンに入れ、少し塩をまぶしてこまめに豆を転がして煎ります。

フライパンの中でパチンと音がでてきます、また香ばしい匂いが漂います。

煎りあがりました落花生を小皿に移して冷やします、途中皮がはじけて音がします。

017.JPG

十分冷えた落花生を食べ始めますと口が次々食べたーいを連発で一気に完食。

020.JPG

残りましたのは皮の部分だけ美味しく頂きました。

まだ瓶には一杯詰まってますので後2回は煎り落花生が頂けます。

 

 

収穫品の山芋を夕食の食卓に採用してもらいトロロご飯で頂きました。

028.JPG

摩り下ろした山芋とても美味しく家族のお腹に収まってくれました。

 

昨日の菜園でまたアゲハ蝶がニンジンに立ち寄りましたので。

021.JPG022.JPG

昨日ツィターの件も解決が出来気分も晴れてきました。

鼻炎のコメも沢山頂きましたが、やはり自分に一番合った薬の効果的面クシャミ、鼻水止まりました。

ご心配頂きありがとうございました。

 

追記:昨晩niceのカウントで77,777が達成出来ました、押して頂きましたのは司馬亮様。

docu0004.jpgdocu00041.jpg

これも皆様の応援により達成数字です、これからも応援宜しくお願い致します。


27日  昨日は体調&ソネブロも不調な1日でした [健康]

今週に入り持病の鼻炎が再発、くしゃみに、鼻水止まりません。

昨日も菜園出掛けてますが、作業中ひどくなり早々に帰宅。

夕方薬を購入に出掛け、私に一番合っていますこちらを購入。019.JPG夕食後、薬りの影響で寝むくなり一休み。

 

目を覚ましたのが21時過ぎ、夕方のソネブロ遅く、重たいエラー出まくりで休止していましたので改めて開きました所、またもMY記事に投稿した覚えのない時間にツィター記事がアップされています。

 docu0001.jpg9月20日と同じ時間が出てますが、これ予約投稿見たいな感じで自分は設定していのに。

この記事に先程 himanaoyaji さんからのメールを読み、基本設定の外部連携の中で投稿を『する』とありました。この為、時間20時に自動投稿が理解出来ました。

でも今更の感がします。今月に発生だけとは1年半もブログをしていますのに。

でも設定は『しない』に変更しました。 himanaoyaji さん情報ありがとうございました。

docu0002.jpg

管理設定でもツィター投稿しない設定なのに気分が悪いです。

ソネブロ今朝も動きが遅いです、昨晩にご訪問出来ていな方に今朝訪問しましたが時間がかかりました。

 そんな重い気分直しに、昨日菜園に近くに鳶が飛んで来て電線に止まり007.JPG

ピーヒョリーと鳴き声を聞きましたので鳥編に。

 

 

上空には3羽大空を舞ってます。013.JPG

電線に止まった鳶の表情は怖そうに見えますね。012.JPG011.JPG

その後こちらも大空へ飛んで行きました。009.JPG

今日は朝から薬を飲んでますから鼻炎は収まってますので、これから菜園に出掛けます。

見廻りで先回白菜に大根ハムシの食害を抑える為に撒きました薬剤の影響で葉に焼けが出てきました。

005.JPG005.JPG028.JPG

大根ハムシはいま至る所で出没しています。

お隣さんの白菜も穴だらけに。

 


Twitterまとめ投稿 2014/09/26 [地域]


  • この記事はまたしても設定していないのに自動アップ、理由ご存知の方お教えをお願いします。

26日  収穫 [野菜]

25日、雨あがりの中菜園に入り、見廻りながら雨後の野菜を収穫しました。

MY菜園には今回の雨十分過ぎる量の水分を頂き、あちらこちらでまだ土が泥濘ますが、長靴ですから足元の心配は有りません。

但し菜園の事を考えますとあちらこちらに足跡を残すのは良い事ではありませんので注意をしながら。

収穫は初物で、秋キャベツ1個とほうれん草。

先日のTV番組の中でキャベツの外側の葉を皆さんスーパーなどで購入時何枚か捨てられますか。
この葉には栄養分が一番有る葉だそううで捨てるのは勿体ないと。
032.JPG
でこのまま自宅に持ち帰りですが外葉は剥かれますね。
ほうれん草9月頭に種まきでしたが1回目の収穫を行いました。
018.JPG
033.JPG
間引きを兼ねながらの収穫、できるだけ育ちの良い物を優先で。


一向に収穫エンドにならないオクラと、秋茄子の収穫。

 

034.JPG


収穫後は、野菜のチエック。
ジャガイモですが、雨を貰い一段と2日前に比べ茎育ちました。
014.JPG
022.JPG
2弾目のキャベツ、ナスも元気そのままですが茄子1本枯れてきました
021.JPG
020.JPG

25日  待望の雨 [雨]

24日午後から待望の雨が降りました。

25日早朝には結構な雨音で目が覚めましたが、朝のニュースでは名古屋の地下鉄駅構内に雨水が流れ込み電車ストップと。

MY菜園はどうなりましたか、雨が上がってる間に見廻りです。

日差し少し出ましたが、蒸し暑いです。

035.JPG

菜園途中の山田川も少し増水してますね。

001.JPG

 

MY菜園の淵に水が溜まってます、

004.JPG

  

畝に水が溜まった形跡が見られます、およそ10cmの高さまで一時的に。

007.JPG
菜園の緊急用水ガメのポリタンクにも雨水が満タンに溜まってくれました。
027.JPG
この2日間およそ18時間の雨はまさに秋野菜には待ちに待った雨、MY菜園にはありがたい事。
本日の見廻りでは、白菜の葉どの株も一気に広げています、キャベツも、茄子も、ニンジンも
大根、蕪、ほうれん草、小松菜、春菊、水菜、ブロッコリー、ネギ、レタスも。
008.JPG
009.JPG
  
 016.JPG
015.JPG
014.JPG018.JPG
さらに、先日種蒔きしました玉ねぎの種からわずかですが芽出てきていました。
005.JPG
芽が出ましたのでベタがけの不燃布を剥がし、天井の覆いに変更して置きました。
010.JPG

 


24日   舞う [動物]

24日、今日は雨が頂けそうな予報出てますが、朝早くから出掛けております。

帰宅も夕刻、その後は夜間の練習日と9月競技表彰式、雨が振りますと夜間練習は(グランドゴルフ)お休みになりますが。

グランドゴルフ8月優勝でHDが8に増え9月スコアーは53でしたが総合61では連覇は難しいです。

皆様への訪問&niceは遅れますので宜しくお願いします。

なので記事は予約投稿です。

『舞う』を。

MY菜園に今盛んに飛んできますのは蝶、モンシロチョウではありません。

この舞う アゲハ蝶。

 

010.JPG

蝶が大好きなニンジンの葉に玉子を盛んに生み、子孫を残す作業を繰り返してます。

013.JPG

 

 

 

014.JPG

玉子から孵った幼虫は柔らかい葉を黙々食べさなぎになり、又アゲハ蝶に戻ります。

 

012.JPG

でも私に見つかった幼虫は残念ながら即時退場処分にされてしまいます。

では空に舞う『青サギ』

ここの所毎日同じ場所で餌採りを行ってますが。

008.JPG

 

私が覗きますと警戒心強く飛び立ち舞う青サギ君。

009.JPG
昨日は同じ場所に川鵜が1羽来ていました、2月以来の川鵜こんな狭い場所で餌採りしては、小魚がいなくなりますので即声を掛けて追い払いました。

 


23日   MY菜園 [収穫]

23日晴れです。

昨日はso-netサーバー障害、大変でしたが皆様もご苦労されたと思います。

 

今日は先週からMY菜園で収穫しました野菜です。

生姜の金時、残りました生姜を全て収穫致しました。

昨年に比べ今年は生姜の出来、よい仕上がりになり満足です。

 

019.JPG

 

金時生姜の特徴の色合いはピンクが良く出ていい香りがします、またいつものように甘酢です。

 

サツマイモの金時芋も、洗いますとさらにピンク色に輝きますね。

 

 

020.JPG

サツマイモの本格的収穫は10月に入ってからです。

それまでは頂きたい時の少しずつ収穫して頂きます。

 

里芋は、中秋の名月には収穫を諦めましたが、試し掘りを致しました。

昨年に比べ種イモの植え付けが約1ケ月遅れの5月で、7月、8月の雨が少なく心配でした。

021.JPG

 

掘り起こした株を見ますと結構子芋ができてますので、まぁまぁの出来ぐあい。

子芋のサイズも揃っています。

この里芋は煮物にしても煮崩れしないといわれる大野芋です。

023.JPG
こちらも11月まで畑に、その後は寒さと霜を避ける対応を施します。
ニンジンの最後の間引きです、順調に生育が出来ています。
007.JPG


山芋の初物です、今年こちらも初挑戦で種イモを購入して植え付けいたしました。
ムカゴも沢山出来、芋の収穫を出来やすいように斜め植え、一工夫しています。
パイプは使用してません。
親元はまだ葉色が濃い緑ですが。
013.JPG
こちらが植え付けました親芋で新芽は芋の先から出していき親芋を栄養源にして大きく育ちます。
014.JPG
で収穫しました山芋、ストレートにはならず複雑なスタイルなぜか判りません成長時の副作用?。
001.JPG
今年は芋の種8本植えてますから収穫が楽しみになりました。
炊き立てのご飯とすりおろしたトロロで食欲沸いてきますね。

22日 玉ねぎの種まき [玉ねぎ]

22日今日も晴天、畑に水頂きたいこの頃。

DSC03729.JPG

1週間前の予報では、土曜、日曜日ごろ雨が降る予想が流れて、今週の水曜日か木曜日に今の所雨マークが出ていますが2週間雨が無い状況。

 

今年も、玉ねぎ栽培の第1弾目、種まきをスタートしました。

苗場の畝の準備は済ませていますので、

 

008.JPG

乾燥した表面の土を取り除き、表面が平らになるように均します。

均し終えた所に、今年も4種類の種を筋播きしていきます。

筋播きが終わりましたら表面にジョウロで水撒き、さらにもみ殻を蒔いておきます。

009.JPG
010.JPG

最後の仕上げは、いつも不燃布でのベタ掛けと天井部には黒寒羅紗の覆いです。

011.JPG

これは暑さ30℃は切れてますが乾燥は進みますので、初芽まで十分水分が保てるように。

先程ふれました、今年の玉ねぎの種類は、早生2種、中晩生、晩生になります。

018.JPG
DSC03728.JPG
016.JPG
017.JPG
早生の極早生は今年も1畝ハウスの中で育てます。
苗をおよそ800本採る予定にしていますので蒔きました種が順調に初芽育つ事が条件です。



白菜に集中的に大根ハムシが出てきて大事な葉を食害し始めましたので急遽殺中剤『マラソン剤』を撒きました、雨が降るまでは効果が期待できます。
005.JPG

 


21日  撮り鳥 [カワセミ]

昨晩は、自分自身に覚えが無いのになぜかブログにTwitterまとめ投稿 2014/09/20がアップされていました。

その時間帯に管理ページの操作はしていないのに、まか不思議な現象。

気付いた時間が10時過ぎ、もう25名程の方にniceを頂いてましたので記事は継続して置きました。

Twitterは今は殆んど休止中なんですが。

では本日のブログ記事へ。

鳥の撮り記事。

19,20日に追いかけ鳥のカワセミに出逢い、何とか写真撮りに成功。

でもまだ警戒されていますので余り近付けません。

近付けば、飛び立ちます。

016.JPG

 

19日の出逢い写真、草木に留まってますが、

003.JPG

こちらの気配で飛び去りますので追いますが、いつもの石にはこの青サギが留まっていますので

007.JPG
カワセミは、見つかりません。
そこで足元の朝顔を1枚。
005.JPG
結局19日はこの1枚のみ。
20日は、菜園作業中に鳴き声で盛んに呼びます。
手を休め、カメラを抱えて川べりを覗きますといました
007.JPG

 

でも近づけば飛び去ります。

仕方が無いので菜園作業を続けてますと、また鳴き声で呼びますから、再度カメラを持って川辺へ。

 

いますが草が今度は邪魔してます。

030.JPG
ズームを操作して。
026.JPG
027.JPG
カワセミが移動した枝での寛ぐ連写写真。
036.JPG
037.JPG
038.JPG
039.JPG
040.JPG
041.JPG
042.JPG
さらに又移動のカワセミ。
050.JPG
052.JPG
久し振りの出逢い鳥撮りでした。

 


Twitterまとめ投稿 2014/09/20 [地域]


20日 秋野菜その後 -4 [野菜作り]

ここ2日程急に涼しいと感じます日が続いています。

昨日は最高が25度が切れ、夕方の見廻りに半袖で出かけましたが小寒くクシャミの連続でした。

今日も秋野菜のその後パート4.

ジャガイモの芽欠きをして、追肥を与えて廃棄黒マルチを掛けて置きました。

001.JPG

芽欠きとは芋1株に出ました芽を3~4本に揃えていきます、これにより出来ますジャガイモは個数は稼げませんが、1個1個の芋が大きくなるように余分な芽を欠きます。

 

さらに蕪を1本立てに間引き作業を。

廃棄マルチの穴を利用していますから1株1株は15cm程離れて育っていきます。

002.JPG

これも今までの筋播きに比べ株間が広まり蕪の玉太りが期待できます。

 

お次はこの作業です。

001.JPG

写真では判りませんよね、黒い覆いが目立つだけでは。

この覆いの下には、たくあん用の大根と赤大根、さらに青梗菜の種を播きました畝があり、不燃布のベタ掛けと畝の乾燥防止の遮光ネットで種の初芽を促しています。

こちらが、赤大根のサラダ赤大根でMY菜園では初物になります。

収穫まで55日と早く育ちますのが特徴、赤蕪とダブり予想ですがまあ気にしないで作ります。

013.JPG
014.JPG
種は、まだ殻が割れたばかりで旨く見えませんので、違う場所に植えました赤大根の種の初芽です、『赤』とつきますとやはり茎が赤くなりますね
012.JPG
青梗菜も、同じく殻が割れたばかりで芽が不燃布の下で見れません。
015.JPG
種も初芽してから10日程経過しますと、それどれの野菜の特徴的な葉が観られます。
こちらが、水菜ですがまだ茎の数がありませんが葉で判りますよね。
002.JPG
そして春菊ですよ、これも葉に特徴がありますね。
003.JPG
どちらもまだ株間を開けます間引きはしておりませんから混雑になっています。
先程の赤大根に良く似てます芽の大根菜、茎赤いですね。
002.JPG
こちらは辛し大根の芽です。大根は今年は種類を多く作ってますよ。
001.JPG
さらにレタスですが、初めての方には葉だけでは判りませんね。
003.JPG
ほうれん草は本葉が育ち見た目もほうれん草ですよ。
004.JPG
野菜の収穫は1日置きに茄子とオクラしか収穫出来る物は有りません。
007.JPG

19日  満足な出来 [落花生]

16日に落下生を収穫しました。

先行で4月3日に種蒔きしました1畝分です、9月7日に試し採りしてから10日間この間のお天気続きで葉色が黄色になりましたので思い切って1畝を収穫。

株元を鍬で起こさないと収穫出来ません。

017.JPG

 

掘り起こしました株元にはびっしりと落花生の鞘がついています、これにはニンマリの私。

1畝で収量は段ボール箱にこれだけ(写真では収量が解りませんが自宅で計量しましたら3Kgありました)。

019.JPG

 

菜園は収穫後綺麗に土を馴らして置きます。

022.JPG

 

反対側に1畝遅れて種まきしましたジャンボ落花生はまだまだ収穫には至りません、恐らく10月に入ってからになる予想です。

023.JPG

 

自宅に帰り、収穫しました落花生を早速水洗いです。

025.JPG

入れ物のザルに山盛り、収量を量りましたら3㎏ありました。

026.JPG

 

今年の落下生の出来ぐあいには大満足です。

鞘の中の豆はしっかりと大きく出来ています。
008.JPG

比較的若い実は早速今回も塩茹でで頂きました。

011.JPG

 

残りました落花生を翌日からベランダで乾燥させています。

009.JPG
010.JPG
十分鞘が乾燥したら煎り落花生で美味しく食べれます。
追記:昨日のサツマイモの茎の記事の多くの方からコメント頂きありがとうございました。
料理方法も色々ありましたので、調味料等工夫しながらもう一度食べてみたくなりました。
量的にはたっぷりとありますので食べれます。

18日  秋に味わう食材 [野菜]

18日ここにきて日中の気温が30℃を切れてきました。

菜園の秋の準備は日々進んでいますが、今日はちょっと違う角度でMY菜園の野菜を味わう?記事。

この写真を見て頂いて何か判りますか、これを私初めて味わってみました。

004.JPG

元は秋に収穫しますある食べ物の地上部にある物ですが、多くの方にはスーパー等では販売されていないと思いますので馴染みがない食材になるでしょうかね。

これを炒めて頂きましたが、味は可も不可もない味ですがお年を召した方だと食べられた方が有るかも知れません、終戦直後の食糧難等では皆さん栽培され食べられた物とか聞いた事があります。

前置きはこれくらいに致しましてでこちらの写真を見て頂くと判りますかね。

008.JPG
013.JPG

サツマイモですがこの茎の部分を初めて食べてみました。

茎はサツマイモの蔓から葉の間の部分、茎は固めで皮は向けます。

イメージとして春のふきを想像頂くとお分かりになるかも知れませんね。

3年前に安納芋を栽培した時に、たべられるよと聞いていましたので作る以上は食べなければと挑戦?。

今回は菜園で金時、安納の2種類のサツマイモを栽培していますので芋の茎をまず生で試食、かじってみましたがどちらも青臭さは無く食べれます、これを自宅に持ち帰り食材にして味わってみました。

今回は炒めましたが、茎自身固めでしたので何かほかの方法で頂くレシピを探そうかな、ご存知の方はコメください。

お次はこちらも秋にしか食べれない物。

018.JPG

 

形は様々ですが、ある物の副産物ですが、それは麦飯掛けて頂くと美味しいねばねば食材です。

020.JPG

ご存知山芋の蔓に出来ます、ムカゴです(葉の付け根にできるこぶ(球芽)なのです)。

これをシンプルに頂く方法、塩ゆでで頂きました。

027.JPG
味は、芋に近い感じですが、塩けが少ないのか美味しいとは言えません、これも初めての挑戦。
どちらも、味わうのは私1人だけ[もうやだ~(悲しい顔)]
さらにこちらは
028.JPG

安納芋の煮物です。果肉の色には特徴がありますね。

そして今一番食事時に頂く物は、

生姜で金時生姜、これを楽しみで作っています。

029.JPG
奥さんに甘酢で漬けてもらってますが御飯が進む食材です。
今年の金時の出来は良いです、収穫時の写真撮り忘れでしたが大きさも揃っていますし、ピンク色もよく出ています。
MY菜園で出来る物は色々ありますがメインではない食材も有りますので1通り味わってみる事も大切な事です。

17日  秋野菜 その後 3 &ポポー [野菜作り]

17日朝から菜園に出掛けてきました。

MY菜園の秋野菜パート3です。

昨日ブロッコリーの苗の定植を行いました。

定植致します畝は先日用意済み、元肥、牛糞を梳きこんで馴染ませていました。

さらに愛機で土を細かくして空気を十分土に入れて置き、苗の定植。

014.JPG

 

ブロッコリーはホームセンターで購入、品種を2銘柄5株の定植です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

種まきから2週間経過しました、2度目の播きの金時ニンジンです、ようやく芽出そろってきました。

016.JPG

7月下旬に種まきニンジンは間引き後、成長度スピードアップです。

015.JPG
葉色、茎も太くなり11月の収穫が楽しみなニンジンですよ。


ポポーの木
昨日は西隣りの菜園者さん、2カ月振りにお見えになり問題の木、ポポーの木を伐採されました。
なので来年はポポーの果実を味わう事は出来ません。
021.JPG
今年最後の果実を楽しまれた方は
008.JPG
彩風さん、 hatumi30331 さん、 himanaoyaji さん、さる1号さんにも味わって頂き、ポポーの良さをブログやブログ仲間さんに宣伝頂きありがとうございました。


そんな中、先日もhimanaoyaji さんに紹介がありました、静岡市清水区の望月さんがポポーの量産化に成功と新聞で紹介がありましたので新たなルートが確立されれば市場にも登場の果実になると思います。
1.jpg

お隣さんは、来年正式に7月で今お借りされています場所をお返しとのことで木の伐採にお見えになり伐採されました。

ただ根の問題をどうのように解決されるかは不明です。伐採されました事で、MY菜園には木の茂みによる日陰が無くなり日差しが届きますので野菜作りにはありがたい事でした。


彼岸花、自宅の庭に咲きました。
005.JPG

白色になります、菜園の道筋は赤色です。
011.JPG
003.JPG
004.JPG

この花を見ますと一段と秋が近づいてきますね、田圃では稲刈りも始まりました。

16日  秋野菜 その後-2 [野菜作り]

16日今日も暑い日ですよ、朝の気温はひんやり。

MY菜園の秋野菜パート2です。

今収穫できます茄子は沢山の花の後には茄子が実のってます。

001.JPG


MY菜園の菜物の代表で定番の小松菜ですが芽が揃って出ています。

002.JPG
又小松菜の間引き菜が頂けますね。

茎が赤色の大根菜、2年前の種ですが捨てるのも勿体ないので播きましたら初芽してくれました。

004.JPG

根菜の辛し大根もようやく初芽、雨が無いので芽出しは良くありません。

003.JPG

ジャガイモ、畑に緑の葉が目立ち順調です。

005.JPG


15日の菜園作業は、2畝の耕転作業で今週末の雨を予定した畝作り。
007.JPG
作ります野菜は、たくあん用の大根を播きます、たくあん用は初めて。
さらに青梗菜です。



収穫は秋の茄子に毎度のオクラの収穫でした。
009.JPG
自宅でのミニトマトまだ元気です。
009.JPG
010.JPG
まだまだ収穫は続きますね。

15日  秋野菜その後 [野菜作り]

15日敬老の日、私も老人に入る一人ですがお呼びは掛かりませんよ、まだ若い60代最後ですが。

昨日の14日は朝に7時には菜園に出掛けました。

残りましたハウスの仕上げ作業を行う事です。

用意してますと菜園前の道をパトカーが走ります、方向を見ますと菜園作業をされてる方が畑で雑草を燃やして煙が出てます、やばいよ誰かに通報されてしまった様です。

この様な事は私も雑草を燃やして灰を作り畑に蒔きますが、最近やかましくなってきております。

では、ハウス作業が終わりましたので少しは進んでいます秋野菜のその後は。

ほうれん草本葉が出始めてきました、毎日晴天が続き雨が先日11日朝依頼無いので毎日夕方に水やりで大きくなってきてます。

006.JPG

サラダ牛蒡は、ちょっと本葉が覗いてきました、1回目の間引きはしております。

003.JPG

白菜、間引き後の苗は至って元気ですよ、栄養分をひとりじめですから大きくなるのは当然ですね。

005.JPG

所で今年もこの虫、見ずらいですが黒い虫の大根ハムシです。

気温が下がり始めてきましたので暑さを避暑地(地中)で過ごし土の中から這い出してきました。

004.JPG

またまたこの虫との戦いが始まります、ピンセット作戦は昨年の記事名ですが捕獲が大変。

今日のイッシーさんの記事を参考にしてみようかなと思ってしまいました。

10日に定植しました秋キャベツの苗です、少しは成長ですね。

早生キャベツ。

001.JPG

中晩生キャベツ。

002.JPG

最後は、大根菜の間引。

007.JPG

間引きしました菜はいつもと同じ様に頂くには御浸しでした。

008.JPG

14日  ハウス組立 [ハウス]

14日今日もお天気は快晴、朝方も涼しくなりました。

昨日の午後3時にPC作業を止めて菜園に。

日中の気温も下がり仕事が出来るなと。

菜園での作業は、本来予定の前倒し。

 

気になる事は早く片付ける主義を実践。

簡易ハウスの移転骨組組み立作業を行いました。

予定地には、天井部を運んでいますので新しい杭を打ち込む位置合わせをしたてから、支柱止めの杭を打ち込みます。

011.JPG

杭は今回も腐食剤を塗らずに打ち込みました、来年には交換予定。

全ての杭は打ち込まず、前後のバランスを見てから仕上げるつもりで。

杭10本の主柱パイプを高さ合わせて打ち込み針金で固定します。

出来ました柱のパイプに沿って天井部を持ち上げていきます。

最上部になりましたらこのパイプ固定金具でパイプ同士を挟み固定していきます。

001.JPG
002.JPG

天井部が乗りましたら、水平を確認して高さの微調整を施します。

013.JPG

後側も確認して置きます。

014.JPG

この時で、太陽が沈む時間となりましたので簡易ハウスの骨組み組立はここで終了としました。

久し振りの夕日ですが、菜園からはアングル的にはギリギリの時間でした。

016.JPG
017.JPG
ハウス組立作業は本日に持ち越しとなりましたので朝7時から追加のパイプを入れて全体の補強を致しました。
003.JPG
手前側の筋交いはまだ取り付けてはおりません。
土を愛機で耕転作業しますに邪魔になりますので耕転作業が終わり次第筋交いを2本取り付けます。

 

 


13日  野菜収穫 [収穫]

12日お天気晴れ、さわやかな菜園です。

本日は、久し振りに茄子を収穫、長茄子です。

001.JPG

今収穫できますのは秋茄子の奔り、長茄子以外はまだ早い状態。

025.JPG
来週半ばの雨で収穫が出来そうな気配、雨を頂くと直ぐにおおきくなります。
茄子と入れ替わりにキュウリの4弾目は終わりました。
今後はキュウリ購入しないと食べれません。
お次の収穫は、サツマイモの試し2弾で安納芋です、1株分を収穫。
005.JPG
サイズ大小有りますが個数も多く順調に出来てますね、また黄金虫の幼虫に食害も少なく済んでいる事は助かります。
マルチの効果出たのかも知れませんね。
この後は、種まき致しました大根菜、小松菜、ベタ掛けを外し寒羅紗で覆いを掛けたり。
さらにブロッコリーを定植します畝の準備を行いました。
002.JPG
2日程置いてから愛機で耕転作業を進めこちらには来週の雨前に定植予定。
MY菜園徐々に秋物野菜が整い初めてきました。
来週には玉ねぎの苗作りの種まきと、蕪の間引き、大根の間引き、落花生の一部収穫などを行う予定。
それから簡易ハウスの再組み立ても残ってましたね。
秋の花の彼岸花が菜園の道筋に今年も咲いてくれました。
006.JPG
007.JPG

12日 秋野菜 [野菜作り]

11日は明け方まで雨でした。

今年は豪雨の当たり年?、11日は東京、北海道の豪雨被害ありましたね。

程ほどの小雨は、野菜作りをしています私には大歓迎なんですが、豪雨はいりません。

では秋野菜について。

菜園のジャガイモですが、種イモから芽が出てて小雨を頂いたので成長が進みました。

001.JPG

若芽がいくつも出てきてますが、良い芋を作る為にはやはり芽の整理が必要になりますので

改めて芽欠きをして3本立てに致します。

002.JPG

 

 

芽欠きではありませんが、10日に白菜の苗を間引き致しました。

本場は4枚から5枚になり、1穴に種を4個ほど蒔いてますからお互い競争で茎が伸び過ぎにもなりますので。

023.JPG

苗を間引き1穴に1本立てで育てます。

024.JPG

間引きしました苗は、当然今の時期菜物野菜ががありませんので食卓用に持ち帰り、

036.JPG

御浸しで頂きます。

こうして頂く次の間引き菜は、大根になりますが2週間後くらいかな。

お次はキャベツの苗の定植を行いました、場所は先日紹介しました茄子の畝横に。

定植後の根付きを良くするためには水気が必要になりますので10日から11日にかけての雨を利用して10日夕方行いました。

003.JPG

秋キャベツの1弾目は7月に定植したのが今は巻き初めています。

003.JPG

今回は、11月から12月に収穫出来る、早生と中晩タイプを10株の定植。

004.JPG

小雨を頂いて畝の状態は最高ですね。

白菜も、小雨を頂き11日の朝方にはさらに成長です、毎度の事ですが自然の恵みの雨には野菜は育つスピードが違います。

種まき後、2日ほどした大根、小松菜、大根菜の芽も出てきました。


11日  愛機戻りましたが? [耕運機]

8月17日の豪雨災害で水没致しました、愛機耕運機が再修理からで戻ってきました。

030.JPG

一度は、修理OKとの事で引き取りましたが、菜園の土の耕転作業が殆んどできない不具合がすぐに出てきたので再修理を同じホンダ修理指定店に9月1日に持ち込み、前回修理担当者に現状確認をして貰い預けてきました。

その不具合は先回のブログに記載しております。

http://sawatari-yasai.blog.so-net.ne.jp/2014-09-01

経過確認で先週末の土曜日に電話しました所担当者はお休み、別の方が出られ大まか内容をお聞きして、引き渡しは水曜日以降でと。

それが9日の午前中に電話が入りお渡し出来ますと内の奥さんが電話を受けてくれましたので午後一でお店に。

担当はにこやかな顔で修理出来ました、原因はガスと空気を混合しますバブルの所に原因があり、修理テストでは良かったが、お客さんが自動車で持ち替えられた時の振動で壊れたと言います。

えっそんな乗用車に摘んで運んだ事で故障が出た、それは無いだろうと言い寄りますが、ガンと言い張ります(この態度に私切れました[ちっ(怒った顔)]),では、状態確認しますスタートレバーONで始動してアクセルレバーを引きますと回転爪が力強く廻ります。

担当者いわく、修理出来てますから問題は無いでしょうと、ここまでは良かったのですが、この先に大きな問題が発生して私と修理者と1時間の攻め合いをしてまいりました。

その攻め合いは、アクセルレバーを操作して回転力を試しています時に、アクセルレバーを離しOFFモードの位置でありながら回転爪がどんどん廻り続け止まりません。

これは危険な事、再現してはいけない動作ですから(エンジンが始動してもアクセルレバーを操作しない限り回転爪は廻りらない構造に設計されてます)故障ではと言いましたが、担当者は何も言いません。

そこで私がこの動作は本来は起きていけない動作で、依頼するまで一度も起きていない現象。

それも再度依頼した今回が初めての事、今回の修理に原因があるのではと言いますが、担当者いわく動作を何度もレバーを引いたり離したりしますが水没が原因だから追加でワイヤーを交換しますかと発生原因を確かずワイヤー不良と決めてこちらに攻めたきますので、それは間違いであろう、今回の修理後の不具合だからあなたの技術力に過ちがあるでしょうと攻め返します。

担当者はようやく耕運機のカバーを外して今回交換しました空気混合部を点検しはじめました。

当然、アクセルワイヤーと言い切りましたからワイヤー部に潤滑液をスプレーして動きやすくしました、その後エンジン始動、アクセル動作3.4回繰り返し爪の停止を確認して治りましたと。

そこで私が再確認、エンジンSWをONに、紐を引きエンジンがスタートしますといきなり又爪が回転を始めます、アクセルレバーは触っていないのに、なぜ?おい治ってないぞ。

アクセルワイヤーでは無いだろう、いいかげんな説明をするな、これが指定店の技術力か、ホンダが鳴くぞ。

私も電気の技術屋ですから、こんないい加減な対応をする人は到底許す事が出来ませんので、どんどん攻めていきます。

で原因は、やはりアクセルレバー部から混合バブルへの2次系統レバー部の動きが悪く元の位置に戻らず引っ掛かってエンジン回転を上げていた事が原因、それも彼が部品交換時に部品のレバーを曲げたのが元でした。(この間彼の仕事ぶりを横で見ていましたからある程度私も理屈が理解出来てきましたからその動きを見逃しませんでした)。

この間、9日は暑い午後炎天下で時間を掛けてしまいましたが、ようやく本来の愛機の動作が戻りましたので、追加の部品代金を支払い(本来なら交通費の代わりと言いたかったのですが値引き用要求無しで)をしました。

若い修理担当者の対応に不満をぶつけて攻めましたが、何せ暑いのでこれ以上に暑くなりますと熱中症になりかねませんので大人の対応で済ませました。

ホンダの指定店の認定にも問題がありますね、再発したらメーカー対応をいきますよ。

別に私はクレーマーではありません。

その愛機の動作確認で、10日に玉ねぎの苗場の畝を愛機で作りました。

031.JPG

動作には問題ありませんと言いたいのですが、レバーの位置が少しで回転力強いのですが、これは自分でも手直し出来るように教えてもらってますので『良し』とします。

気分良く自宅に戻りますと、奥さんが不在中の為ポストに宅配便の不在通知がありました。

お名前を見ますと、先回ポポーでブログ繋がりが出来ました、 hatumi30331 さんからの御品でした。

037.JPG

 hatumi30331 さん、申し訳ありませんでしたね、お返しまで気遣いを頂いて、さらに沢山の方にブログ紹介まで頂き皆さんからポポーの味に興味をお持ち頂け感謝いたします。

 

昨日の夜、ポポーの事でこんな情報を得ましたので紹介致します。

008.JPG

幻のポポーの実の栽培で、量産化に成功と静岡新聞の記事です。

気になります方は、こちらでご覧ください。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140910-00000039-at_s-l22

情報によりますとこれから収穫時期とでてますから先方にネットで注文可能かも。

 


10日  東小屋手直し気になってました [性格]

気なったら止まらない性格の2弾目。

東菜園にも小さいですが小屋を最初に作っています、この中で愛機を保管してました。

気になりましたのは、いつも小雨が降ります時に小屋で退避していますが、ここは東からの風が良く通り、強い雨と風の時は吹き込みます。

以前は、天井部を透明フイルムで覆いを掛けていましたが、これも古くなり破れ雨漏りしますのでこの状況を合わせて手直しです。

今回の材料は防水型シートを2枚使いました。

写真の様に東側からの吹きこみ雨をシートで避けています。

002.JPG
これで、東からの吹きこみは防止出来ます、右が空いていますのは小屋への出入り側となりますので開けております。

 

003.JPG

 

中は、広い休憩場所になりました、脚立があります後ろには古い下駄箱の再利用で細かい材料を入れております。

お天気の時は、東側のシートをめくれる構造にしていますから風が出てきますと気持ち良い所になりました。

ここが出来れば、菜園作業に集中出来ますので、愛機はまだ戻りませんが、野菜の種を蒔きます畝作りを汗をかきかき進めております。

まず、小松菜とレタスを同じ畝に種まきです、最後はベタ掛けで乾燥防止を。続いて大根菜と、辛し大根を蒔きます、仕上げは又ベタ掛けで。

004.JPG

003.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮仕上げの畝は、ピーマンシシトウの空き場所を軽く牛糞を混ぜて置きます、愛機が戻りましたらキャベツの苗を10株植え付ける予定にしています。

006.JPG

少し茄子の日陰が気になりますが行きます。    

気分転換でオクラの花を載せました。

2種のオクラを栽培していますので花の色も違います。

                                    

大型の緑色のオクラ


9日  昨晩の十五夜 [月見]

昨晩の十五夜の月が綺麗に観られましたよ。

夕方の見廻り時には雲の中でしたから『これでは今晩のお月さんは雲の中』と歌詞の様。

PCを操作しながら自宅の2階へ上がり夜空を見ますとなんと綺麗な十五夜のお月さんが、雲も無い東空に輝いています。

011.JPG

時刻は20時ジャストのお月さん。

明るさを絞りますとクレーターが観られますが、逆明るくしますとより円が夜空の暗さの中に目立ちます。

017.JPG

30分後では雲が出てきて観られなくなりました、なんと運のいいタイミングで観られた事か。

016.JPG
019.JPG
この後21時40分頃に雲がありましたが動画を撮りましたのでご覧ください。
そういえば今日のツキは昼間も有りましたね、菜園帰りに青い鳥、カワセミに1ケ月振りの再会です。
背中しか撮れませんでしたが、出逢いがありました。
009.JPG
昨日はツキ月の1日でした。

8日  気になったら待てない、止まらない [性格]

8日今晩は十五夜ですが、予報曇り見られないかなー。

菜園7日は朝方まで小雨が降っていましたので、菜園は少し湿り気が強いです。

でも空は太陽が降り注いでいますから暑いですが、上空は澄んでいます。

001.JPG

いつもの見廻りですが、ここ毎日気になっています事があります。

それは、落花生の状態と東小屋の手直し。

落花生は水没後の状態が特に気になり略毎日葉の状態と茎元を見ていますが、最近茎元の色が良くないなーと。

見ますと、やはり白くカビの様に物に茎が変色して葉の色も良くありません。

自分の性格は気になったら我慢できないタイプ、なので昨年の菜園ノートを確認して今日は試し採りの強行策です。

株を引き挙げて土を洗い流してみますと、右の茎に白い物がついています。
004.JPG
左の株と比べても障害が出ました株には落花生の実出来ていませんね。
やはり水没とその後の長雨で出来ぐあい不調の様です。
早速試し収穫の落花生水洗いを致しましたが、
005.JPG

半分ほどはまださやが出来ていませんのでこの全部を塩を入れて茹で上げた見ました。

茹であがりましたら待てない性格、すぐ冷やして水を切りましたら味見、

006.JPG
若い豆も美味しくてもう止まりません、1人でムシャムシャ食べてます。


本日の十五夜ですが、昨年は里芋を掘りススキ、萩の花で月見でしたが今年の里芋作りは遅めの植え付けで残念ながら、今年の十五夜への収穫は諦めました。
001.JPG
取りあえず昨晩の十四夜のお月さんを先撮りしてみました。
7日21時30分のお月さん。
016.JPG

今年は、後の十四夜が後10月、11月の2回見られる珍しい年とか新聞で読みました。

今晩の御月見も、月見団子を添えて綺麗に観えますよう天気空を期待しております。

7日 秋野菜 [野菜作り]

6日の菜園になります。

久し振りに晴れた暑い朝でした、前日のこの夕焼けが朝の太陽をもたらしています?。[晴れ]

007.JPG
012.JPG
菜園の作業前に見廻りで、秋茄子が出来始めましたよ。
茄子の花が咲いて落ちた後には、可愛い実です。 
010.JPG
一番早く育ちました茄子はこれですが、すこし曲がり皮肉れた茄子です。
011.JPG
このままのスタイルで大きくなります。
さらにサラダ牛蒡の種からも芽が出てきました、まだ可愛い芽です。
002.JPG
ほうれん草に覆いを掛けていましたベタ掛け不燃布を捲りましたら、こちらも種から芽でてました。
008.JPG
お次は大根です、1日立ちましたらさらに茎の部分が伸びてますので、根元にオルトランを播き
害虫駆除と土を寄せて置きました。
007.JPG
大根は日々の成長度早いです。
ひとどおりの見廻りが終わりましたので、秋野菜準備の畝作り、耕運機は間だ未修理で来週の半ばまで掛かるよううです。
土は鍬を使い比較的やわらかいので作業はしやすいので、肥料の牛糞はタップと梳きこみます。
準備出来ましたのはこちら。
003.JPG
秋野菜の、レタス、青梗菜を作る畝になります。
こちらは、間だ未定部分ですが頭ではあれとあれかなと想像してますが。
009.JPG
その後は、昨日分解しましたハウスの後始末を終えてお昼になり自宅へ。
久し振りの日中30℃超えの作業で汗びしょりでした。


夕方の見廻りで、29日に芋を植えましたジャガイモに芽が出始めてきました、間だチョッピリと。
出ましたのは品種『デジマ』です。

6日夜の雨をみて、ニンジンの金時を種蒔き致しました。
004.JPG
蒔いた後のべた掛けは必需品の作業になります。
ニンジンの第2番目になります。
007.JPG
秋野菜の準備今の所は順調に進んでいます、来週の週間天気予報晴れマーク多いのが救いです。
docu0006.jpg
これだけのお日様が続かないと思いますが。

6日  ハウス分解 [ハウス]

5日午前の見廻り中に雨が上がりましたので、急遽この作業を致しました。
8月の台風で傾いた簡易ハウスを。
003.JPG
8月末には、天井部、周囲部のビニールフイルムも剥がして置きました。
010.JPG
分解には打ちこみ杭を抜かなければなりません。
その作業が丁度雨を頂き土が柔らかくなったこの日です。
特に注意しましたのは、台風で傾いた原因を探す事。
分解は、天井部の枠組みはそのまま残すことが次の作業に便利ですから旨く外す事。
枠ごと外しました天井部は新規場所に移動させておきました。
001.JPG
天井が無くなれば、周囲のパイプを順次外していきます。
003.JPG
まだ針金などで括りました物は取りあえず畑に置いておきます。
004.JPG
ここで傾いた原因が判りました。
古くなった杭が土の中で腐食し、その箇所が風の抵抗で折れた事です。
全部で4本ほど折れていました。
005.JPG
3年も土の中に入れて置きますと芯が腐りますので新しい杭の用意が必要になりました。
分解作業を終えた後は、ニンジン苗の間引きを行いました。
この作業も土が柔らかい内に抜きますと後に残すニンジンの茎にダメージも残さず綺麗に間引けます。
015.JPG
間引きニンジンは結構な了になりましたが、畑には、五寸ニンジン、金時等80本程残しておりますがまた10月にはもう一度間引きを行います。
006.JPG
珍しい物を見つけました、キャベツのネットにじっと止まってるバッタ実は脱皮直後でした。
バッタて脱皮するのか知りませんでした。
014.JPG
6日朝まで同じ所に止まってましたが、その後移動しました。

5日  秋野菜 [種蒔き]

本日は朝から雨[雨][雨]です、これでは菜園の作業は出来ませんので見廻りだけ[もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)]

002.JPG

所が見廻り中に雨がやんできましたので、ある作業を行いました。

記事は明日です。

そこで今日は4日の菜園作業の様子です。

自宅から出掛けます時はお天気曇りでしたが、こちらの作業を始めてる途中から小雨になってきました。

先日に用意しておりました蕪の畝に種を播きます。

いつもなら種を筋播きにする所ですが、今回は玉ねぎに使いました中古穴あきマルチフイルムをそのまま利用しています。

001.JPG

 

1穴1穴の間隔が15cmです、穴あきですから筋播き後の苗の間引きを考えますと、間引き株間が安定して混み合わず蕪の成長に良いのではと自分なりに判断をいたしまして。

菜園作業は色々な事を試しながら作物にどう影響するかも考えて作る事も楽しみです。

今年の作柄の赤カブ(飛騨紅かぶ)、白カブの2畝分を.

006.JPG

種蒔き中小雨でしたがやりきりました。

種まき後の水やりは省略できます。

雨足が強まりましたので、少し小屋で休憩。

雨が上ってきましたので、こちらの準備を開始です。

場所は大根の種まきをしました畝のお隣に。

002.JPG
こちらに作ります野菜は、水菜と春菊ですが毎度御馴染みの平行での作り方。
1畝に1作柄は水菜と、春菊は致しません、半分づつの分け合いです。
こちらの野菜も、冬場の鍋物には大変重宝する野菜です。
早速種まきをここは筋播きで行いました。
種まき後は、定番の不燃布でのベタ掛け、種が小さく、浅目の土掛けですから、午後からの雨で種が飛ばないように。
001.JPG
同じ事を先日致しました、大根ですが初芽してくれました。
こちらで使用していたベタ掛け不燃布が今日は水菜、春菊畝に移動。
005.JPG
大根の葉まだ可愛いものですから、芽を痛めない様に、トンネルマルチに変えて覆いを施して置きました。
002.JPG
8月27日に種まきしました白菜ですがようやく本葉が目立つ大きさになってきました。
この本葉が5枚以上になりましたら1箇所に1本立に間引きを致します。
007.JPG
その時い間引きしました若苗は間引き菜として御浸しにていただきます。
これも有効活用でございます。

4日 秋野菜 [準備]

2,3日の菜園の作業です。

秋野菜の準備ちょこちょこ進めています。

2日の作業から、赤ネギの植替えで最後になりました。

毎年冬場の鍋に重宝しています。

001.JPG

春先に種から育てていました赤ネギを今年は3畝分作る事になりました。まだ細い茎ですが12月になりますと茎が赤くなります、煮込みますたさらに甘みが増すネギ。

秋まきほうれん草の畝の準備整えましたので、先日購入しましたほうれん草を種蒔きです。

ほうれん草初芽まで水分を要求しますので十分な水やりを施して置きます。

004.JPG

 

この後は毎度の不撚布でベタ掛けで覆いをして置きます。

次は、先ほどのネギを植えました北側に

009.JPG

春菊、水菜、青梗菜を予定しています畝作り、ここにも廃棄マルチフイルムで土の表面を覆って起きます。

そして新規ハウス予定地の位置を決めました。

こちらに東菜園の簡易ハウスを分解して移動させます。

008.JPG

3日の作業は東菜園のキャベツ、ニンジンの土寄せ&追肥です。

7月24日に植えましたキャベツ水没にも耐えて葉先が捲き始めてきましたので茎周りに土寄せと周囲に追肥の化成肥料を播いておきます。

002.JPG

 

同じ日に種まきニンジンです、こちらもまだ間引きはしていません。

混んでいますがこの後に間引き致します、一部は長雨で消えましたが五寸ニンジンです。

001.JPG

 

さらに新規で金時ニンジンを作りますので畝の準備を行いました。

003.JPG

 

この時期の収穫品はキュウリとオクラです。

キュウリはウリ葉虫に葉を食べられていますが、毎日2,3個は収穫できますが、余命近いです。

006.JPG
オクラはさらに茎を上に延ばして次から次と実を付けてくれます。
005.JPG
本日の収穫品は、この2品。
011.JPG
菜園の片隅にありますニラの花咲いてきました。
010.JPG
4日の菜園小雨の中3時間程作業しましたが記事は明日に。
ポポーの実にコメント頂きありがとうございました、珍しい物ですが くまら さんは食べられた事あるよううです。
皆さんにも味わって頂きたいんですが、数が少なく今回はブログでの見聞に留めてください。

3日 今年も熟れました [ポポー]

3日今日もお天気曇りながら晴れてきました。

菜園作業を進めていきます。

所で今年もこの木の実が熟れてきました。

西隣りさんの畑に植え込まれていますポポーの木。

007.JPG

珍しい木ですよ、道路に面していますからよく菜園作業中に散歩されてる方から尋ねられます。

ポポ-の木ですと言いますと皆さん初めて聞く名前と言われ、さらに何か実がなるんですかと、勿論私も3年目になりましたからこんな実が出来ますよ。

002.JPG

写真であれば簡単ですが、春先の花が咲くころには説明が難しい実です。

その実は熟れますと自然に落下してきます、それが食べごろサインです。

今年もその時期になりましたが、植えられましたこの菜園者さん、お隣の愛知県にお住まいで中々菜園にはお見えになりません。

先週あたりから熟れて地上に落ちていい香りを出してますがお見えにならないのでその場で腐ります。

勿体無い事ですが残念ですね、そこで昨年にも頂いていましたので落ちていました実を頂いてしまいました。

001.JPG

菜園で逢えればポポーを頂きましたよと事後挨拶の予定です。

本来この菜園を止めたいと1年前にも言われていましたがこのポポーの木の処分が出来ない為にオーナーさんに畑の返却が出来ないのです。

この春には園芸者さんに依頼するとも言われてましたがいまだに動きがありません。

そうもう13年目になりますから根っ子の範囲は大きユンボやくシャベルカーで起こさないと畑から撤去出来ません。

こうなりますから借用中の菜園には木は植えないが不文律になっていますが、当時はどんな約束で植えられたのかは不明?。

そこで頂いた実の皮が黄色に変わりましたので食べてもいい時期。

表面の薄皮をめくりますと、この様に

003.JPG

 

表面は、柔らかくなり手に纏わります、そこで昨年経験しました食べ方で柔らかい所を削ぎ、輪切りで頂きます。

004.JPG

種は、琵琶のたねのより一廻り大きいです。

例年ブログに載せますと、味などコメント頂きますが、例え方が難しい味です。

あるオクションに出品されたかとの表現を見ますと、

幻の果物ポポー
プリンのなる木と呼ばれるほど、濃厚でもったり甘い実になります。

バナナ?マンゴー?アケビ?
パイナップル?バニラアイス?
柿?梨?カスタードクリーム?

どこにもない新しい味、魅惑のフルーツをぜひ!

興味ある方私の最後のヤフーオクションからご覧ください。

食べた後味が口に残りますのでわが家で頂くのは私のみ、皆敬遠して食べません。

果実が好きな3歳の孫も匂いで即いらないと顔をそむけます。

でも私には独々の匂いと味が癖になり毎年食べたくなる実ですよ。

園芸店などで苗木を販売してますが高額な苗木ですが実を付けるまで10年を要します柿より長いですよ。