So-net無料ブログ作成
検索選択

30日  野菜達 [野菜]

30日、今日で4月も最後です。

今年も早く月日が流れていきます。

昨日29日は朝から又お出かけ、4歳の孫と小4の孫の3名で。

名古屋のJRリニア館へ、

DSC00918.JPG

記事は又後日。

帰宅後菜園に見廻りと少しの作業を。

豆類、本金時、インゲンに芽が出てきてます。

本金時はもう二葉以上になりました。

 002.JPG

インゲンは、乾燥防止の藁から顔を出してます。

010.JPG

ニンニクに花芽(とう)が出てきました、これが出れば収獲真近かのサイン?。

 007.JPG

ジャガイモにも花芽が出てきました。

008.JPG

でも私の菜園ではこの花芽は摘み取ります。

009.JPG

理由は、栄養分を花に与えるのではなく芋に集中することが摘み取る理由です、摘み取りました。

ニンジンの一部間引きです。

1回目は終了してますがその後の生育状態を観る為に。

013.JPG

株間を10cm程開けて間引きをしております。

012.JPG

間引きしたニンジンは天婦羅かきあげ用に。

収獲のかぶらと。

001.JPG

野菜に水まき。

大根、スイチャード、春菊、水菜それぞれ成長です。

019.JPG

020.JPG

021.JPG

022.JPG

お天気今日で10日間雨なしです、菜園の土ひび割れが進んでいます。

早目に雨が頂きたいですが、4日以降の様で。


29日 先週の作業 [野菜作り]

毎日晴れのありがたい天気とは言い難い暑さもあり一雨が欲しいこの頃です。

MY菜園で先週までに行った記事です。

イチゴの対策編。

毎年イチゴが実る様になりますと、里山地区ですから夜間お客さんが菜園を訪れて美味しいイチゴをパクリです。

その為、毎年この対策を施します。

010.JPG

011.JPG

 ネットでグルリと1周覆います、隙間が出来ないように。

相手は四足動物、下部に隙間があれば手を入れますので楔を打ち込んで置きました。

昨年より収獲時期は遅れてますが、実も大きくなり始めています。

オクラの種播きを行いました。

今年は知人さんから丸いオクラの種を頂きましたので、昨年作りました赤オクラとの2本建て。

021.JPG

場所は、かき菜の後作です。

020.JPG

今回もオクラの種は硬いので種播き後、土の表面が乾燥しないように藁で覆いです。

 西瓜の畝の準備です。

001.JPG

002.JPG

西瓜の苗は5月中旬に届きますのでこの間が畝の養生です。

菜園野菜の様子。

里芋に芽が出てきました、3畝の打ち2畝で。

種イモを土の穴で保管した結果早く芽を地上部に出してくれました。

013.JPG

033.JPG

 まだかわゆい芽ですが1月もしますと里芋の葉が解ります。

エンドウに花が咲き、実のり始めてきました。

032.JPG

そら豆の芯とめを行ってますが、まだ茎は伸びてきます。

 036.JPG

早く芯止めを行いました茎にはそら豆の鞘長さ8cmのサイズに。

035.JPG037.JPG

この状態を見ますと収獲はいつ頃かなと計算してしまいます。

簡易ハウス内の赤玉ネギ太りました。

015.JPG

収獲は2週間後かな。


28日  暑さと下準備 [野菜作り]

1週間雨なしが続いてますが、昨日は27度を軽く超えての暑さで野菜達もグッタリ。

白蕪の葉も暑さに負けてます。

 030.JPG

27日朝方菜園に出掛けて気付きました、簡易ハウス内のトマトの苗の葉に異変が、葉が焼けてます。

26日はお出かけをしましたので菜園は手つかず。

013.JPG

どうもハウス内の暑さで葉にダメージを受けたようです、ハウスの南側は解放してますは残り3面はビニールフイルムで覆われています。

この中での温度上昇により葉が日焼けでしょううかね。

早速朝一でカバーのフイルムを3面全て撤収致しました。

風通しを良くして置きます。

同じような日焼けの葉、茄子にも出てしまってます、ちょっと油断がもたらした出来事。

最後に残りました下準備箇所は新規お借りした畑の野菜作りでレイアウトがなかなか決まらず。

昨年秋からの放置箇所であり、前任者さんは余り肥料は使わない方(できます野菜の育ち方で判断をしてます)の土でもありますので栄養素を含んだ地力が弱いとみてます。

雑草を取り除いた後、大まかな畝切りをしました。

007.JPG

南に向かった畝。その奥をさらに耕運機で耕して土を馴らしていきます。

003.JPG

一部奥に木株が残ってますのがポポーの木株。

ここで最終的に作ります野菜を決めることでレイアウトが決まります。

決めました、『サツマイモ』がメイン地力が無くても作れる野菜。

それに合わせて畝切りをしました、南北に向けた畝で太陽が朝から夕方まで満遍なく野菜に当る一番適した畝の向きです。

007.JPG

手前は藁が見えますがインゲン豆の畝、その前がキャベツになり畝後畝には影響の少ない背の低い野菜達ですから十分サツマイモ作りには畝の向きが違っても差し支えが有りません。

畝幅は70cmと広めでサツマイモの苗を植えます。

1畝12本の苗が50cm間隔で植えれます。

その左には牛糞堆肥を多く投入して夕張メロン栽培畝に150×400の広さで。

この広さなら4株は植えれますね、ここに植えます夕張メロンの苗は今本葉が5枚目になってきました。

この中から元気の良い4株を選びます。

026.JPG

はたして、北海道とは気温差もあり栽培に適してるか試す時期が近づいてきました。

次回の雨の後に植えようと思いますが、どうも5月連休の最後5日ぐらいに雨が降るようですから5月初旬3日が目標と決めました。

自前の苗作り今はメインを菜園のハウス内に移動させています。

南瓜の飛騨名産、長南瓜になります宿難系ですが

024.JPG

2株をすでに植えています。

031.JPG

いつもながら藁を敷いてます。

もう1品種の江戸崎南瓜も出番を待ってます。

023.JPG

玉ネギの極早生が終了しましたので、空いた場所に植え付けしますがまだ早生の赤玉がが残ってます。

空いた土を耕して堆肥を入れた後に植えます、これも連休中になりますね。

027.JPG

キュウリも本葉が3から4枚目になりましたので今週末頃には植えつけ出来そうです。

022.JPG

自宅で育苗中のプリンス?メロンの苗はまだ未熟です、急いではいません玉ネギが収獲後に植えれば良いので5月末頃です。

004.JPG

土の表面に乾きで地割れが出来てきました、粘土質菜園の特徴です。

今日は朝一で奥さんが昨日観に行きましたボタンで有名なお寺へ私も撮影で出掛けてます。

こちらになります桂昌寺http://keishoji.jimdo.com/の牡丹鑑賞へ。


27日 これ使いました [地域]

26日効天気の1日でした。

昨日は朝から、これを始めて使いました。

ある所にお出かけで。

今年70歳になり岐阜市から頂きましたカード、高齢者お出かけバスカード、3000円分がチャージされてます。

001.JPG

車でも出掛けれますが、普段御酒は殆んど呑みません、と言いますより御酒に弱い体質。

コップ1杯でもアルコールが体まわり酔っ払い気味。

でも乾杯のビールにはお付き合いは致します、その後も少しは口にしますので、飲酒運転は致しません。

で、頂いたバスカードの登場となりました。

バスに乗りますのも5年振り、集合場所のJR岐阜駅まで。

今日の出掛け先は、長良川河畔のホテルでの会食。

私の元仕事先のソニー岐阜県人会(sony製品販売、サービス業務)のOB会の集まりでした。

チャージ代を今日は1/3を使いましたが、年金者にはありがたい物。

と有ことで菜園作業は昨日はお休みでした。

自宅での花、牡丹が咲きました。

001.JPG

蕾もあります。

002.JPG

006.JPG

ツツジも咲いてます。

004.JPG

008.JPG010.JPG012.JPG009.JPG011.JPG

今日も晴れです26度越え、菜園の野菜に水を与えたり残ってます下準備を行ってきます。


26日 豆類の種播き [落花生]

毎日晴れが続きます、菜園作業も一段落まで来ました。

紹介が遅れましたが、23日に落花生、インゲン豆の種播きをしています。

落花生は、昨年収獲しました豆を使います。

014.JPG

2種類、おおまさりの大型豆と、郷の里です。

予備準備の畝を2列に分けて種播きをしました。

 001.JPG

種播き後は、以前は鳥からの被害防止にネットを使いましたが、今回は藁を敷いて土の乾燥防止と鳥の被害防止を兼ねています。

004.JPG

落花生豆は発芽まで光を嫌う嫌光性ですから藁で覆っても芽を出してくれます。

インゲン豆は透明マルチで畝を包み穴を開けた所に4粒まいて芽出しします。

 005.JPG

毎日、晴天が続いていますのでインゲンにも藁で覆いをしました、藁は落花生の所より薄めにしております。

008.JPG

インゲン豆は光を好む好光性多少藁で光が薄れますが初芽はします。

19日に豆の1番手で種播きしました本金時に芽が出始めました。

012.JPG

まだ全部の場所での芽だしでは有りませんが、豆の大きさから芽も大きいです。

23日の菜園作業ではこれを行いました。

長芋の延長畝作りです、場所が牛糞置き場に掛かり半分は仕上げてますので残りを作り種イモを植えました。

種芋は予め地中に埋めていますので芽が出始めた芋もあります。

006.JPG

先行で作りました畝にはもう1個芽が出てきてます、毎日するすると伸びてます。

DSC00748 (1).JPG

009.JPG


25日  トマト植え付け [トマト]

毎日暖かい日になっており、MY菜園作業も急ピッチで進めております。

この陽気で、露地の極早生玉ねぎが略終了となりました。

一時カビの病気に侵されましたが、晴れが進みましたので持ち堪えております。

今日は、トマトの苗の植え付けからです。

苗は今年も購入はネット注文でタキイから、ミニと大玉品種です。

中玉はいま種をポットに蒔いており漸く芽がでたばかりです。

003.JPG

今年もミニは奥さんと分け合いで育てます、3種のミニ。

001.JPG

宣伝につられた苗選び、アイコは毎度ですが。

植えます場所は、当初簡易ハウスでしたが、ハウスの中はいまだ早生玉ねぎとエンドウが居座っております。

苗の納期時期を今年も同じにしましたが作物の生育が遅れズレが生じましたので急遽変更です。

元々西瓜を作る為に畝は用意出来てますのでそちらへ。

ミニを4株、大玉のルミネスを4株長さ6mの畝に。

004.JPG

009.JPG

株元には水を十分与えて置きますが、念の為藁を株元に敷いて根が着床するまでサポートします。

002.JPG

003.JPG

夜間のみ、ビニールトンネルで覆いをしております。

大玉トマトの苗は6本購入ですから余りとは言いませんが植えます場所、ここに。

ハウスの極早生を収獲後、頂いたレタスを植えてます場所へ。

010.JPG

苗を取り除き、2本植えました。

011.JPG

ハウス内は、土の乾燥がすすみますので、こちらにも藁で土を隠し株元を乾燥から守ります。

今年も大豆を作りますが、種様にと瓶に一杯入ってました大豆を必要分だけ残し、

 004.JPG

残りを奥さんに煮て貰いました、大豆に大根、筍、ニンジン、ゴボウ、コンニャクを入れまして。

002.JPG

006.JPG

美味しく食卓に上がり孫達にも好評で頂いてます。


24日  『御衣黄』桜?知らなかった [地域]

23日、菜園で作業中に小牧ナンバーの車までお見えの老夫婦さんに、尋ねられました。

真聖寺はどこにありますかと。

私は聞いた事が無い御寺さんよく事情を聞きますと、TVで放送を観て桜を見たくて来たが場所が解らないと。

住所をお聞きしますと、芥見で小学校の近くである事が解りました。

この桜は今が見頃であると番組紹介が有り、花は八重で花の色が咲き始めから徐々に色相が変わるそうです。

4月中旬から下旬ごろに咲く花の様うです。

聞いた場所を頭の中で整理し、住所と小学校の位置から判断、お客さんも道路地図をお持ちでしたので現在の場所はここですから、この道を・・・・・・。

と該当する場所をご案内しました。

無事到着で、御衣黄桜をご覧いただけたかな。

自宅に帰りインターネットで場所検索、出てきました岐阜の真聖寺の桜。

桜は『御衣黄(ぎょういこう)桜』として有名?とか,ソノサトザクラ系の珍­しい黄緑色の八重の花で真中に赤い線がある、開花につれて緑、黄、ピンクと色が変わる桜です。

この桜の名前御衣黄桜は全国に名所としてありますね。

先日のゴルフ場でも、至る所で咲いてました桜が緑色の桜はウコン桜でした。

ネットで見たこの看板を探しましたが境内にはもうありませんでした、5年も前の看板ですからね。

無題1.jpg

桜の説明には良いのに、丁度私達夫婦以外にもお客さんが桜を6人観に来場されてましたが皆さんやはりTVでの紹介で来たと。

DSC00837.JPG

立派な門です。

桜の花に赤い線が出てきてますから、満開時期の現れの様ですね。

DSC00824.JPG

DSC00827.JPG

DSC00829.JPG

こちらの花が一番ピンク色になってました。

DSC00830.JPG

DSC00831.JPG

DSC00838.JPG

桜の全景です。

DSC00835.JPG

このお寺さんには、見事な枝垂れ桜もありますが時期遅し、木だけでもご覧ください。

来年は是非桜を観なくてはいけません。

DSC00836.JPG

その他にもこんな木も。

DSC00833.JPGDSC00832.JPG

こちらも満開時には是非紹介したい物です。

この桜は八重桜で菜園近くで咲いてます。

009.JPG

010.JPG

まだまだ地域内で知らない事ばかりの今日でした。

菜園作業は午前中落花生の種播き、長芋の植え付け、畝作り等行いましたが明日以降で記事に致します。


23日  キャベツ植え付け [野菜作り]

今週に入りお天気晴れが続いて気温も20℃超えをしてます。

先週の雨水も大分蒸発して畑の土も乾いてきました。

日差しの中畑作業をしますと額に汗が出てきます、日焼けしますね。

その中先週になりますが、19日に自前のキャベツ苗が本葉5枚になりましたので菜園に植え付けました。

丁度雨も小雨で土の湿り具合も良かったので。

007.JPG

1畝に畝幅を多く取り、苗を千鳥植え付けで10株入れています。

006.JPG

翌20日に畝全体を寒羅紗ネットで覆いを行いました。

 001.JPG

この作業は必需です、これから蝶が沢山飛んできます、そしてキャベツやブロッコリーの葉裏に玉子を生みますと

青虫が沢山葉を食しますので、その害にならないように施しておくのです。

同じ時期に種蒔きしましたブロッコリーも植え付け時期になりましたので、こちらは3月植えました場所に追加で苗を植え付けです。

 006.JPG

今昨年暮れに植えましたキャベツが収獲終了近くになってきましたが、今年3月に春キャベツを植えました苗が玉まきへ進んでいます。

007.JPG

こちらは5月半ば、後1ケ月後には収獲出来るサイズになりますね。

その後は、さらに3週間遅れで植えました苗が有りますから今回植えましたキャベツの収獲まで途切れることなく収獲が出来ていきます。

22日の菜園作業は、トマトの植え付け(別記事で紹介です)と鍬を使った作業を行いました、額に汗を流しながら。

先日荒起こし後、牛糞堆肥をばら撒きした跡で雨にぬれた為、様子を見てましたが起こせると判断で。

002.JPG

鍬で起こしましたが、まだ湿り気が強いのでもう少し土が乾燥するまで仕上げは待ちます。

012.JPG

お次は、生姜金時の種イモを植えます畝作り。

ネギを終わらせました場所を使います。

牛糞堆肥、粘土石灰を梳きこみ仕上げて起きます。

003.JPG

肥料が馴染みますまで生姜は別の場で埋めて起き、芽出しを行っています。

午前の作業を終えて帰りましたら、またまたいつの方から山菜のこごみが届いていました。

008.JPG

一部新鮮なうちに夕方の食卓に上がりました。

昨晩改めて週間天気予報見ましたら、なんと今の所雨マーク無しが続いてます。

漸く春本番の陽気になり、野菜作りにベストな時期がきました。

今日は延期していました、落花生の種播きを行います。


22日  菜園作業 [野菜作り]

21日早朝から明るい太陽が出てきました。

久し振り的な間隔です。

夕方のTVニュースで盛んに4月の日照時間が例年比べ大幅に少ないと。

東、西日本で55%前後の数字での日照で野菜の生育に大きく影響で高値になってると。

野菜ばかりに影響出はなくソーラー発電にも発電力不足が出てるとも言ってました。

MY菜園でもその傾向が表れています。

21日は、前日の雨の影響で土は湿り気が多く耕しは出来ませんので見廻りながら、大根の残り間引きを致しました。

 009.JPG

005.JPG

先程も日照不足の影響が出ていると書きましたが、エンドウに表れています。

花は咲きますが、実の太りが遅く一部はやっと収獲で量は少ないです。

005.JPG

011.JPG

今日からの気温上昇で週末頃には多く収獲が望めますね。

種播きからの春菊、本葉が出てきました。

 006.JPG

芽欠き後のジャガイモ成長が著しく良くなりました。

010.JPG

2時間ほど経ちますと土も乾き始めましたので、小松菜の間引きを行いました。

005.JPG

収獲品は、間引き大根、実割れのキャベツ、新玉ネギでした。

003.JPG

昼食後、3時間ほどブログ時間、その後もう一度出掛けて1畝分鍬で耕して準備を行いました。

金時生姜を植えます畝作りです。

お話し変わり、20日雨の中菜園見廻り中にこの鳥の鳴き声を聞きましたので、田圃周辺を探索で漸く見つけました。

出逢いは1年振り本当に出逢いが少ない鳥、ケーンケーンと鳴いてくれます。

近くに寄っても逃げませんのでしばらく写真撮影が出来ました。

020.JPG

022 (1).JPG

026.JPG

030.JPG

033.JPG

雨の中ですから人は私だけ、雉は田圃から道路を横断していきます。

一時停止、右見て左見て人車無しGO。

038.JPG

042.JPG

また田圃へ入って行きました。

050.JPG

警戒心が強い雉と思ってましたが意外と悠然の構えに思わず写真を多く撮りました。


21日 菜園作業 [そら豆]

 昨日20日は二十四節気のひとつの穀雨でしたが普段であれば恵みの雨として喜びたい所ですが、結構風、雨共に強い1日になりました。

昨日のコメントで雨風の被害をご心配頂いた皆さんに報告と思い朝早く菜園に出掛けましたが御蔭さまで被害もなく済みました。

ご心配頂きました皆様ありがとうございました。

今朝は快晴の朝ですが菜園は水分過多状態で、昨日の雨が恵みであれば野菜たちはどんどん成長しますが、過多では根を傷める危険性も、湿気でのカビも出ますね。

特に明日からの気温上昇が引き金に成らぬよう願いたい物です。

今日はそら豆の記事ですが、そら豆の周囲をヒもで補強しておりましたので強い風に茎の高い物も倒れることなく済みました。

19日の菜園作業から、そら豆の茎先端の芽欠きを一部ですが行いました。

4月7日時点では茎には花房が6,7段ついてました。

041.JPG

その後、さらに茎は育ち高さが1m越えも出てきましたのと花房も8,9段と増えましたので芽の先端部をハサミでカット(芽欠き)します。

001.JPG

この芽欠きを行いますと成長点が止まり地中からの栄養源を花房に廻します、それでそら豆の実を大きく育てること

ができます。

002.JPG

003.JPG

左のそら豆は生育が遅れ気味とは違います、品種の違いから苗の大きさが違ってます。

左小振りは一寸そら豆、右は河内一寸そら豆、当然豆の大きさも違ってきます。

013.JPG

茎にできまし花房の1,2段側は花も黒く枯れ実が出来てます。

実が育ち大きくなりますと頭を垂れるにはまだ一ケ月程は掛かりますね。

お次は、豆類の種播き1番手。

今年菜園で作ることにしました豆は大豆、インゲン、小豆で、豆と言いますと、大豆昨年沢山収獲できました。

今年も勿論作りますが、少し大きめの茶色の豆で本金時と言います。

019.JPG

煮豆とか甘納豆で頂くと美味しい豆です。

インゲン豆の様に途中で収獲で頂けますが、本金時は小豆の様に最後まで畑に置いて育てます。

19日翌日の(20日の)雨を利用する為に畝を準備ずみ、金時豆の発芽温度は20℃以上が適温とする為その地温を上げる為に透明マルチを張ります。

005.JPG

トウモロコシの発芽に使いましたマルチフイルムの再利用です。

1穴に豆3個播きます、その上にカラスや鳩に豆を食われないように発芽まで不燃布を掛けます、勿論不燃布は別の役割を持ってます、土の乾燥を抑止するダブル策を採りました。

 014.JPG

20日朝方9時台は小雨でしたので菜園に見廻りへ。

消毒しております玉ねぎの様子。

幾分先端が枯れ気味ですが、茎全体は持ち直し気味と思われます。

 008.JPG

極早生の玉、マルチ穴大に太りました。

007.JPG

19日に7個収獲しました小振り玉ねぎを間引きしました蕪と一緒に奥さんが煮てくれましたがどちらも甘く柔らかく美味しい事。

やはりいつも採りたてをいたきますので美味しいです。

同じユリ科のニンニクは、

002.JPG

今年2月植え付け中国産植え付け片が小さい為、茎自身も細めのニンニクです。

昨年10月植え付けニンニクは葉の先端部枯れが気に掛かりますが、お天気の良い日に葉などを嗅いで見ますとニンニク臭がします。

青森産ニンニクの出来は良いとみてます。

003.JPG

今朝の収獲品は、エンドウ3種。

001.JPG

今日は午後から菜園に出れそうです。


20日  夏野菜 [野菜作り]

またまた雨になってます今日20日です。

夏野菜作りを17,18日に掛けて作業を進めていました。

先日種イモを植えました里芋の畝を黒マルチフイルムで覆いを掛けました。

植え付け時にはフイルムが足らなくなり1畝分だけ張りましたが、購入で3畝を覆う事が出来ました。

023.JPG

004.JPG

真中の畝には、里芋と生姜の混食栽培を今年は始めてみました。

トウモロコシの苗を植え替えしました。

種播きは3個で初芽しました苗を使い、当初の株間の間に追加しての植替えです。

020.JPG

丈夫な苗です。

 021.JPG

今回の植替えで1株間は20cmと狭くなりましたが、株間を狭めて風に対する抵抗を高める事が目的。

株数が78株と今回は増えましたので、毎年実は2番まで育てていますが、今年は1番だけにする予定。

イチゴの様子、昨年はこの時期には収獲してましたが、苗を交代させましたのでまだです。

宝幸早生ですが、昨年秋に植え付けた後冬の間に一度花が咲きましたのでその後の生育が遅れ気味でしょうかね。

037.JPG

018.JPG015.JPG

知人さんから頂いた苗、実は大型の実になります、株全体も大型イチゴ。

016.JPG

040.JPG039.JPG

収獲は5月初め頃には出来るのかなと思ってます。

雨の中、ブロッコリーに花が咲きました。

012.JPG

田圃起こされていますが、蓮華の花見つけました。

051.JPG


19日 南瓜(江戸崎)植え付けました。 [南瓜]

MY菜園の記事になります。 

18日は1日良いお天気でしたので、遅れ気味の菜園作業をどんどん進めました。

作業は順次記事に上げていきます。

今年も南瓜の江戸崎を作ります、種は昨年作りました物から種を保存して置き今年ポットに蒔いた苗です。

 009.JPG

本葉も揃い至って元気な苗を選びました。

010.JPG

植えます場所は、東側のキャベツをいまだ植えてます畝の中に、一時的に混植栽培致しました。

DSC00984.JPG

3株を植え付け致しました。

まだ遅霜が降りる危険性もありますので、キャベツ畝では蝶の侵入を防ぐために寒羅紗ネットを掛けていますので保護は出来そううです。

今年も例年の時期に苗を植えつけれましたので美味しい江戸崎南瓜が出来ます。

次は、先日延期しました青梗菜の間引きを致しました。

種からの初芽が順調で沢山の芽が出ましたから密植の為、徒長気味の青梗菜。

 007.JPG

間引き菜ですが比較的茎が揃った物を持ち帰り、これを茹でた後に鰹節を掛けて食卓に。

孫も食べてくれました。

野菜たちの様子。

ほうれん草2回目の種播き後の今、本葉が育ち始めて見た目でもほうれん草と分かる状態になりました。

DSC00983.JPG

1回目は昨日、残りを収獲しましたので終了です。

 022.JPG

牛蒡は間引き後、1週間経過でこちらも本葉が牛蒡の葉と分かるようになりました。

DSC00982.JPG

午前中の作業を終えて帰宅しましたら、注文しましたミニトマトの苗と金時生姜が届いてました。

これらは、明日以降にMY菜園に植え付ける予定です。

 011.JPG

今日はもう朝から雨になりましたがちょっと菜園に出掛けてきました。

菜園を見廻りますと、つまみ菜(かき菜)に花が咲きました。

008.JPG

黄色の小花綺麗ですね。

009.JPG

つまみ菜もそろそろ終盤に、後の予定が有りますので終了にする予定です。


18日 玉ねぎの病気その後 [玉ねぎ]

17日朝方まで雨が残り、9時過ぎには上がりましたので10時半に菜園へ様子見です。

12日に玉ねぎの葉に病気『灰色かび病』の消毒後確認。

消毒薬を散布後は、13,14,15日は雨ばかりで16日は晴れましたが夜間雨の恐れがありましたので覆いのビニールは掛けたままにしておりました。

17日の朝新聞を見ましたら岐阜県に『灰色かび病』の発生があり、注意予報が出たと有りました。

メインはトマト、イチゴのハウス栽培で発生したと。

原因は、私の玉ねぎと同じく、4月初めからの長雨と高温での湿度でカビが出始めた事です。

やはりこの時期には出やすい病気なんですね。

で菜園に着きビニールフイルムを剥がしますと、病気に侵された葉にはカビが付いて黄色に退色しておりました。

早速、ハサミで侵された葉を切り落として行きます、成長に大切な葉を切る事は忍びませんが、これ以上の拡大防止には欠かせません。

病気に侵された葉を切り落とした玉ねぎたちです。

葉の色相に濃さが違いが有りますね。

DSC00966.JPG

DSC00967.JPG

DSC00968.JPG

別畝になります。

DSC00970.JPG

DSC00971.JPG

DSC00972.JPG

今回侵された玉ねぎはどちらも泉州中黄高玉ねぎです。

3列の畝の真中は、極早生と早生の赤玉を植えてますが、意外とカビには侵された株は少ないです。

DSC00973.JPG

DSC00969.JPG

切り落としを済せ、2回目の消毒を行ないました。

今回は入念に霧状の散布を3回繰り返して消毒、他の場所の玉ねぎにも予防的に散布を施して起きました。

次回のチェツク様に写真撮影で残します。


17日  水車 [大洞すずろしの里]

16日は朝から今年初の芝打ちに出かけてきました。

遊びに行くには勿体ないくらいの晴れ模様、これも平生の行いが良いのか。

で菜園はお休み。

そこでちょっと古い写真の紹介、3月20日の里山での水車です。

DSC00121.JPG

前日の雨で水量が多く流れていましたので水の動き、回転を楽しんで見ました。

カメラのSS値を変えて水車の回転を見てみました。

羅列になりますので宜しく。

DSC00083.JPG

SS:1/40で、次はss:1/4000です。

DSC00084.JPGDSC00086.JPG

SS:1/4000

 DSC00089.JPG

SS:1/1600

 DSC00091.JPG

SS:1/800

DSC00091.JPG

さらにSSを落としてSS:1/20

 DSC00101.JPG

SS:1/10

 DSC00103.JPG

SS:1/6

DSC00105.JPG

お遊びラストSS:1/4000。

DSC00109.JPG

DSC00110.JPG

DSC00111.JPG

今日は朝方まで雨ですが、今週の月暦で見ますと、定植、種播き一番適した週になっていますので土、日曜日はお天気になりますので遅れ気味の菜園の落花生の種播き、青梗菜の間引き等を一気に行いたいと思ってます。


16日  ジャガイモの芽欠き [ジャガイモ]

昨日は、ちょっと驚きの天気が有りましたが、午後からは風少し出ましたが太陽も出てくれましたので菜園のジャガイモの芽欠きを致しました。

発芽しましてから約3週間経ちましたので。

中には、まだ1週間目と遅い芽が有りますが。

 004.JPG

1個の芋を丸ごと植え付けしますと多いと芽が5~7個の芽が出てきます。

MY菜園は男爵、メークイーンは半部に切っており、北あかり、アンデスレッドは丸ごと植えてます。

芋に出ました芽の強い物を3本を残す3本立てを私は実施しております。

005.JPG

不要な芽を欠きましたので少しはすっきりしましたジャガイモ達です。

 006.JPG

芽欠き後は、芽の状態を見ながら追肥を与える予定です。

芽欠きではありませんが、大根の2回目の間引きを7本だけしました、目的は太り具合の確認とおつけ物にしたい為で。

007.JPG008.JPG

間引きしました大根、一夜漬けには丁度良い出来です。

これを3回ほど繰り返します。

2回目の大根は2葉で生育中。

014.JPG

こちらも、あと2週間もすれば1回目の間引きとなります。

同じ時期に種蒔きしました、水菜少しは水菜らしく葉が出てきましたよ。

015.JPG

スイスチャードの茎の色、色々な色に。

016.JPG

赤、黄色、緑等が出来ますね、スイスチャードは虹色の茎が出来るとか、楽しみです。


15日  ハウス玉ねぎ終了 [玉ねぎ]

毎日毎日雨が降り続く今日ですが、午前中で雨は止むようです。

雨の昨日は簡易ハウス内で早期収獲を目指して栽培していました極早生品種のサラダ玉ねぎ全てを採り上げました。

総数80個でしたがすでに自宅用、お裾分け様と何度も収獲した結果残り少なくなり玉ねぎの茎もすべて倒れましたので終了すべく収獲いたしました。

 005.JPG

不要な茎を切り、箱に詰めて持ち帰りです、多少大小は有りますが。

001.JPG

仕上がり玉が小さい物は昼食時に煮物で頂きましたが甘く美味しい玉ねぎでした。

簡易ハウス内にはまだ早生品種の赤玉ネギが30個程有ります。

先回紹介時より玉の生育が良くなり茎との境の腰が出来てきました。

002.JPG

簡易ハウスで終了しました極早生の露地栽培での玉ねぎも一部茎が倒れて出来上がりつつありますが、ハウスと比べますと玉の仕上がり度が小さいですね、明日以降の気温が高くなるので一段と玉の成長を期待ですが

004.JPG

本日持ち帰りの玉ねぎが無くなりますとこちらを収獲することになりますがどこまで大きくなりますやら。

玉ねぎを収獲したので、ハウス内の空いた場所に自宅で育てていました野菜苗を運びこみ致しました。

007.JPG

南瓜、キュウリ、キャベツ、メロン苗です。

江戸崎南瓜の苗は大きくなり植え付けスタンバイです。

小雨の中傘を差しながらの収穫品はかき菜(つまみ菜)とブロッコリーです。

003.JPG006.JPG

この日の収獲野菜は名古屋の姪っ子に、雨が止みかけた時間に収獲しました筍と合わせて春の野菜便を送りました。

追記記事。

10時半過ぎに太陽が覗きましたので菜園に見廻りへ。

所が菜園についてしばらくしますと西から怪しい雲がでてきました。

しばらくしますと、雷がそれと同時に雨、さらにひょうが降りましたよ。

 001.JPG

002.JPG

003.JPG

短時間の出来事でしたが、久し振りに雹が降るのを目撃出来ました。

この後は明るくなり太陽が出てきましたのでお天気は回復、明日もね。

でもまた金曜日は雨です。


14日 夏野菜作り [野菜作り]

雨です、今日も。

4月に入っても太陽の光が十分頂いてません。

夏野菜の準備として、12日に苗と芋を植えました。

まず苗はピーマンです。

今年は、万願寺とうがらしをメインに同じジャンボと普通のピーマンの苗を購入して。

010.JPG

万願寺唐辛子は、昨年作り家族に好評のピーマンです。

早速畝準備をしていますので1列7株を植えました。

まだ寒さも出てきますので、苗屋さんのアドバイスもあり苗を守るため、不燃布で覆いと苗に花が咲いていましたので、花を取り除き植えつけです。苗が倒れないように支えを付けて。

013.JPG

次は里芋と生姜の植え付け。

里芋は3月に種イモを購入して、一時土の中で芽出しをしておりました。

掘り出しますと、可愛い芽が芋から出ています。

今回は、里芋と生姜を同じ畝に植え付けます、この情報はタキイの雑誌で知りました。

生姜は毎年夏場に頂く甘酢がメインの金時ですが今回は大生姜を植えることに。

011.JPG

012.JPG

里芋こちらの畝に種イモを植えました、芋は地元産です。

芋と芋の間に生姜を植えてみました。

この方法は、里芋の大きな葉っぱを利用してやや日陰を好みます生姜の成長を補助する方法とかで。

狭い菜園の有効な面積利用策ですね。

昨日、パソコンでサクランボがでました。

無題.jpg

我が家のサクランボの木、今年は無くなり花も実も楽しみが出来ません。

昨年秋に奥さんが処分してしまいましたので、残念です。

毎年咲いてましたが土への直植えは許さない奥さん。

庭先に実のなる木を絶対植えない考え方をする奥さん、今一理解できない私[ふらふら]


13日  昨日は1日菜園作業 [野菜作り]

今日から又雨が続きます。

その為、昨日はまる1日掛けて菜園作業を致しました。

朝9時前に菜園へ出向き玉ねぎの様子見、ダメでしたね進行でした。

昨日の記事にも書きましたが、ホームセンターで消毒薬を購入して玉ねぎの葉に噴霧器で散布しました。

葉をよく見ますと至る所で、退色、さらに白い粉が目立ちます。

炭素病その物です、薬剤散布ですが、雨水に流されてしまいますので急遽夕方にビニールトンネルを掛けました。

001.JPG

直接雨が当らないようにと。

昨日の作業、遅れ気味の土起こしやら、苗の植え付け、種イモの植え付け等、さらに間引き作業も行いました。

土起こし、畝作りはこちら。

今年からお隣Kさんが菜園をお止めになりますので、一時先行借り受けで作らせて頂くことに。

009.JPG

畝数6畝作れます、これは有りがたい事。

これを見越して夏野菜の種類と量を増やしてます。

取りあえず、大まかに畝を作り上げておきました。

昨年秋から使用されていませんから、土への堆肥や消毒も必要になります。

予定品種は、サツマイモ、オクラ、菜物を考えております。

間引き作業は、ニンジンと小松菜の一部で。

ニンジンはここまで成長ですが込み込みです。

021.JPG

1回目ですから苗と苗の間は5㎝に開けての間引き作業、全体を間引きましたらこの量が出ました。

022.JPG

種播き、発芽の約7割は間引きになりましたね。

間引き後は、少し余裕が苗間に出来てます。

023.JPG

次回は1ケ月後位を予定。

間引きニンジンで天婦羅が頂けるサイズごろに。

小松菜、青梗菜もニンジンと同じく込み込み状態です。

小松菜は3条ありますが、今回は1条のみ間引き、これだけでも結構な量になります。

006.JPG

間引き菜はいつものように持ち帰り茹でてお浸しで頂きます。

その為青梗菜は12日は間引きは致しませんでした。

007.JPG

苗と芋の植え付けは記事は明日へとさせていただきます。

自宅の花の様子。

ブルーベリーの花が咲いていました。

011.JPG

012.JPG

チュウリップ1輪ですが咲きました。

013.JPG

ボタンは蕾が大きく膨らんできてます。

014.JPG

今年は昨年の様にまた銀色の黄金虫が飛来して花を傷めるのか心配があります。

松の芽も伸びてきました、テントウ虫が何かを食べtれます。

016.JPG

こちらも新芽が出てきましたね。

015.JPG

庭先のプランタ栽培のエンドウの花が咲き実が出来てます、菜園より先に収獲出来ますね。

010.JPG

今日の朝ですが、野菜雨に濡れますと緑が濃く見えます。

004.JPG002.JPG


12日 やはり進行した [玉ねぎ]

昨日11日に気になります玉ねぎの様子、午後に見に行きますと一段と悪化へ進行中。

丁度2年前から出始めた病気、http://sawatari-yasai.blog.so-net.ne.jp/2013-04-12

奇しくも同じ時期とは、残念です。

その様子ですが、8日はこの様に葉の色がやや気がかりでした。

027.JPG

 しかし11日の午後には、ここまで進行です。

024.JPG

葉が退色萎れ気味、原因は、『灰色かび病』と思われます。

先週からの雨続きと11日の高温が重なり多湿で病気が一気に進行したよううです。

今回も早速薬のベンレート水和剤を購入して消毒を致します。

と有ことで、今朝9時半ホームセンター開店と同時に入店して薬を購入。

 002.JPG

薬は粉状の為、噴霧器に水を入れ溶かしてネギの茎、葉に散布致しました。

001.JPG

昨日と状況はほぼ変わりませんが、何とか薬の効果で蔓延しない事願うばかりです。

004.JPG003.JPG

明日からの雨で散布した薬が流れますので急遽夕方にビニールトンネル掛けを追加しました。

雨開け後の木曜日にもう一度散布します。

その後1週間様子を見ながら進めていきまが、一昨年、昨年と持ち直しましたので今年も持ち直しを願いばかりです。

昨日又収獲した筍です、山筋を見ましたら結構上に伸びてましたので鍬を担いで掘ってきました。

 025.JPG

今朝のスーパーのチラシで見ましたら1個300円程でしたね、食費少し浮いたかも。

でも薬代の方が高いです。


11日  野菜の苗 [野菜作り]

夏野菜様の苗をと3月初めに手掛けました。

種播きは3月7日からスタート、1ケ月経過しました苗作りですが、かぼちゃとキュウリとキャベツは普段通り、メロンはスロー生育気味ですが何とか畑に植え付けれそうなでき具合。

南瓜の苗です。

011.JPG

江戸崎南瓜、本葉も出てきました。

012 (1).JPG

この状態を見ますと菜園に植え付けが今週には出来そうですね。

もう1品種の宿難系の長かぼちゃはまだまだです。

002.JPG008.JPG

キュウリは本葉が伸び始めてますがまだまだ時間が掛かりそう。

006.JPG020.JPG

キャベツ、ブロッコリーの苗は本葉が3、4枚になりました。

004.JPG018.JPG

005.JPG019.JPG

メロンの夕張です。

003.JPG

本葉が伸び始めてます。

009.JPG

プリンスメロンは、遅れてますね。

007.JPG

各ポットに種蒔きしてから1ケ月経過ですがやはり温度を高める所で生育を促さないといけません。

来年は苗作り簡易ハウスを設けることにしないといけませんなーー。


10日 山彦&畑彦? [地域]

昨日は毎年この時期に山菜を頂ける方から、今年も春の芽ぶき山菜を頂きました。

今回は、ふきのトウと山ワサビの茎、葉を醤油付けされました物を頂きました。

フキノトウは先日も頂いたばかり、その時は天婦羅で頂いてます。

013.JPG

この方は、ご自分の生まれ故郷へ山菜採りに毎年春、秋に出掛けられています。

毎年春に頂くのは、フキノトウ、蕨やタラの芽、コシアブラ、筍等と種類も豊富。

さらに山ワサビの醤油付け、これ私の好物で暖かいご飯に乗せてツーンと来る味が最高です。

014.JPG015.JPG

この山ワサビ、今年は不作だと原因は日本鹿の増加だそうです。

毎年自生してる場所に今年は殆んど無かった、茎、根をこの冬期間に食べた様です。

日本鹿の増加は山林被害や山菜にもあらわれてきました。

今回は貴重となったお漬物です。

頂き物にはお返しですが、いま野菜物ではこの新玉ねぎが旬になりますので午前中に収獲したばかりのこちらをお渡し致しました。

010.JPG

そして、玉ねぎとサラダで食べて頂けるようにサラダ菜も。

012.JPG

頂いたり、さしあげたりできる地域の皆さんとの繋がりです。

4月になった地域にはこの鳥イカルまだ残ってます。

005.JPG006.JPG

餌を啄んでいました。


9日  ひと雨毎の野菜たち [野菜]

今日は、ちょっと晴れ間が出てきました。

相変わらずの寒気団の影響で気温も低めがまだしばらく続きますが。

そんな中でのMY菜園の野菜たちの今は。

春もの野菜の種まきから次々と野菜が芽生えて育ち始めてます。

2月に今年最初に種まきのニンジン1ケ月半経過です。

024.JPG

 ニンジンはまだ間引きを行っていませんので間引いてあげなければいけませんね。

3月に種まきの春大根 、間引き後株間が10cmあいてますが込み合いです。

020.JPG 

もう少し時間をおいて株間を開ける事にします、そうしますとまた一気に大きくなり間引き大根は煮つけにも使えますね。

ジャガイモ種植え付けから1ケ月半経過、発芽も伸びてきましたが、種イモ逆さ植え付けですが芽出しには差が出てます。

DSC00768.JPG

 男爵、メークイン、北あかり、アンデスレッドがMY菜園に入ってます。

021.JPG

 小松菜、青梗菜も気温上昇に伴い、成長。

022.JPG

間引き時期になってます。

3月末に種蒔きしました、春大根の2回目です。

 018.JPG

菜物で7色茎ができますスイスチャードですがまだ芽小さいですね、どんな茎色になるのか楽しみです。

019.JPG

エンドウにも皆さんと同じように花が咲きましたよ。

016.JPG

スナップエンドウに、絹さやです。

絹さやの花は紫色で咲きます。

032.JPG

エンドウは4月20日頃から絹さやが収獲出来そうな気配です。

収獲と言えば、今はブロッコリーの脇芽がどんどん出てきましたので2日1回の収獲。

033.JPG

036.JPG

そして蕪の2回目間引きです、こちらも一夜漬けで頂きます。

035.JPG

今月には、まだまだ種播きしたい物がありますが何せ雨模様が続き土起こしが出来てませんので進みません。

陽気のよい日が続くのは来週半ばの様ですね。

一雨でとの成長では今が旬の筍が出てきましたよ、菜園前の山に。

DSC00820.JPG

つるはし担いで収獲で頂きました。筍見えますかね。


8日 今年も新物で [玉ねぎ]

今日も朝方まで陽気はよくありません。

太陽をまともに拝むことは出来ません、曇りがメインで雨も降ります。

昨日、午前中少し雨が上がりました時間に菜園に出掛けて様子を見てきました。

特にこの時期に新物を頂く目的で栽培を一昨年から始めています簡易ハウス内での玉ねぎ栽培。

スパー等も新玉ねぎを目玉で扱ってますね、現在こちらでは愛知産ですが、早い時は鹿児島、浜松産等。

特に浜松産はホワイト玉ねぎ等で販売が早いです、この情報をTV番組で見てからが動機でした。

今回は、極早生玉ねぎを種から育てて栽培しています。

種播きは一昨年より3週間遅れましたので収獲も昨年より当然遅れ気味、でも3月末から収獲を始め4回ほど30個収獲。

DSC00823.JPG

自家用に、お裾分け用にしております。

ここ2,3日の様子ですが玉の太り具合が一段と良くなりましたね、気温も15℃以上に上がりましたので。

015.JPG

玉も拳大へ、

014.JPG025.JPG026.JPG

収獲サインを示します、茎の倒れも多くなりました。

メインはハウスですが、露地栽培もしております。

028.JPG

玉太りは露地物子供の拳大ですが茎の太さ、葉の色合い等とてもハウスには無い物、これがハウスとの違いですよ。

同じハウスで早生の赤玉ねぎを栽培してますが、まだ玉上がりはしていませんが茎は太いです。

017.JPG

露地物はこのサイズ、マルチの穴の大きさと茎の太さを見比べて頂くと写真でも判別できると思います。

023.JPG

路地の大玉ねぎの現状の様子、3畝から。

027.JPG029.JPG030.JPG

順調に見えますが、一部の葉の色具合緑の濃さが足らない苗も見受けられる事が気がかりで、一昨年、昨年と連続で葉に病気が付きましたので色には神経を使って観てます。

今年も残念ながら病気の苗が発生しましたので早目に抜き取り処分をしています。

毎年植え付け時期は同じでも肥料の効き具合の差が育ちの差に表れたり、根腐りで消えた場所も出てきます。

この様な現状ですが、収獲目標数800個は達成したいです。


7日 桜も最後かな [中将姫誓願桜]

6日また朝方まで雨模様、良く降ります。

小雨模様の中、桜の様子をまた観に行きました。

散歩を兼ねて墓地公園を廻りながら。

公園途中で椿の花を。

 DSC00785.JPG

坂を登り桜並木を狙ってみました、桜は満開を過ぎて散り始めてます。

DSC00786.JPGDSC00787.JPGDSC00788.JPGDSC00789.JPG

後方の山並みに雲海気味の霧が出ています。

DSC00790.JPGDSC00794.JPG

ツツジとさくらのコラボ。

DSC00797.JPG

目的の桜、中将姫誓願桜満開です。

6日には、桜を観る為に観光バス4台が、京都、名古屋ナンバーでしたね。

DSC00803.JPGDSC00805.JPGDSC00808.JPG

見学の御客様も雨に濡れた桜を見て又違う印象でしょうね。

晴れであれば一番良かったのに。


6日 我が故郷の桜は [桜]

桜シリーズは私が育ちました故郷の桜を久し振りに見に行きました。

当日4日は中学同級生の集まりで恩師の先生も参加頂ける食事会が地元で開催がありましたので合わせて観桜へ。

食事会は2時間程、その後は10名で学校跡地に出向いて昔を懐かしんできました。

中学を出ましてからもう55年、今は廃校でグランドだけが残ってます。

当時は木造校舎、グランド側には沢山の桜が咲いていましたが立て直しで木が伐採され数本が残ってるだけ。

でも時期は満開でしたよ、新しく植えられた木蓮も満開。

その後は1人で昔の桜名所,おっと今もですが美濃市の小倉公園へ出掛けて桜見物です。

 021 (1).JPG

駐車場に車を止めて公園内へ、屋台も出てますが桜は少ない感じ、そうですよね55年も前のあの壮大な桜も年数がたてば老木になり伐採整理で少なくなってますから。

019 (1).JPG018 (1).JPG

今はこの様な物が立てられています。

009 (1).JPG

城を模造したよううですが。

同じ模造の展望台が山頂にありますので一度見学と昇ってきましたが、坂道が長く一息入れながら到着。

016 (1).JPG

010 (1).JPG

最上階に昇り周囲を見ましたがさすが市内一望できますが、お天気曇りの上、霞では絵になりませんのでカット。

帰り道、匂いに誘われてこれは外せません、豆腐の味噌でんがく、里芋の味噌でんがくを求めて自宅への御土産に。

017 (1).JPG

公園内には桜見物の方々見えてますが、やはり桜の木が少なく見応えが足らない現状では少ないお客様数でした。

時代の流れでしょうか、町並みはうだつのあがる町として、特に和紙では有名な美濃市ですが。

情報は、こちらで見られます、http://www.minokanko.com/

今週末11,12日が美濃祭りで、花御神輿が出ますよ。

子供の頃は前日は八幡神社の山車、翌日は花神輿をよく観に出掛けてました。

今は、御神輿が11日、山車は12日の様です。

10161633.jpg(美濃市観光協会から借用)

和紙で作られた桜の花でも有名です。

うだつがあがる町並みを御神輿が錬ります。


5日 雨上がりの花と露 [花]

先週末から日替わりの御天気メニューです。

昨日は朝方は太陽が出ていましたが午後からは曇り、さらに夜は雨となり、その為皆既月食は観られませんでした。

その4日朝の事、雨上がりで庭先の花や葉に水滴が沢山ついていましたので写真を撮りました。

薔薇の新芽葉に。

DSC00755.JPG

ボタンの蕾や葉にも。

DSC00765.JPG

プランター栽培のエンドウにも。

DSC00757.JPG

さらに庭先の花たちにも。

DSC00759.JPGDSC00760.JPGDSC00763.JPGDSC00764.JPGDSC00756.JPG

3日のTVで放送されました中将姫誓願桜の開花状況の確認へ出掛ける途中の田圃で。

DSC00770.JPG

日差しが強く差したの水蒸気が昇ってました。

願生寺に着きますと、前夜の雨で桜が満開に近い8分咲きまで進んでいました。

DSC00772.JPGDSC00773.JPG

今回も花をズームで見てみます、ついてましたね露が。

DSC00775.JPGDSC00777.JPGDSC00776.JPGDSC00778.JPG

2世桜の花にも。

DSC00781.JPGDSC00780.JPG

帰り途中で知人さんの菜園に寄りましたら咲いてますチューリップにも水滴が。

DSC00783.JPG

以上写真の羅列でしたが中将姫誓願桜は満開になりました。


4日  花 [散歩]

4月に入り早々に菜種梅雨でしょうか。

昨日も雨でした。

2日の散歩の続編、中将姫誓願桜を見た後は、市営墓地の中へ入り、ソメイヨシノ、枝垂れ桜を見てきました。

場所により桜が満開もあればまだ5分咲きとまちまちの開花状況でした。

境内をでて、墓地公園への上り口でピンクのシデコブシを発見。

DSC00729.JPG

白色のシデコブシはよく見かけますがピンクはここだけかな。

坂を登り切りますと毎年綺麗に見えます一角のソメイヨシノ、今年も満開近しでした。

DSC00728.JPG

近くの枝ではヒヨドリが花を啄んでます。

DSC00726.JPG

こちらの斜面の桜も見頃です。

DSC00724.JPGDSC00725.JPG

枝垂れ桜はまだ5分先かな。

DSC00721.JPG

DSC00722.JPG

墓地内には桜以外でツツジも植えてあり今5分咲きです。

DSC00718.JPGDSC00719.JPG

公園を出てから、今まで散策に行った事が無い場所へ足を伸ばしてみました。

こちらにも桜がありましたが品種分かりません。

 DSC00744 (1).JPG

さらに奥へと進みますと、小屋の中で木が伸びて枝が外にはみ出してます、この状況を見ますと廃墟されてからの年数経ってますね。

以前は養豚場と養鶏場でした。

当地に住居を構えてから40年なりますが、このような所知りませんでした。

奥さんに話しますと良く知ってます、やはり会社勤め人間は近所に疎いですね。

 DSC00742.JPG

さらに奥へ100m進みますと道筋に猪がミミズを食べた餌場がありましたので、昼間遭遇は無いと思いつつも引き上げです。

人家まで500mの地点で。

DSC00741.JPG

猪と言えば昨年12月の墓地公園展望台付近で足跡を見つけましたが、やはり近くに住み着いている様です。

近くに畑で野菜作りされてますがまだ被害が出たとは聞きませんので、住宅地には出ていない様ですが。


3日  今年もこの桜を [中将姫誓願桜]

2日朝に地元の『中将姫誓願桜』の今年の様子を見に行ってきました。

ソメイヨシノより遅く咲きます山桜です。

31日に奥さんが孫と見に行った際には、咲きかけた蕾があったと話してくれていましたので、1日の雨で少しは花が咲いたのではと。

* 桜は、中将姫誓願桜(ちゅうじょうひめせいがんざくら)といい岐阜県岐阜市大洞にある願成寺境内にあるで、ヤマザクラの変種である。同種の桜は確認されておらず、プルヌス・フロリドラ・ミヨシの学名が与えられている。樹齢は1,200年程度とされており、平安時代初期に中将姫病気の治癒をこの寺で祈り、平癒したためにこの桜を植えたという伝承があり、今でもこの桜に祈ると婦人病に霊験があるといわれている。1929年(昭和4年)に国の天然記念物に指定された。樹高8.1mで幹径150cm、20~30弁の花弁を持った淡い桜色の花を咲かせます。

IMG.JPGIMG_0001.JPG

今年の観桜会は12日になってますが、少し遅いのではと思いますが、日曜日が開催日と恒例の様で変更は無いようです。

昨年の記事は、

http://sawatari-yasai.blog.so-net.ne.jp/archive/c2304760867-1

2日の桜の様子、近くから観ますと蕾が膨らんで色ずいています。

DSC00739.JPGDSC00738.JPG

境内に入り近づいて見ますと、花は咲いてます。

老夫婦の2人が大砲カメラで咲いてる花を撮影中でした。(良いカメラをお持ちでね)

DSC00732.JPG

私も花に近づいて。

DSC00733.JPGDSC00734.JPGDSC00737.JPG

花は薄ピンク色、花弁も多い桜。

今年も咲きました花の花弁は原木は20~30枚の花弁があります。

ここで原木と書きましたが、こちらには直系2世桜があります。

昨年の写真から

m_026-53e11.jpg

宇宙帰りの種からの育ちました木、今年5年目で昨年に続き花が咲いてます。

DSC00730.JPGDSC00731.JPG

親木より開花が早いです、さらに花弁の数も少ないです。

同じ境内のソメイヨシノは満開近くなってます。

DSC00740.JPG

道筋の桜も咲いていました。

DSC00743.JPG

DSC00746.JPGDSC00745.JPG

当地の桜は、後2日ほど数段咲き揃って綺麗に見えます。

この後の御天気雨・曇りが続きますがもう一度撮影に出掛けてご紹介出来ますね。

追記:先程地元東海地域のTV、CBCの生放送でこの桜が中継されてました。

DSC00752.JPG

昨日より開花が進んでいますね。


2日 菜園新玉ねぎ [野菜作り]

4月に入りました菜園ですが、昨日は雨の為作業は出来ませんでした。

そこで31日の菜園の様子から。

今年初物、新玉ねぎを収獲しました。

昨年は3月の半ばで収穫でしたから、今年は半月遅れで。

078.JPG

ここしばらくの暖かさで玉の太り具合も良くなりましたから、早速夕食時の天婦羅に、そしてこちらも収獲。

079 (1).JPGネギ坊主、少し苦みがあると思ってましたが天婦羅で頂いたら美味しい物でした。

種播きしましたトウモロコシの芽出てきましたよ。001.JPGここに種3個入れていますが全て発芽。

やはり透明マルチと保温ネットの効果てきめんです。

サラダ牛蒡の苗、間引きしました。002.JPG間隔まだ5㎝ですから本葉がもう少し育ちましたらもう一回間引きを行います。

小松菜、青梗菜も発芽しました。003.JPG004.JPGどちらもすじ播きで種が込んでいましたから芽が込んでいます。

これもいずれ間引き菜で頂く予定。

ほうれん草、本葉が出てきましたよ。005.JPGでも全ての種が発芽とはいきませんでした。

相変わらずほうれん草の芽出し率はよくありません。

そして、新しく春菊、水菜、スイスチャード、春大根の種を播きました。006.JPG

桜の満開に先駆けて雪柳が満開で。

DSC00674.JPG


1日  観た撮ったよ。 [カワセミ]

今日から4月で1日、今日は・・・・・・。

4月のスタートは雨の日。

今週は今の所予報は雨が多いです。

桜は昨日の暖かさで満開手前の木々が増えました。

昨日はタイトルの『観た撮ったよ』の通りついに地元でカワセミのこの姿を目にしました。

なんと幸運なことかと興奮しました。

時間は、午後2時少し前。

菜園に出掛ける途中、鳥の鳴き声に私反応し、鳴き声がします貯水池を覗きますと、カワセミのペアが同じ止まり木にいます。

慌てて、菜園に出掛ける際の手提げ袋からコンデジを取り出し、撮影準備。

撮影モード、1枚撮りの為連写に変えなければと焦りモードをセルフタイマーモードに。

手直し最中にカワセミいきなり交尾行為に入り、私は焦ながら撮影できました。

カワセミの姿撮りを初めて3年目、飛翔、ダイブと撮り続けてきましたが、ついに我が目の前での交尾写真が撮れたのです。

しかも人が多く通ります場所で。

写真連写で10枚ありますがカワセミまでの距離が20mありコンデジの電子ズームの為解像度はよくありません。

でも私には、先日のカワセミの羽根に続き貴重なカワセミの交尾写真となりました。

001 (1).JPG

002 (1).JPG

003 (1).JPG

004 (1).JPG

005 (1).JPG

006 (2).JPG

007 (1).JPG

008 (1).JPG

009 (1).JPG

010 (1).JPG

このペアカワセミの雌です。

011.JPG

雄です。

013.JPG

交尾後、お互い離れこの距離でいました。

020.JPG

カメラの写真を確認中に御2人の方が通られ何かと声を掛けられましたので、カワセミが今ここで交尾をしてその写真を撮れましたよと、静止画を見て頂きました。

2人の方も観たのは初めてと驚かれていましたが、私もですよと興奮気味な私でした。

やはりよく聞きます、カワセミに出逢い観れると幸せになるとこの方もお話しされました。

貯水池にはまだ1羽残っていましたので場所を案内で見て頂きました。

今年は何か運のある年なるのかな今後も自分に期待です。