So-net無料ブログ作成

31日  カワセミ [写真]

3691.JPG

データーは、iso1600,シャッタースピード1/4000,f6,3,露出補正+1.7EV

4340.JPG

データーは、iso2000,シャッタースピード1/4000,f6,3,露出補正+1.7EV

 1221 (1).JPG

1451.JPG

データーは、iso800,シャッタースピード1/2500,f6,3,露出補正+1.0EV

 0771.JPG

データーは、iso1000,シャッタースピード1/2500,f6,3,露出補正+-0.0EV

****** α-6000の機能にありますARW画像データーからの画像編集写真でした。******

 

ここからはいつもの撮影画像です。

ガマの枯れ木の間を飛翔です。

417 (1).JPG

近くのMYホームから出て来たカワセミが定位置でスタンバイ中。

0521.JPG

 

金網ヘフェンスが写り込み周辺部を薄くしています、カワセミにスポットが当たったような写真。

433.JPG

 

30日は多くの方から3年目、100万PV越えに御祝いコメント頂きありがとうございました。

改めてこれからも宜しくお付き合いをお願い致します。

ここ1週間カメラの練習を繰り返しましたがその中で沢山写真撮ってますが、中々お披露目出来る物は少ないです。

30日は略1日雨でしたので、2日間程ARW+JPEGで撮りました写真がありましたのでARW画像を編集出来ますソフトを使いJPEG画像に出力しました写真を今回アップしました。

 

 

 

 


ブログ 3年目に入りました。 [ブログ]

30日、家庭菜園:さわたりブログですが3年目に入りました。

ブログを開設当時はここまで日々更新出来るとは思いませんでしたが、病気、日々の記事に皆さまからの暖かい励まし、応援を頂いたことで継続出来ました事感謝致します。

合わせて、昨日朝方に皆様の閲覧数が1,000,000を超えました。

無題1.jpg

3年目の記事は、やはり菜園の記事に致しませんとタイトルが鳴きますので菜園情報です。

冬のこの時期新たな情報は少ないのですが、野菜の収獲、現状を。

青物野菜のキャベツ12月採りの最後の1株です。

 534.JPG

そして植え付けが遅かったことで、苗が販売時期の名札では12月採りキャベツと有りましたが実際では生育も遅れて2月の収獲品になりましたキャベツ。

けがの功名でうまく収獲がずれて助かりました。

536.JPG

2月に収獲出来ますキャベツ玉の現状です。

537.JPG

玉太りも十分になってます。

1回目の大根最後の1本。

535.JPG

これらを合わせて収獲致しました。

538.JPG

春の野菜作り様に、米糠を撒いています、お天気良い日に耕す予定です。

540.JPG

2月に入りますと、ジャガイモ、菜物、ニンジンなどの種まきを始める予定ですから少しは忙しくなりますね。


29日 カメラで練習 パート6 [カメラ]

28日にまたまたカメラの写真撮りに出かけてきました。

飛翔写真を撮る時のフォーカス機能のAF-C&ロックオンAF機能を有効に使用するといかな写真になるか。

 

27日の晩にフォーカス機能のAF-C&ロックオンAF機能の動作を確認し、練習しました。

 

さあ-いつものフィルドに出陣。

2羽が、自宅近くの貯水池にいました。

同じ場所2m以内にいましたからペアの可能性がありますね。

      『 雌  』                                   『 雄 』 

 005.JPG007.JPG

昨日も盛んに鳴いていましたカワセミです、行動エリアが昨年と同じですからペアが考えられます。

 

******   28日の 練習成果 です  ******

AF-C&ロックオンでシャーターボタンを半押しグリーマークを確認。

今まではズーム機能を使ってましたが、今回は確実な動きを見る為、拡大ズームはしていませんので実際の画像です。

012.JPG

その画像をトリミングで拡大です。

レンズ焦点距離 210mm,(35mm換算)レンズ焦点距離 315mm

データーは、iso2500,シャッタースピード1/3200,f7.1,露出補正-0.0EV

012 (2).JPG

ピントアマですね。

レンズ焦点距離 210mm,(35mm換算)レンズ焦点距離 315mm

データーは、iso2000,シャッタースピード1/2500,f6,3,露出補正-0.0EV

トリミング画像です。

カワセミ1JPG.JPG

レンズ焦点距離 210mm,(35mm換算)レンズ焦点距離 315mm

データーは、iso1000,シャッタースピード1/2500,f6,3,露出補正-0.0EV

元写真です。

172.JPG

トリミング写真3枚連写より抜粋。

172 (1).JPG
173 (1).JPG
176 (1).JPG
ダイブで小魚を加えて飛び出し連写抜粋。
156 (1).JPG
158 (1).JPG
160 (2).JPG

28日は、結構ダイブを見せてくれましたので課題写真を連写でチャレンジでした。

見た目も少しはましかなと思いますが、まだコツがつかめてません。

  himanaoyaji さんから28日のコメント頂いた、ISO800程度でSS1/2000でも充分ではないですかね(ISO800のほうが画質が良くなりますよ)
28日は、iso1000,ss1/2500でしたから今日はiso800,ss1/2000でチャレンジです。

 


28日  カメラで練習 パート5 [カメラ]

27日カメラの練習に出かけてきました。

課題は前回と同じで飛翔写真をいかに綺麗な画像で撮るかですが、カワセミになかなか巡り逢えませんでした。

写真は撮れましたが、フォーカス機能のAF-C&ロックオンAF機能が働いていません。

動作時のロックオンボタンをONにしてませんでした。

(機能の理解ミスです)

巡り逢えたこの画像から飛翔写真へ1枚です。

データーは、iso1600,シャッタースピード1/4000,f6.3,露出補正-0.3EV

033.JPG034.JPG

レンズ焦点距離 193mm

(35mm換算)レンズ焦点距離 289mm

レンズ名 E 55-210mm F4.5-6.3 OSS。

ホワイトバランス 太陽光

データーは、iso1000,シャッタースピード1/4000,f6.3,露出補正-0.0EV

040.JPG

 

レンズ焦点距離 174mm

(35mm換算)レンズ焦点距離 261mm

レンズ名 E 55-210mm F4.5-6.3 OSS。

ホワイトバランス オート

この画像から、連写飛翔写真の1枚目へ。

データーは、iso1600,シャッタースピード1/4000,f6.3,露出補正-0.0EV054.JPG056.JPG

レンズ焦点距離 210mm

(35mm換算)レンズ焦点距離 315mm

レンズ名 E 55-210mm F4.5-6.3 OSS。

ホワイトバランス オート。

昨日も、 風来鶏さん、Baldhead1010 さんからアドバイスを頂きました。

特にBaldhead1010 さんからアドバイスを頂きましたフォーカスの件、AF-C&ロックオンAF機能

が使いきれておりませんでした。

昨晩自宅でこの動きを理解しましたので実践で試してみます。

010.JPG470.JPG011.JPG

アドバイスを中々生かし切れてませんが今後も宜しくお願い致します。

 


27日  収獲出来るの ?-2 [苺]

菜園の苺です。

17日に『収獲出来るの?』で載せました苺のその後は。

22日に1個品種宝光早生の苺を収獲してみましたが、外側の色付きは十分でしたので摘んで見ましたがなんと中心部が茶色に変色と実が固く食べられませんでした。

 苺2.jpg

見た目は良かったんですが、手で触りましたか硬い苺。

時期を過ぎたのかなと?。です。

そこで26日にもう一度残っております苺の状態を確認、手で触りますと実の感触は良い、色付きも17日に比べても進んでいます。

17日の写真。

苺1.jpg

26日の写真です。

542.JPG

色付きは太陽の光を受けてる部分は良い赤色ですが、裏側は白い。

さあーたべれるかなと自宅に持ち帰り孫に見せて、『食べる』『ウン』でしたが、ちょっと心配の為、じいちゃんと半分個でねと。

包丁で半部に切り、まず私が味見、ウン甘い活けます。

早速残りの半分を孫に与えて食べて貰いました。(写真撮り忘れ)

この時期の苺の収獲は菜園を初めてから初物です。

実が授粉してからの生育状況が春先に比べても比較になりません、遅いです。

今回の苺が食べられたことで、後もう1個残ってますから楽しみが残りましたよ。

 

22日に続きましてほうれん草の間引きを致しました。

543.JPG

間引きを致しました後のほうれん草の株は、混み合いから株間が空きましたので葉を十分外に広げてきました。

545.JPG

間引き直後の株はお互いは伸びようと徒長気味でしたから間が空いたことで横に寝てます。

544.JPG

これの状態で後2週間もすればまた美味しいほうれん草が頂けるようになります。

続いて、ブロッコリーに赤色金時ニンジンの収獲。

547.JPG

いつもながらこの時期の甘い金時ニンジンは我が家に欠かせない食材です。

肉じゃが、鍋の具材に活躍野菜です。

**********    カメラで練習 パート4      **********

26日は曇り、カメラの練習課題をもって出かけてきました。

色々情報をいただいて取り組んでおりますが、餌場の状況が悪くカワセミ君今日も落ち着いて相手をしてくれませんでした。

205.JPG

iso2000,1/2500,f6,3.でピンボケ。

こちらは、iso1600,1/4000,f-10露出補正―0,7EV.

飛び出しで頭の部分が隠れてしまいました。

143 (2).JPG

144 (2).JPG

iso1600,1/4000,f-6,3露出補正+1,7EV.

351 (1).JPG

こちらは、iso1600,1/2500,f-10露出補正―0,7EV.

168 (1).JPG

この写真は、 テリー さん、 Baldhead1010 さん、 himanaoyaji さんのアドバイスを元に設定して撮ってみました、ただf値が10には気が付きませんでした。

 


26日  忘れてました [漬けもの]

忘れてました情報[ちっ(怒った顔)][ふらふら]、といいますか最近カワセミに没頭気味で実際はもう頂いてる物。

それは、大根の沢庵漬け。

533.JPG

昨年12月19日に漬物を初めて1週間ほどで漸く水も上がり漬かり初めてた所まではブログに乗せていましたがその後、1回試食は乗せておりますがその後の様子報告を忘れていました。

実際は漬初めて40日を経過しており、色付きも良くなり味もましております。

普段の漬物の管理は私が担当しております。

今月の半ばから食べ始めておりますのでお漬物はもう半分以上消化しております。

25日、漬け物桶から大根と、葉の部分を取り出し水洗いをしました。

548.JPG

大根の葉の部分を切り摘み食いしましたが、以前の試食に比べ漬かりも十分で美味しいです

550.JPG

良い味を出してます、少し干した葉ですから歯触りは固め。

551.JPG

大根の塩味はやや塩が強めですがこれくらいが食欲を増します。

途中では、奥さんん甘いと言いましたが味付けのサッカリンの甘さですが、私にはベストですが奥さんは合わないと、大根を輪切りで醤油で煮つけて頂いてます。

私は普段でも御茶の時に摘み食いをしております。

549.JPG

大根葉は、御飯に振りかけて頂くのも美味しく頂けます。

大根漬けは途中で6本程追加して今漬かり中です。

次回はこの大根を使いまた沢庵漬けをと考えてます。

541.JPG

25日の出逢い鳥です、川鵜私をみて一目散で逃げていきます。

223 (1).JPG

25日には4羽も来ておりました。

24日のカワセミです。

222 (1).JPG244.JPG

iso400,1/1600,f-5,6.での撮影。

 

**********    カメラで練習 パート3      **********

25日のセキレイ、iso500,1/2500,f-6,3.

239 (1).JPG

iso800,1/2500,f-5,0のカワセミ。

266.JPG

iso1000,1/2500,f-6,3、枝かぶりカワセミ。

509 (1).JPG

225.JPG235 (1).JPG270.JPG

25日の撮影は、カワセミの飛翔少ない日でした、定例の場の魚が少なくなり前後の場へ移動の為飛び込みポジションがつかめず空振りオンリーの撮影日。

その中でのベスト写真。iso1000,1/2500,f-5,6.露出補正+1.W/B 曇天。

 3連続写真で。

309 (2).JPG310 (1).JPG

311 (1).JPG

止まり木からの飛び出し。

 Baldhead1010 さんからのアドバイスも試してみたいです。

α6000のシャッタースピードは1/4000までありますので、シャッタースピードを1/4000,isoを1000,Fを6.3ぐらいで試してみてください。
私のカメラ(α7Ⅱ)で試してみましたが、写りそうです。
直射光が当たっていれば、isoを800ぐらいに落としてやってもいけると思います。
適正露出が一番いいですが、露出オーバーはなかなか救えません。

  himanaoyaji さんからのアドバイスでも試して見たいです。

ISOはできるだけ小さいほうが良いですが、今のカメラは性能が良いので1600程度まで大丈夫と思いますよ、(ノイズ考えて800程度で抑えてる人もいます) SSは羽の動きをどの程度止めるかになると思いますので1000~2000の程度で良いと思います。
カワセミに太陽光が当たってて羽が白く(白飛び)なってる場面は露出補正で-0.7~-1.0程度して撮ると良くなると思います、
そして露出補正をマイナスにするとSSもISOも稼げますよ。


25日 カメラで練習 パート 2 [カメラ]

昨晩から、ブログのテンプレートを変えてみました。

皆さんの中でも黒の背景での写真がとても良いので自分の写真も良く見えないかなと。 [わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

24日も朝練に出かけてきました。

朝一はジョウビの雄です。

ジョウビタキ.JPG

お天気は晴れて気温も高めです、道中の出逢いカワセミは多く出ていました。

020.JPG

18 (2).JPG

ISO 1000,シャッタースピード1/1600,F6,3.で撮りましたバックのカワセミです。

 

昨日の反省からシャタースピード、ISOを注意しながら撮影して見ます。

昨日も結構白っぽく写る画面がありましたので、ISOはお任せモードでも同じの400に、シャッタースピードを上げて1/1600、F-5,6にセットして。

撮影モードはスピード優先Sでの連写で撮りました内の1枚です。

ズーム2倍の元画像になります。

387.JPG

カワセミだけを見る為にトリミングして見ました。羽根の広がり綺麗に見えますね。

387 (1).JPG


ISOを640にあげ、シャッタースピードを1/1600、F-5,0で、連写で撮りました1枚です。
画面はトリミングしております。

267 (1).JPG

 

又ISOを400、シャッタースピードを1/1600、F-5,6に戻して。

329.JPG

354 (1).JPG

ホバーリングをしてくれましたがズームが間に合わず小さいのでトリミングですがボケてます。

368.JPG

369 (1).JPG370 (1).JPG371 (1).JPG

372 (1).JPG

24日は2羽がホバリーングを見せてくれましたが一度目は間に合わず、2度目も寸前と条件厳しかった。

次回は早目にカメラを準備してスタンバイで撮りたいですね。

まだW/Bがオートですから、太陽モード等を試してみたいですね。

シャッタースピー1/2000でも。

日中でのISOは400,500,640で良いのでしょうかね、アドバイスお願いします。

 

 

 


24日  1眼カメラで練習 [カメラ]

23日お天気は前日の雨も上がり快晴、ただし風が強く吹いてましたが1眼カメラでカワセミの飛翔写真が綺麗に撮れないか練習に出掛けました。

 DSC02524.JPG

 

当然、 Baldhead1010 さんからのご指示『高速連写の場合はisoを上げ、高速(1/1000以上)のシャッタースピード優先モードにし、AF-C(コンティニュアスAF)でロックオンAFを入るにしてやれば、動きが止まり、ピントもそこそこ合うと思います。 』を条件に。

出かけました時、近所の畑にありますモグラ脅しの風車が風で強く廻ってますのでこの羽根が連写で止まって見えるか良い材料と撮ってみたりしながら。

 

 

動く題材のセキレイでまづ練習撮りです。

シャッタースピード1/1250.iso-400.F-5.6

  123.JPG

ダイブ場所に到着、しばらく登場を待って本題のカワセミの飛翔を練習開始ですが、この日は風が強くカワセミは留まる事が多く飛翔披露は中々見せてくれましんでした。

でも粘りながら数少ない飛翔を撮ってみました。

シャッタースピード1/1250,iso400,f-6,3.

139.JPG

背景が暗い画面ですね。

シャッタースピード1/1250,iso400,f-6,3.

163.JPG

シャッタースピード1/1250,iso400,F-5,6.

 

DSC02402.JPG

シャッタースピード1/2000,iso800,F-6,3.

459.JPG

色々スピード、絞り、感度等変化が理解出来始めて様です。

まだまだ練習ですね。

今日も出かけて練習開始です、いい場面に出逢いを求めて。


23日  写真 [カメラ]

23日は朝から雨でしたが、10時過ぎから上がり始めましたのでちょっと写真撮りへ。

持ち出しましたのはコンデジカメラです。

今日もカワセミ4羽に出逢い、ジョウビタキ、青サギ、ダイサギ、鴨、鳶、カラスでした。

028.JPG

097.JPG102.JPG

054.JPG056.JPG078.JPG

064.JPG

098.JPG

ピイー、ギャーガヤーと大きな鳴き声が遠くの電柱で鳴いてます、バトル開始かと見てましたが?。

083.JPG

鳶とカラスお互いに鳴きながらけん制してましたが、そこにカラスがもう1羽飛んできたので鳶は退散です。

21日の写真からカメラは1眼で。

636.JPG

270.JPG633.JPG220.JPG308.JPG461.JPG171.JPG025.JPG


22日  野菜 [野菜作り]

 昨日は、nice100,000へのお祝いコメントを沢山頂きありがとうございました。

皆様へのコメント返しが遅れておりますが宜しくお願い致します。

MY菜園野菜の収穫です。

最近はカワセミに日々のウエートが掛かり、余り菜園に見廻りをすることも少ないです。

食卓の野菜が無くなりましたので菜園から補充です。

青物野菜のほうれん草、2重ネットで覆いをしてます。

間引きを兼ねてすこし収獲致しました。

 733.JPG

ニンジンと、大根の収穫。

大根は寒さで育っていません、小さいです。

735.JPG

1回目の大根は後1本、その次の2回目2月収獲になります。

白菜は最終品の収穫に成りました。

734.JPG

キャベツは、すぐ収穫できますのが後1個、2月になり収獲出来ますのが6個あります。

今週末は暖かくなる予法ですから畑の寒耕しを予定です。

以前食べれるかな苺、残念ながら色は赤くなりましたが、芯の所が固くとても食べれる苺ではありませんでした。

 

昨日、連写写真について貴重なアドバイスコメントを頂きました。

 頂きましたのは、 Baldhead1010 さんからです。

『高速連写の場合はisoを上げ、高速(1/1000以上)のシャッタースピード優先モードにし、AF-C(コンティニュアスAF)でロックオンAFを入るにしてやれば、動きが止まり、ピントもそこそこ合うと思います。 』

そこで、昨日撮りましたセキレイの連写の情報を見ますと、isoが125、シャッタースピード1/250,AF-CでロックオンAFは入りでした。

お任せモードでの連写です。

676.JPG

 

コメントを見ましてから15時過ぎにコンデジカメラでシャッタースピード優先モードにして

iso800,1/1000でセキレイを撮って見ました764.JPG

セキレイの動きが止まって見えますから違いますよね。

 Baldhead1010 さんのご指導でさらに止まって見えるようなカワセミを連写で撮りたく成りました。

まだまだ初心者レベルの私ですからご指導をお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 


21日 こちらで試し撮り [カメラ]

20日にカメラのレンズ標準型でカワセミの写真撮りを行いました。

452.JPG

いつものダイブスポットに出かけての写真撮りです。

場所は、こんな堤防道路から対岸の水辺側を写真を撮ってます。

196.JPG

 

ここからダイブの連写写真になります、止まり木から水面まで凡そ50cm。

083.JPG

084.JPG

085.JPG

086.JPG

 087.JPG

088.JPG

089.JPG

090.JPG

連写11/秒コマの偉力が発揮できた写真が撮れました。

昨日はこのシーンを5回ほど繰り返して魚をゲットしてます。

109.JPG

111.JPG

小枝から飛び出したカワセミ。

165.JPG

かろうじて捉えた飛翔カワセミ。

151.JPG

スピード感がある飛翔。

208.JPG

昨日このカワセミを撮りに出かけてます時に、皆様からのniceが100,000を超えました。

今月末には、ブログが3年目に入る前の到達、ありがとうございました。

無題1.jpg

これも皆様のご支援の賜物です、今後も拙いブログですが宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 


20日  お出かけ [地域]

18日の日曜日に久し振りに岐阜市内にお出かけしてきました。

出掛けました用事は岐阜市の幼稚園から中学生までの作品展示会が開催され、中2の孫の書写が展示されましたので。

会場は、岐阜市市民会館2F展示場でしたが作品は本人の承諾が得られませんので割愛です。

丁度北側にあります美江寺観音で、一年最初の観音(観世音)菩薩の縁日が開催されてましたのでお参りしてきました。

無題1.jpg

本尊様にお参りをしました後に、こちらにも。

475.JPG

酉年の私の無病と、今患ってますけがの回復を願い不動明王さまの頭両膝を撫でて早く治りますようにお願いしました。

帰宅時は、奥さんにハンドルをはく奪されましたので(こちらに向かう道中のハンドル捌きに奥さんは乱暴すぎるとの理由で)

これ幸いにと、岐阜城を撮りましたよ。

発車時前の位置からの岐阜城です。473.JPG

長良川堤防道路上から。

478.JPG

さらに金華山の麓で。

483.JPG

岐阜城の天守閣にはお客さんが見えてますね。

 

では、19日の写真から。

アオサギ、カワセミです。

023.JPG039.JPG118.JPG120.JPG132.JPG

208.JPG

途中から小雨が降り始めましたので写真撮りを切り上げ帰宅でした。


19日  届きましたよ [カメラ]

17日土曜日午後に届きました。

予て悩みましたが、我が家で今許されるギリギリの攻防の結果、こちらを注文して届きました。

デジタル1眼レフカメラSONY,α6000.

484.JPG

軽い事、連写枚数が多く撮れる事で決めました。

さそっく取説の必要う部分をまず読み、その間に充電です。

17日は午後からは寒くて外出は出来ませんでしたので、18日の朝いつもの時間に出掛けてきました。

カメラに望遠レンズを装着して。

最初に出逢いのカワセミです。007.JPG

途中で出会いましたダイサギの飛翔、連写のテストを致しました。028.JPG

書き込みも早くコンデジの時の待ちがありません。

次の3羽目のカワセミが良い場面を演出してくれました。

053.JPG

058.JPG059.JPG

この画面を提供で新しいカメラの門出を祝ってくれました。[わーい(嬉しい顔)]

さらに水面を飛び去るショットも連写で撮れました。

065.JPG

昨日はダイブスポットに2名のお客さんが見えれていました。

私はお初ですが、その方は以前からこの場所で写真を撮られてるとの事。

当然カメラは、キャノンにバズカー持参でした。

2時間ほど電池が無くなる寸前まで粘りながらの写真撮り。

色々メニューを見ながら、ズーム倍率を変えたりして。

417.JPG

432.JPG

 306.JPG

ダイブ場に住み着いてますヌートリアが親子でいました。

359.JPG

電池切れ寸前で撮りましたダイサギ、水面にも姿が写り綺麗です。

 457.JPG

初撮りとしてはまだ成れない所もありますが、良いカメラで写真が撮れました。

 

 


18日  試し [カメラ]

17日朝方お天気愚図ついてましたが、ある試し撮りをしたくて出会いへ。

最初の出逢いは、自宅下で久し振りの雌のカワセミ。

 007.JPG

最近ほとんど出逢いが無く心配してましたが無事出逢い出来ました。

今日の試しとは、いつも連写写真を撮りますスピードはHiモードで撮ってますがこれをLoモードで撮るとどうなるかなと。

相手は、いつもお尻を振り振りして動きますハクセキレイで試し撮り。

037.JPG038.JPG

039.JPG040.JPG

041.JPG042.JPG

043.JPG044.JPG

比較的早い動きをしますハクセキレイですが、Loモード連写で観ても動きが良くわかりますね。

これからも使える技?です。

でも俊敏な動きをしますカワセミには使えません。

16日のカワセミが魚を捉えていました。

067.JPG

076.JPG


17日 収獲できるの? [苺]

16日は暖かい1日でした。

こんな陽気が続くと良いのですが、長続きしませんね。

暖かくなればこれ収獲出来るのにと思うのは苺です。

秋植えかえてから寒いこの時期なのに苺に花が12月から咲いていました。

以前に記事にしましたが、1個は残念ながら途中でダメになりました。

今残っていますのは、3個あります。

1月8日の写真と、16日の写真を並べてみました。

010.JPG198.JPG

こちらは早生の宝光苺になります、1週間で色具合進みましたね。

199.JPG

これなら収獲出来るかなと。

こちらは晩生の苺です。

013.JPG196.JPG

色具合僅かで1週間変わらずですね。

裏側はまだまだ色がついてません。

197.JPG

今の時期に収獲をと思えばイチゴ園の様に本格なハウスと暖房が無いと色付きが進みません。

メインは5月ですから待ちましょう。

他の野菜では、2重ビニールトンネルで栽培中の正月菜、ほうれん草です。

011.JPG

012.JPG

簡易ハウス内のエンドウです。

005.JPG

脇芽を延ばしてきました。順調と思います。

 

16日のカワセミ。

飛び込み、飛びだしです。

146.JPG147.JPG

上の写真はトリミングしてます。

元サイズはこちらです。

148.JPG


16日 MY菜園 [玉ねぎ]

 15日は雨で結構冷え込みました1日でしたね。

その雨の中、朝方10時過ぎにダイブスポットにカワセミの様子伺いしてきました。

車で行きましたので出逢いは1羽のみ、山田川も少し水量が上がり濁り気味。

出逢いましたカワセミは魚を捉えていました。

食事後、ダイブで羽根についた水分を振り飛ばしでしょうかね、首、肩をブルブル廻していました。

014.JPG015.JPG

 

久し振りのMY菜園の記事になります。

1月に入り、菜園には大根、白菜、キャベツなどの収獲に顔を覗くほどの少なさです。

でもそろそろこちらも春に向けた菜園作業を始めませんといけません。

カワセミばかりに時間を費やしていては良い野菜作りになりませんと反省中です。[ふらふら][ふらふら]

今年も玉ねぎの生育観測をまた始めようかなと。

玉ねぎの早生品種をハウス内簡易温室栽培を始めてます。

まずハウス内の玉ねぎの生育は順調に進んでいます。

赤玉ネギの1月8日の様子。

地上部の茎は直径1cm程の太さでした。

001.JPG

本葉も枯れたのも含め10枚程です。

002.JPG

1月14日には中心の新芽が伸びてきました。

143.JPG

茎周りも太りましたね。

142.JPG

早生玉ねぎの8日の様子、こちらは玉になり掛けてるのが膨らみで観られます。

003.JPG

14日の様子、見た目は大幅な変化無いようですが葉が1枚枯れてます。

144.JPG

全体も、1週間で新芽が伸びてきてます。

004.JPG145.JPG

早生玉ネギ全体としては生育に大小あります。

148.JPG

149.JPG

露地物の玉ねぎもハウスに比べ生育は遅いですがそれなりに育ってます。

150.JPG

見廻りが怠ってましたので霜により玉ネギ苗が浮いているのがあり手直し致しました。


15日  困ったヤツ [鳥]

最近特にカワセミの休息、餌場エリアに進入してくる困ったヤツが出没しております。

昨年に比べ出没が非常に多く、これがカワセミ達の餌となる小魚を一網打尽に?に採りさる為、川の小魚の姿が川面を覗いても特に少ない状態です。

ヤツを見つけ次第追い払う事が、毎日続いてます。

昨日も、ダイサギ、アオサギと川に一緒にいました。

005.JPG

ダイサギ、アオサギもその場を観ているばかりで追い払う事致しません。

水面から顔を出してきましたヤツは川鵜です。

006.JPG

又も潜り餌となる魚を追い食べてます。

010.JPG

やがて川鵜は私の姿を見つけ警戒です。

012.JPG

私がさらに近付けば一目散に逃げ初めます、水面をバタバタと羽ばたきしながら。

013.JPG

一目散に逃げて行きました、今後も出逢えば即追い払いますよ邪魔な川鵜。

 

昨日は朝撮りのカワセミの貴重なダイブショット写真を誤って全て消去してしまいました。[もうやだ~(悲しい顔)][ふらふら]

連写のいらないショットを削除中にこの日の写真全てを削除であるのに気付かずOKで。

諦めてこの日は治療時間が12時までの外科に出掛け、看護師さんから依頼の写真を渡して電気治療を受けてきました。

その帰りがけに、この子に出逢いましたが時間は12時過ぎ、お腹も空いてますが誤って消したカワセミ写真がありませんので、毎日のカワセミ写真をいま目標にしていますので追いかけて写真撮り再開です。

032.JPG

カワセミはダイブスタンバイ場所に移動して眼下の川面を狙ってます。

064.JPG

待つ事10分、ダイブしましたが私の狙い先とは違い、足元の真下へのダイブに慌ててカメラを振り連写10枚目で2枚のダイブシーンをゲット出来ました。

069.JPG070.JPG

この後場所を動きながら1時間程、ダイブを披露。

御蔭で撮れましたが、目標の大きなカワセミ狙いは外れ、相変わらずロングショットの小さいカワセミばかり。

カワセミも休み場所に移動しましたので帰還です、その途中でこの雌のカワセミと遭遇5m先。

101.JPG

連写で狙いましたが逃げら羽だけの写真。

108.JPG

毎日の目標が達成できたこの日でした。

 

 

 


14日  リクエスト&カタログ [写真]

昨日通院をしてます病院の看護師さんから、写真の追加リクエストがありました。

先日お渡しした写真をおばあさんが気に入り、他にも無いのかなとおばさんが言っていますがさわたりさんありますかーーーーと。

喜んで頂けるなら今週撮りました写真で飛翔してる所の写真がありますから『大丈夫あげれますよ』と、リクエストにお応えします。

さてお渡し写真を選ばなければなりません。

リクエストにお答えする飛翔してる所の写真は有りますがおばあさんに観て頂いてカワセミが比較的大きくみえる写真を選ぼう。

そこで選びました写真は4枚。

すでに記事にしてます写真と未掲載から選びました。

水面から飛び出した所。

109.JPG

他への飛行写真でカワセミに焦点合わせた所。

055.JPG

未掲載写真から、小枝から飛び立つ瞬間を。

136.JPG

13日撮影でダイブから水面に浮上、嘴に捉えた魚を咥えた写真を。

124.JPG

今回の写真は先回2L版に印刷でしたが今回はA5のサイズでプリントしてお渡しです。

昨日はソネブロ大変動作が重く午後から皆さんにお伺いしようとしましたが、殆んど動きませんでした。

皆さんも大変でしたと思います。

無題1.jpg

そこでカメラの現物を一度見ようと、地元の量販店に出掛けてきました。

237.JPG

手にとり色々質問しながらカメラを観てきました。

取りあえずカタログを自宅に持ち帰り見えがしにテーブルに置いて奥さんにアピールして置きました。

皆さんのコメ参考に、カワセミの飛翔を綺麗に撮れるカメラはどれかなと想像しながらま悩んで観ます。

 


13日 仲良いね [鳥]

昨日の借用カメラ試し撮りへのコメントを頂きました皆様ありがとうございました。

1日だけの借用でしたので1眼カメラの良さがまだ実感出来てませんが、今回の体験と皆様のコメントも頂きましたので買換えの時の参考にさせて頂きます。

12日の朝はまた寒い朝、9時に自宅を出ましたが冷え込んでいました。

その為、川沿いでの鳥との出逢いが中々ありませんが最初のカワセミです。

寒さに体も膨らんでます。

016.JPG

私を見ますと飛び立ち暖かいコンクリートの上に移動です。

017.JPG

その後は出逢いは無くいつもの撮影場所に到着、周囲をゆっくり見渡してもいません。

さらに川を下り始めた所で鳴き声を聞き戻りますと、やってきました。

020.JPG

1枚撮った所で止まり木を良く見ますと何かまだ鳥が丸くなってますのが観れましたので、レンズを通してみました。

ななんと、カワセミの30cm程下の枝にいたのはツグミです、その場のカワセミは警戒心もなく枝に腰を降ろしてます。

024.JPG

警戒心が無い事は仲が良いのかな、ツグミもカワセミを意識する素振りは全くなく風を受けながら毛ズロイをしたりと動く気配は有りませんでした。

031.JPG042.JPG

045.JPG

そこへカラスが飛んできましたので、ツグミ、カワセミともに警戒してます。

 053.JPG

 

ツグミ、カワセミともにカラスが真上を通過と同時にその場を離れてしまいました。

055.JPG 

 

飛び立ったカワセミは中々こちらに戻りませんので、おトイレに近場のスーパーへ。

戻りましたらカワセミは戻っていました、そこから何度もダイブを披露してくれます。

写真撮影の為、こちらは少しでも近場で撮りたいと斜面を下りコンクリートの護岸まで降りてみました。

カワセミは私を警戒するかと思いきやなんらその素振りも無くマイペースで小魚を捉えてます。

腰を堰堤に降ろして体制を安定させ、ダイブポイントを決めて待ちます。

待ちが長い、やっと準備完了とダイブ開始で連写です。

060.JPG

061.JPG

浮上しましたがカワセミが小さいです。

066.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しでもカワセミを大きく撮りたいのでポジションを狭く絞り狙いますが、決めた場所と異なり空振りが何度も続きました。

その中のベストショットはこちらです。

105.JPG106.JPG107.JPG108.JPG

少しトリミングして見ましたら嘴に小エビらしき獲物を加えてるのが解りましたのでまずは満足なダイブ写真が撮れたと思います。

109.JPG

次回からさらに精度を高めたいがカワセミ次第かな。

 

 


12日  試し撮り [カメラ]

昨日は借りしたデジタル1眼レフカメラを早速試し撮りに出かけました。

風もあり冷え込んだ朝ですが、楽しみがあり気になりません。

最初の出逢いカワセミでしたが、コントロールモードがSの為、露出が合わず暗い。距離は10m程。

 006.JPG

少し近寄り8m、露出を替えたら明るすぎた。

007.JPG

この後飛び去りましたので下流域に。

歩いていますと、捕食直後のカワセミを発見そっと近づき5m先、魚を口に加えてます。

今日も大きな魚一度には呑み込みません。モードはオートに切り替えて撮りました。

013.JPG

途中でキイセキレイをパチリ。

012.JPG

さあこれからダイブ写真を開始、期待してますカワセミです。

031.JPG

いきなりは見せてくれません、移動してます。

038.JPG

少し間を開けて飛び出しました。

 056.JPG

 

少しトリミングで。

057.JPG

飛翔画面も撮れましたから、次はダイブ写真を。

041.JPG

042.JPG
043.JPG


連写しましたら、さすがメモリーへの書き込みスピードが早い全然違います。

私のコンデジ、sony-DSC-HX200Vとニコンの差を見て見ます。

最初は、ソニーの電子ズームなし、144mmで。

181.JPG

ニコン250mmで。

090.JPG

トリミングで観て見ます。

182.JPG

それなりに差がありますが、良くわかりません。

こちらはsonyで.079.JPG

一度は体験しましたので今後の買換え時の参考に。

それとやはり電子ズームが.

 

 


11日  カメラ借りました。 [カメラ]

11日、今日はお隣さんからデジタル1眼レフカメラをお借りしました。

先日お使いのカメラのお話しをしていまして試しで使われても良いよと返事を頂いてましたのでこれ幸いとお願いを致しました。

お借りしたカメラはニコンD80、デジタル1眼レフカメラです。

488.JPG

レンズは、望遠100~300をお借りしました。

489.JPG

カワセミ写真を取り出して、最近カメラの性能に満足出来ないなーと思い始めましたので一度1眼カメラを使いカワセミを撮影したらどうなるか。

試しでダイブやらワンショット写真を

撮ってきます。

 

 

昨日は午前中に出掛けましたが風も有り冷えたカワセミ撮りでした。

ダイブスポットの場所、昨日はカワセミ良くダイブを披露してくれ沢山のダイブ写真をゲットしました。

お披露目は後日と致しますが1ショット。

133.JPG

お相手のカワセミを動画で少し披露します、本当はダイブ写真撮れないかなと狙ったんですが、全然気配が無く風に揺られております。

手持ちの撮影で風で

画面も揺れてます。

朝方にカワセミではなくメジロに最初出会いましたので。

003.JPG009.JPG

さあ今日はどんな写真が撮れるのか楽しんできます。


10日  今日もカワセミで [カワセミ]

NHKでの放送を見られた方からリクエスト有りました。

今左足膝の治療に通っています外科の看護師さんから、内のばあちゃんがTVを見てこのカワセミの写真を貰いたいと。

勿論喜んで昨日の夕方治療前に写真を渡しました。

その方は岐阜市の北側にあります山県市にお住まい、聞きますとそちらにもカワセミはいるそうですがいつも見るだけですばやく飛び去りじっくり観れないから、あんな写真が欲しくなったと。

今回は、知らない方に声を掛けて頂いたりと思わぬつながりが出来ました。

今日は、ブロガーさんの質問を頂きましたのでこれを記事で。 

**************

カワセミって同じ場所に来るって本当ですか?
by hatumi30331 (2015-01-09 12:54)

**************

お答はその通りに同じ場所にきます。

では写真でお見せ致します。

投稿しましたカワセミがとまっています小枝も同じ所。

docu0007.jpg

その小枝に、8、9日のカワセミが停まってます。同じカワセミの雄です。

136.JPG

029.JPG

同じスタイルですから判別?でしょうね。でも写真の撮影日は違いますよ。

 

カワセミは、自分のエリアを持っていますからね、

この写真の小枝を見て頂きますと、所々に白く見える物が有ると思います。

110.JPG

これが止まり木で糞をした跡になります。

これは9日の撮影カワセミ。

こちらは、3日の撮影カワセミです。

027.JPG

小枝の位置は違いますが同じ柳木になります。

私は散歩中にはこのポイントを見ながら歩き、早目にカメラの準備をしておけば程出逢いが出来て写真も撮れます。

8日にカワセミのダイブ写真を撮る為に、魚寄せで播き餌された所に出掛けましたが、9日のカワセミは残念ながら風も強くまったりモードで30分待ってもダイブ動作をしません。

075.JPG

写真は諦めて上流に戻りますと、

ダイブをしてましたカワセミを発見、

 088.JPG

次のダイブをと狙ったら飛翔になりズームアップ出来ず、小さいカワセミになり観れますかね。

082.JPG

トリミングしてみました。

081.JPG

さらにこんな飛翔写真も。

132.JPG

飛び立ちましたのはこのカワセミです。

127.JPG


9日 学習 [カワセミ]

昨日のNHKへの投稿写真に沢山のお言葉を頂きありがとうございました。

今年も運よく願った写真が撮れたことで昨年からの願いが実りました。

これからもカワセミを撮りを続けたいです。

その秘策がなんと有る写真撮りをされてる方と2日間同席したことで学習が出来ました。

その方はカメラとレンズとも高級機を持参でカワセミを撮られてます。

バズーカーレンズでの写真はやはり綺麗ですね、今のコデジが泣いてますが買い替え予算が無い。

では秘策とは、昨日8日にその方がとある場所で先行しておられ、川の中に魚を釣ります時に撒きます撒き餌をされてました。

理由は、狙った場所に小魚を集めカワセミを誘導してダイブ写真を撮る為の秘策でした。

私は今までは自然での行動を狙ってましたから、カワセミのダイブ写真が中々撮れていない状況でした。

その方から3mほど離れた場所から同じカワセミを狙ってみました。

そのカワセミはこちら、水面を狙ってます。

057.JPG

しかし飛び込み場所は私の狙いと違いました。062.JPG

相手さんは見事に捉えられていました。

ダイブしました位置は写真の右側で1m足りません。

 

 

 

 

 

 

次はこの場所からのダイブを狙った見ました。

 068.JPG

予めダイブ場所としてこの場所を選びレンズを向けておきました。

072.JPG

カワセミのダイブ動作をみてのショットです。

069.JPG

飛翔写真が撮れました。

この撮影策を教えて頂きましたので明日以降に取り入れて見たいですね。

風が強くカワセミも余り遊びに来ていませんでしたが出逢いカワセミたちです。

049.JPG033.JPG085.JPG103.JPG107.JPG

昨日も強風の中でしたがカワセミと、同席の方と楽しんで写真撮りでした。

途中で、お一人の方からNHKに投稿された方ですかとお声を掛けて頂きました。

良い写真を見せて貰いありがとうとお礼まで頂きました。


8日 今年もNHKで [NHK]

今年もまた昨年に続いて地元NHK岐阜、夕方のローカル番組に投稿写真が採用されて番組内で視聴者の皆さんに観て頂きました。

こちらの番組は、お便りコーナーとして1分間、岐阜県内地域の方からの投稿写真やお便り等を放送で紹介してます。

 

014.JPG

昨年も3回放送採用でしたが、カワセミで是非放送と狙ってました、単なる留まり写真ではなく飛翔画面を投稿と決めてましたが思うような写真が撮れなく昨年は諦めてました。

所が12月に同じカワセミで先行者が現れ食事中の写真が放送されました。

これに刺激されまして、今年最初に出逢いの鮮やかなブルーのカワセミを撮りました時にこれで行こうと決めました。

さらに運よくホーバーリング写真も撮れましたので合わせて6日にNHK岐阜放送局に投稿です。

今回も担当女性から電話があり細かく打ち合わせでした。

採用を承諾してお願いいたしました。

docu0007.jpg無題1.jpg無題2.jpg

打ち合わせでは3枚は無理かもでしたが放送では3枚とも採用されましたのでこちらとしてはとても有りがたい内容でした。

今回も放送後、知り合いの方から電話を頂いたり、ブロガーのwattanaさんから早速コメ頂きました、wattanaさん観て頂きありがとうございました。

sarusan さん、おはようございます。
昨夕(1月7日)、「ほっとイブニングぎふ」のお便りコーナーを見ました。
この記事に載っている写真を投稿されたのですか?
by wattana (2015-01-08 06:03)

特にグランドゴルフ仲間さんと約束のカワセミでの採用は嬉しい事になりました。

15年は鮮やかなコバルトブルー色のカワセミとの出逢いが素敵な幸運を運んでくれました。

良い1年になりそうです。


7日 飛翔 [カワセミ]

今日もカワセミです。

001.JPG

今年初の綺麗に撮れた飛翔写真です。

5日の朝の最初の出逢いでいきなりのホバーリングを見てレンズを向けての写真の為、距離がありトリミング写真です。  

披露してくれましたカワセミ君です。

    012.JPG

連写撮影しましたのでホバーリングを見てください。

001.JPG002.JPG003.JPG004.JPG005.JPG006.JPG007.JPG008.JPG

帰りの時の飛翔写真はボケてます。

045.JPG046.JPG

047.JPG048.JPG

049.JPG050.JPG

051.JPG

このカワセミは雌でした。

040.JPG


6日  わかりました [カワセミ]

[わーい(嬉しい顔)]わかりましたよカワセミが。

003.JPG

 

7羽のカワセミの中で、この橋の下で隠れてますカワセミですが

4日の出逢いで写真撮り後カワセミが飛び去る方向が先日紹介出来ました2羽目と

同じ住宅地方面に飛びました。

それも道路を超えて住宅地へ飛んいますからその先の山で住み着いてると考えられます。

 

ではそのカワセミは4日撮影しました写真です。

 003.JPG

性別は雄と思われます。

001.JPG005.JPG

昨日5日は残念ながら出逢いは出来ませんでした。

ここで注意しないといけないのが、深追いしますと川べりから道路上に飛びあがり住宅地に向かう時に車と接触する危険性がありますので。

そして昨日にもう1羽のペアのカワセミ、5日の記事のシルエットカワセミです。

無題1.jpg

このカワセミも昨日偶然に撮影した後、その先50m岸辺のカワセミを狙った時に後方からきて狙ったカワセミと揃ってまたも住宅地に消えました。

えっと思い先程の写真撮りしたカワセミを探しましたがその場にいませんので同じペアカワセミと判断してます。

わかってますカワセミは雌ですから雄で有れば間違いが無いと、自宅に帰り写真を再度確認しますと、嘴を上にした写真を見てその嘴の下側が黒い部分が多いのでで雄と確認です。

027.JPG

間違いがありませんペアの相手です。

横顔は。

025.JPG

相手は、

088.JPG

私です。

この飛びました住宅地方向に貯水池は有りますので、そこにいるのでと1年振りに訪れましたらなんと池は工事中。

 030.JPG

これでは水鳥もカワセミもいませんね。

だから普段の水遊び、捕食もこの川に来てるわけですね。

この後はまた川に戻り自宅方面に戻る途中にもう3羽のカワセミと出逢いました。

031.JPG034.JPG

 

036.JPG037.JPG

041.JPG042.JPG

明日は、納得ショット写真の紹介になりますが himanaoyaji さん程の写真でもないですが自分としては新年初の飛翔写真になります。

 


5日 ペア 相手は [カワセミ]

昨日の朝散歩でペアのカワセミに突然でしたが出逢いがありました。

相手は何羽目?残念ながらシルエットだけで顔が見えません。

赤丸印のカワセミは橋の下の為、暗くシルエットだけでの登場です。

2羽を合わせて撮りましたのでカワセミは小さくなおかつ花に焦点が合いボケ、でもここで明かさないのがご愛嬌と見てください。[ふらふら]

無題1.jpg

でも1羽は手前ですから姿を披露します。

087.JPG

後姿では判りませんよね、待ってますとこちらを向いて私です。

088.JPG

雌ですが判りますか。

090.JPG

覚えておいてよ。

でもこの雌は7羽紹介の3羽の雌とは違うと思われますが、なぜかって。

この後人が通り2羽揃って北側の住宅地を超えて山に入りましたから。

4日の他の鳥はいつも同じですが[ふらふら]

009.JPG017.JPG

011.JPG060.JPG

カワセミで7羽のうち不明カワセミが4日の出逢いで解りました。

その姿は紹介は明日とさせていただきます。

 

 

 

 


4日  7羽のカワセミの紹介 [カワセミ]

今日は、昨年の12月29日に山田川のフイールドでカワセミを確認致しました7羽を紹介です。

今は午前中に出掛ければ必ず4羽には出逢う事が出来ます。

出逢える場所は大体同じ場所付近になります。

散歩中でその近くをじっくり眺めれば出逢う事が出来ます。

自宅下の山田川沿い6㎞の範囲に出没してくれます。

カワセミの住処は、飛び去る方向から今は推測しますと、5つのエリアが有ると思われます。

中にはペアカワセミは3組確認してます。

1羽目は、雌です。

001.JPG

2羽目は、性別は不明です。

003.JPG

3羽目は、雌です。

022.JPG

こちらが一番人に慣れています。

4羽目は雄です。

024.JPG

5羽目は雄です。

034.JPG

6羽目は雌です。

053.JPG

7羽目は雄です。

081.JPG

紹介出来ました、7羽のカワセミの羽根の色合いが少ずつ違っている事にもお気付き頂けると思います。

1羽目が出逢い始めて3年目のカワセミです。

7羽目が一番カワセミでも色が輝いてる若いカワセミと思います。

これらのカワセミの繁殖時期にはどう変化していくのか楽しみもありますが出逢える数が減るのではと感じてます。


3日  集団で [鳥]

今日も寒いです3が日連続の雪でした、お天気は晴れてきました。

003.JPG

昨日午前中から大学駅伝をTVの前で応援してました。

5区の山登りでドラマチックな走りがありましたのが印象に残ります。

山登りの神と言われた柏原さんの記録を上回るタイムで青山学院が逆転往路優勝。

 今日もスタートから復路を見ております。

********

今日はブログ単独紹介は初めての鳥。

カルガモです。

200.JPG

189.JPG

昨日も午後3時過ぎではカワセミには出逢いが出来ませんが、カルガモは大丈夫でした。

 

 

集団でこの場所にいつも泳いでいます。

 

 

183.JPG186.JPG

188.JPG085.JPG

昨年末の長良川で見かけましたカルガモ。

105.JPG111.JPG

112.JPG114.JPG

今年は時々登場して頂きます。


2日  鮮やかなブルー [カワセミ]

お正月2日目です、今朝も冷え込み雪がまた降り曇りです。

1日の9時過ぎには太陽も顔を覗かせましたので出逢い散歩撮りに出かけました。

まだ小雪が舞っていましたのと、風が強く帽子も飛ばされるほどの為中々目的のカワセミには出逢が出来ず、何時ものダイサギ、青サギが餌を啄んでいました。

近付けば飛びますので飛翔写真は撮ってます。

2kmほど先の国道際の溜まり場でようやく目的の雌のカワセミと出逢いです。

雌はここを安住の地としていますのでここに寄れば出逢いが出来ます。

殆んどこの場所からは大きくは移動はしません。

新年の挨拶を交わして起きました。

045.JPG

寒さもありカメラを向けてましても手が冷たくります。カワセミも殆んど動く様子も少なく玉にダイブしましてもこちらが間に合わずショットは撮れません。

30分ほどで諦めて帰り道で表題の鮮やかなブルーのカワセミと出逢いが出来ました。

余りにも今までのカワセミのブルーとは輝きが違います。

076.JPG

実は、出逢いは先月29日に長良川筋までの散歩の途中で7番目のカワセミの出会い鳥です。

076.JPG

 

早速昨日にヘッダーの写真にしてしまいました。

 

 

 

 

 

 

昨日の出逢い場所は、上流に3kmほど山田川をさかのぼって来ていたのです。

見た所雄の若鳥と思われますね。

カメラを向け、目が合いますとすぐ飛び立ち茂みの中に隠れてしまいます、まだ人慣れしてませんね。

他の鳥は、ツグミ、ヒヨドリです。

 026.JPG079.JPG

昨晩は冷え込んでましたが夜空はとても澄んで月が綺麗でした。

DSC07152.JPG

今日は恒例の東京箱根間大学駅伝を見てます。