So-net無料ブログ作成

30日  豆 [収穫]

今日は30日11月最終日、明日から12月早い一年の経過ですね。

今日の当地は晴れてます。

菜園へは午前中色々な事情があり今日はまだ見廻っていません。

そこで今日の記事は収穫を終えております豆類の纏めです。

今年から栽培の豆は、春先の金時豆、秋収穫の大納言小豆、丹波の黒豆があります。

丹波の黒豆は現在まだ収穫に至っておりません。

快晴の日も少なく雨が多い11月では鞘は乾燥してなく中の豆も柔らかいので菜園に置いてます。

金時豆はすでに記事で収穫はご案内済みですから、今日は大納言小豆を。

菜園の一角をメインで春のジャガイモを収穫後に購入の小豆種を蒔いて育ててきました。

10月後半から少しづつですが鞘が乾燥した物から収穫を繰り返してきました。

その結果、当初の私の読み1KGの収量を目指してました所、今年初チャレンジであり、虫に食われた豆も多い中

これだけの収量です。

 小さめの笊に山もり一杯、重さを量りましたら1,5㎏ありました。

001.JPG 

予想外の出来具合です。 

来年もこの大納言小豆を栽培する為に今年の豆から50粒を選んでみました。

002.JPG 

選んだ小豆の粒50粒あれば来年も菜園の一角を使って栽培出来ます。

収穫の一部ですが、お裾分け用に笊に選別しました。

量は4合程あります。

 005.JPG

子袋に分けて詰めました大納言あづき2合づつ。

 006.JPG

 今年の豆の収穫品を来年様に保管します種です。

落花生2種と、金時インゲン豆、 大納言小豆です、

003.JPG

来年の春まで冷蔵庫の中で保管しております。 

種保管と言いますと、夏場の種スイカですが3種類の種とメロンの種を今年も確保出来ました。

004.JPG

カボチャと、オクラも種を採ってます。

 

お詫び:今週もシルバーの仕事で皆様の所への訪問がままに成らず遅れておりますが宜しくお願いします。 

 


29日 お礼。 [シルバー派遣]

昨日のシルバーの仕事の応援コメントを沢山頂き有難うございました。

皆さんのエネルギーを頂いてこれからもがんばります。

昨日の仕事の様子を載せます。 

午前の部の仕事、灯油給油は寒さが到来し灯油 単価税込¥65の特売期間も重なり多くのお客さんが購入に見られて

大繁盛。

5時間で300缶程の給油を行いましたが、さすが右背中が痛くなりました。

給油は18L、20L、フリーと3種を灯油缶に入れれますが、18,20は自動ストップ機能で指定数量を間違えないように操作

すれば給油は出来ます、3本のノズルを使って一度に3缶まで同時給油出来ます。

特売中はお一人で最高5缶まで購入出来ますから多くの方は3,4、5缶を持参されてます。

受け台には6缶まで乗せる事が出来ますからお渡しする缶を間違えないようにする工夫も伝授されています。

それは外します缶の蓋を使い、置き方で上向け、下向きでお客様を分けてます、これも店が過去の失敗を教訓に

した工夫ですね。

また同じお客様が18,20Lを同時に購入された時の数量間違いを避ける方法として20Lには持ち手に印を付けて

給油をします。

また一番気を使いますのがフリーでのお客様に 希望量を入れる作業ですね。

購入量より少なくは入れれませんが多く入れるとお店にご迷惑をかける事になりますのでこのピッタリ数値で止める難しさ

もあります。

またこの作業はメーター数を見ながらの給油ですのでスピードを緩めての調整に時間がかかります。

給油待ちのお客様が見えられる時は焦ります。 

今まで4回の経験ではすべてオーバーの10.4,10.7,10.2,10,5でしたが昨日は2缶お持ちのご夫婦さんが10Lづつ

2缶に入れてのリクエストを貰い1缶に10Lより前後しますがと言いますといや10Lで止めてのご指示。

緊張しながら何とかお客さんの要望に沿えました、お客さんにっこりと笑いありがとうのお言葉を頂き安堵しましたね。

まだまだ給油に対してお店からの細かい指示はありますが、すべてをマスター出来てませんから中緒してます。

特にノズルを外す時に缶に灯油を溢さない方法には気を使ってます。

 

夕方のお店の作業は、袋詰め。

キュウリ3本の袋詰めと、ヤーコン1個の袋詰め、スーパーインゲンの200gでの袋詰めでした。

最後は閉店時間に合わせてのテントウ野菜を冷蔵庫に戻す箱詰めです。

いつもは2名でする作業を昨日は私1人で行いました、時間はいつもの倍掛かりました。

この箱詰め作業も単なる詰め作業ではなく、翌日品だしされる方の手間を取らない方法での詰め作業に成りますから

注意が必要になります。

コーナー毎の品物を纏めて台車に乗せて纏めます。

この作業当初は詰め方がバラバラで行ってましたから翌日のパートさんから苦情が寄せられ強い指導を受けてます。

バラバラでは品だしの籠順に乗せるのに右往左往すると、もっともなご意見私も逆の立場になれば面倒な事ですから。

また冷蔵庫に戻さなくても良い野菜も有る事も知ることが出来ました。

袋詰めにもルールがある事皆さんお買いものされた時見比べてみてください。

品の頭、お尻をどちらに向けて揃えてあるかとか、値品シールが右上に張られてるとか教えて頂いてます。

MY菜園の野菜に比べやはりお店に並ぶ品の良さにはいつも 関心します。

今日の収穫野菜です。

飛騨の赤蕪と白蕪 、ネギの紅ゾメ茎の赤色も濃くなってきました。

007.JPG 008.JPG009.JPG

 

 蕪らは早速奥さんが甘酢付けにする為、スライスしてくれました。

菜園のモグラらは相変わらず場を変えて走ってます。 


28日 今日は1日立ち仕事です [シルバー派遣]

28日、今日は朝の9時~3時までの灯油の給油作業と夕方6時から夜9時までの駅中スーパー内、

野菜部門で野菜、果実の袋詰め作業を行います。 

殆ど1日立ち仕事になります、10月から始めましたシルバー人材の仕事日です。 

2店を兼ねて登録しましたので来年3月までは月2,3回この様な仕事日が重なりハードな仕事日があります。

シルバーの派遣作業で得た給金はMY菜園の賃料や肥料代や材料費、苗代などへ。

皆様の所にはご訪問出来ないかもしれませんが宜しくお願いします。

 

所で 今月はこんな便利なバス券を購入してJR岐阜駅まで乗車して仕事場へ。

005.JPG 

地元のバス会社が限定で9月から11月までの期間、土曜日、日曜日、祝日限定の1日乗車券乗り放題。

当地は岐阜市でも郊外の為バスの料金は岐阜市内まで片道@560です。

この乗車券を使えば片道料金で 往復出来ます、今月の仕事日のスケジュールは週末担当になりますので毎週使えて

大変助かります。

明日もこのバス券の利用最終日ですが 購入してJR駅中店に仕事へ。

スーパーの駅中店と言いますと、25日夜偶然に観ましたカンブリア宮殿で成城石井の原社長が出演されてました。

この躍進してる企業の源を知ることが出来た良い番組を見る事が出来ました。 

このスーパー『成城石井』は同じJR岐阜駅の構内反対側100m先に店を出してます。

まだ一度も店を覗いていませんのでTVで見た店内の品揃え、価格を観察したいモノです。

或る意味派遣先企業(こちらも東京が本社です)のお店は成城石井と同じ通勤客を対象にしたスーパーで

ライバル店になりますからね。 

 

 

 


27日 大根収穫 [漬けもの]

27日今日は晴れですが、時々曇りと風が出てきます。

039.JPG 

太陽がかくれ風が出ますと寒いです。

気温予報は10℃前後、この秋の最低気温になります。 

今日の菜園の作業は漬けもの用タクアン大根の収穫と同時に畑での大根を干します。

8月末の種まきしましたタクアン大根、収獲時期がやや遅れましたが、12月末ごろの漬けもの作業に間に合うように。

大根を天日干しします場は大納言小豆を収穫した後場に。

004.JPG 

タクアン大根、収穫しましたが大根の生育にバラツキが多く不揃い品ばかり。

040.JPG 043.JPG

まだ未熟な大根がありましたので畑には残してもう少し育てるように残してます。

 

収穫しました大根は干す前に土を洗いながします。 

横の小川で大根を洗い、2本一組で葉の部分を紐で縛ります。

041.JPG

出来あがりましたタクアン大根を、干場に作りましたはさに架けて大根の水分を飛ばします。

042.JPG

 風があると早く水分が抜けてダイコンンがしなやかになる頃に今年も自家用のタクアン漬けものが始まります。

漬けもの大根は2次も有りますので干しあがる頃にまた収穫が出来ます。

菜園の見廻りは相変わらずモグラの走り場の土を戻す事です、さらにこんな物が黒豆の畝に落ちてます。

綺麗な物ではありません、ある動物の落し物??。

044.JPG

やばいです、ついにMY菜園に四足動物タヌキの侵入痕です。

収穫前の黒豆を狙って菜園に来たのか気になりますがもう来ない事を願うばかり。

明日も足跡と、糞が無いか見廻りをしないと。

カワセミ探鳥時に居ましたアオサギです。

003.JPG 

近寄りますと飛び立ちますのでズームで1枚を。

寒くなりました昨日から石油ストーブを使い始めましたので、さつま芋をラップに包み蒸し焼きです。

 001.JPG

当分この蒸し焼き芋を頂けそううです。

 

 

 


26日 菜園作業 [野菜作り]

本日は昨晩からの雨がまだ朝も降り続いてました。

午後からは回復気味ですが、気温は低いですね。

明日からはもっと寒くなり最低気温も5℃以下が週末まで続きます。

菜園の作業は本日は出来ませんので昨日作業しました記事です。

玉ねぎの苗に1回目の追肥を与えました。

11月の初旬に苗を植え付けて3週間経過した苗や2週間のも有りますが与えました。

玉ねぎの苗に追肥を与えるのは収獲まで3回与えます。

年内はこの時期で苗の根付き後の成長を促す為に。

東菜園の玉ねぎの苗場から。

DSC04174.JPG

手前の畝が3週間経過、奥2畝が2週間経過した畝場です。

DSC04172.JPG

2週間前の苗がの様子、茎元の葉の数も植え付け時に比べ増えてますし太くもなりました。

009 (1).JPG

それがさらに1週間経過しましたのが昨日の苗です。

DSC04173.JPG

茎元も安定した苗に育ってます。

西菜園の苗場にも1回目の追肥を施しました。

中晩生の泉州中高黄の苗場です。

005.JPG

本場の本数も4枚から6枚の葉に育ってきました。

006.JPG

期待のもみじの苗は。

泉州に比べやや育ちがゆっくりかな、葉の数も4枚が最高です。

007.JPG

玉ねぎの種から作りました苗ですが、予定数を植え付け、まだ余り知人に分けたり、一度植えました苗が

ダメになり再植替えも終わりましたので全てを処分と思いましたがまだ良い苗がありましたので、こちらに

追加で植え付けてみました。

畝はマルチを使わない方法です。

003.JPG

小さい畝ですが、植え付けやすくする為線を引き苗を入れやすくしました。

余り苗ですから品種はバラバラ、4品種の苗を植えてます。

 004.JPG

苗は70本程入りましたね。

やや小さめの苗が多いですから旨く寒さを乗り越えて全てが収獲まで育ってほしいです。

収獲は長芋になります。

長芋の種は8個入れており2個は収獲終えてます、残りの6個の内4個を収獲。

DSC04175.JPG

土を深さ60cmは掘り下げて収獲ですがストレートな芋は有りませんから、シャベルで土を掘る時に芋を欠いたり

してますからキズものになりました。

残り2個は週末の晴天時に掘り出します。


25日 菜園作業 [野菜作り]

本日25日天気は曇天で、小寒いです。

気温昨日に比べ-8度低い。

DSC04178.JPG 

これが例年の気温かもしれませんが、人、野菜にも影響でてきますね。

菜園作業情報です。

まず24日の午後に来年の春先に収獲出来ます『春キャベツ』の苗を購入してきました。

この冬超えキャベツ栽培は毎年行ってます。 

001.JPG 

種まきからの苗作りではなく苗専門店で毎年購入。

今年も10株、2品種を1畝に植付ます。

002.JPG 

003.JPG 

栽培場所は、秋ジャガイモの後場。植えてけ後は、灌水を行い冬場から春先まで寒羅紗ネットで覆いをかけて冬を越えます。

収穫は4月後半頃ですね。 

昨日、収穫を致しました秋栽培ジャガイモ。

001.JPG 

種芋は、秋栽培品種とは違い春先の収穫ジャガイモの芽がでた芋を使いました。

赤ジャガイモのアンデスレッド、男爵芋のになります。

002.JPG 

 8株ありますが、収獲量は毎度秋は 少ないですね。

このジャガイモを収穫しましたのでその東の玉ネギの苗にはこれから十分な日差しが届きます。

秋ジャガイモ8月末の 種植えてけから3ケ月掛けて今回の収穫ですべて終わりました。

今年植付時期に種芋不足が重なりニシユタカが栽培できませんでしたが自前の種で収穫出来ましたので

これはこれで善しの栽培でした。

また今日は丹波の黒豆を試しで収穫してみました。

まだ全体はこの様な状態ですが。

DSC04176.JPG 

葉も、鞘もまだまだ収穫時期には早い状況の中一部ですが鞘が茶色で乾燥鞘がありましたので。

鞘がパチンと 割れます、中の豆は黒いです。(当たり前です[わーい(嬉しい顔)])

DSC04179.JPG 

 黒豆の収穫にはまだまだ3週間先になりそうですね。

本日の収穫野菜は、人参と、赤ネギです。

 DSC04177.JPG

今週は天気も不順で午後から雨の予報の当地、週末に掛けて朝の最低気温も一ケタ台の気温、霜が降りるかも。

先日藁で囲いをしましたエンドウ、中が暖かいのか背丈が伸びてます。

 

 

 

 

 


24日 出逢いを求めて [散歩]

今日24日は、天気晴れで暖かい日、気温も20℃前後となります。

午前中にすこし作業と、秋じゃがの最後を収穫しました。 

昨日の朝9時過ぎから出逢いを求めてこの秋初の散歩に出掛けました。

1月から多くの出逢いが出来ましたカワセミを求めて出掛けましたが残念ながら出逢いは出来ず。

1時間半の散歩で出逢いはごくわずかな鳥、少ないです。

田圃に出てきました背黒セキレイ。

 DSC01041.JPGDSC01043.JPG

護岸に居ました白セキレイ。 

 DSC01060.JPG

 DSC01074.JPG

近場の堤で今年も沢山実をつけてます、まだヒヨドリの餌にはなってません。

水面を飛んできました背黒セキレイ、ぶれてますねこれから飛翔写真を撮る為に練習鳥になります。

DSC01085.JPG 

 出逢いが出来るスポットに来ましたが、鴨だけです。

 DSC01076.JPGDSC01078.JPG

川筋の木はまだ葉が沢山ありカワセミを探すのも苦労を当分しますね。

 DSC01081.JPG

ここで待つ事20分出てきませんから諦めて戻ります。 

川の中では堰が解放されていつもの場より下流で鯉が4匹泳いでました。 

DSC01089.JPG 

 本来色鯉も居るはずですが今回は見当たりませんので解放された堰からさらに下流域まで下ったのでは。

 戻る途中も川筋を眺めてカワセミが留まる場を見ていきます。

 小枝の下で最近出来た白い糞の跡がポイントになります。DSC01091.JPG

 探せたのは2か所です、まだ場への出が少ないのでしょうかね。

春先に比べ川筋の様子が少々替ってますので定番の場以外も見て歩く事が大事になる初散歩でした。 

昨日の収穫品、白菜初物です。

004.JPG 

 虫食われもありますが、結構良い物が出来ました。

 


23日 エンドウ苗の防霜対策 [野菜作り]

今日は記事が前後しました、MY菜園作業の記事です。

エンドウの霜対策、防霜です。

今年は今の所暖かい日が続き、まだ霜が降りる気配はありません。

逆に気温が高い為 、苗の成長が進み過ぎています。

特に霜に弱いエンドウの苗を如何に霜から守るかと。

昨年は今の時期エンドウの芽出しに苦労してましたが今年はすこぶる順調に芽が出ています。

それらの苗が高さ15cm前後に伸びてきました。

007 (1).JPG

この苗を守る為、今まで実施を施した事が無い方法で守ります。

他の菜園で施された内容を取り入れて。 

先行で、19日にまず2畝を試しに行ってみました。

エンドウの苗の先端部には蔓を播く髭がもう伸びてきてます。 

畝にネットを張り、さらに下部に藁を防霜対策で使いますから支えに成るようにパイプで固定して。

005.JPG 

試しに1個藁を掛けて見ました、パイプの高さがありすぎて藁の根元はギリギリ畝に就く感じです。

パイプの高さをすこし下げて見ました。

藁が丁度エンドウの苗を守る三角屋根になるように藁の先端部を紐で固定してパイプに次々はさ掛けの要領で掛けます。

007.JPG 008 (1).JPG

藁を使う事で霜が下りても直接エンドウの葉には掛からず霜やけから保護出来ます。 

この作業の続きを昨日の午後3時過ぎから始めました。

出来あがった時間はもう夕方の5時、周囲は暗くなり始めてます。

パイプ、ネット作業は21日に作業をしています。

001.JPG 

002.JPG 

2時間ほど掛かりましたエンドウの苗を春先まで守る藁掛けの全容です。

 003.JPG004.JPG005.JPG

 006.JPG007.JPG

仕上げた畝数は4畝、藁で保護され覆われたエンドウ達は温度も高めに感じながら成長していきます。

また冬場の雪も積もると思いますが、藁の傾斜で畝元に集まり苗を傷める事も少ないと予測してます。 

今月も後1週間で12月になりますが温暖化の冬を 迎えるのでしょうかね。

これも大変気になるこの頃です。 


22日 黒ニンニク パート2その後 [黒ニンニク]

今日は黒ニンニク作りのパート2、その後編2回目です。

11月6日スタートしました黒ニンニク作り2週間が経過、前回はこの2週間で終了させていますが今回はどうするか。

パート2のニンニク作りは、粒が大小を混ぜましたので出来あがりの状態がやはり違いました。

まず粒がそろったニンニクは、此方。

外目の皮の色合いもパート1に比べ均等に薄茶色に変わりました。

 004.JPG

皮をむいて中の状態を見てみますと、綺麗な黒ニンニクに出来あがっています。

006.JPG 

一球型と一般的なニンニク片が 詰まった物との水分の抜けがやや違いますが見た目も良い出来です。

片や1球型の大型ニンニクはと言いますと

005.JPG 

まだ黒さが足らない感がします。

黒さを増す為にさらに保温乾燥を後1週間続けて見ます。

電気釜の水分蒸発口を開放した事で随分黒ニンニクの水分がパート1より抜けて 居ます。

このパート2の 仕上げ方を次回パート3に引継いて行おうと思います。

取り出した黒ニンニクは 前回同様に自然乾燥を1週間行います。

皮をむいたニンニクを味わってみましたが香、味も良く 満足な出来でした。

 

 

 


21日 夕陽に輝くカワセミ [カワセミ]

今日は3連休の初日ですね、当地も朝から天気は晴れです。

本日も気温は21度の予報で暖かい1日になります。


午前中に作業を致しましたが記事は明日へ。


昨日の夕方に菜園へ見廻りに出掛けました時間、ちょうど4時前夕陽が里山の山裾におり始めていました。

夕陽を眺めながら帰宅。

007.JPG 009.JPG

途中の山田橋のたもとに来ましたので川筋にカワセミがいないか覗きますとカワセミが鳴いて飛び出しました。

飛び出し方向へ追いますと、カワセミが川辺の茎に居ます。

丁度夕陽がおり始めの時間帯でカワセミにも夕陽が当たり背中のコバルトブルーも眩しくみえました。

011.JPG 

 

飛び出しされないようにそっとすこし近づき パチリ。

 012.JPG

さらに近付きましたが、動く気配はないようでこちらの動きを見てるようです。

014.JPG015.JPG 

 

 もう少しと動きますと飛び出します、追いかけるには方向違いになりますので迂回して川筋を見ますと居ました石の上に。

夕陽の日差しが強い ので川面にもカワセミの姿がくっきりと映ってます。

029.JPG 

水面に映る姿も良い物ですね。 

 近づく為にカードヘンスを乗り越えて近づきます。

031.JPG 

 もう少し正面にと動きましたが、カワセミは今回もこちらを意識してますが動きません。

034.JPG 039.JPG

 

 しばらくそのまま動きませんがやがてまた飛びます。

山裾の木に止まっています。

ここは最近よく留まる場の様で糞が沢山落としてます。

 047.JPG050.JPG

ここに来てさらに夕陽で輝くカワセミでした。 

この後は、飛び出して行きましたが追い着くにはロケーション的にみても無理な場所が続きますので諦めて帰宅です。 

 


20日 プリンターダウン [PC関連]

20日、明日から3連休の方もお見えですね。

今日は午前中は雨模様です、菜園お休みとしました。

このお休みを利用して、プリンターがダウンをしましたのを入れ替える事に。

2日前に急に電源が入らなくなりました。

製品はこちら。

キャノンのプリンターで6年前購入しましたPIXUS-MP810です。

005.JPG

昨晩念の為、プリンターの電源部を点検しました所、電源ブロックの配線の一部に電気が流れていません。

テスターでチエック中に一度は電源が入りエラーコード5000がで、しばらく後に再度ダウン。

その後は何度も同じ 事を繰り返しても反応は無し。

今朝、キャノンサービスに電話と思い掛けましたが営業は10時からのアナウンス。

この間にネットの書き込みをチエック、出てきます『電源入らず』 書き込み。

色々この機種に対しての故障の多さがあり、皆さん怒りのスレがあります。

よく見ますとこの機種 サポートが平成12年度で終了となってます。

発売終了は平成7年で5年間のサポート期間しかキャノンは設定していません。

このサポート期間が5年はメーカー側の都合で決めた期間ですが、一般家庭でノーマルな印刷をされる方には

納得できる期間とは程遠い期間ですよね[ちっ(怒った顔)][ちっ(怒った顔)][もうやだ~(悲しい顔)] 。

私は平成9年購入、販売店の在庫を買った事になりますね。

この間一度、平成11年に発煙気味の故障を受けてクレーム修理を依頼してました。

10時過ぎに再度電話を掛け繋がりましたので男性と話をしましたがすでにサポート終了品にて何らの サポートは

出来ませんのでお買い換えをと。

少々の文句を言いましたが相手にされませんから諦め、新しいプリンターを購入に近場のギガスへ。

購入品は、またもキャノンでした。

機種は昨年9月発売品のPIXUS-MG6730,一年落ちです。

003.JPG

今回のプリンターは全体にやや小さくなりました、メリットは無線通信を使いUSB接続をしなくて印刷が出来る事です。

設定にやや時間を掛けて仕舞いましたが何とか印刷出来る状態に出来ました。

娘が至急印刷をしなければならない用事がありこれで今晩印刷が出来ます。 

 


19日 そら豆主芽欠きとアブラムシ [そら豆]

昨日は日中雨でしたが夜半には上がりましたので今日は菜園へ出掛ける事が出来ました。

天気は晴れ、暖かい日になってます。

菜園のモグラの様子ですが、忌避剤を入れました所への走りは見えません、しかし他への移動が現れています。

白菜畝、大根、さらにそら豆の畝にもっこり盛り上がりがありました。

001.JPG 

反対側の畝方にそっても走り後が出ています。

大根とそら豆の間には穴も有りました。 

004.JPG 

この通り道をまた忌避剤を購入して内部に入れる事にしました。

そら豆の本葉が6枚程出来てきましたので主芽を欠く事にしました。

ポットで苗を作りました数少ない苗が対象です。

時期播きはまだ本葉は3枚程、高さも10cmですからまだ時間がかかります。 

脇芽も出てますが、さらに主芽を欠く事で脇芽を増やし、冬場の成長を押さえる事に。

106.JPG 

107.JPG

芽欠き以外の苗を確認しますと、もう虫が着いてます。

そら豆の苗につきますアブラムシです。

今年は早く着きましたね。

002.JPG 

着く所は苗の先端部、これから伸びる若芽です。 

アブラムシ、葉の色とよく似てますから拡大で、ご覧ください。

虫嫌いの方はスルーしてね。

003.JPG 

このアブラ虫が葉に粘り気をつけます、そして葉から栄養分を吸収するのです。 

早速このアブラムシをたたき落とします。

落としても足がありますからまた昇ってきますので本来はアブラムシに効果のある薬を散布すれ良いのですが

まだ用意できていませんので、一寸キツメなきんちょーるが菜園に置いてましたので散布致しました。

この薬は効果あるのですが、葉に多くかかりますと葉が枯れますので 少量を散布です。

忌避剤と合わせてホームセンターで購入します。

見廻りで東菜園の玉ネギの苗が根切り虫に茎を切られてました。

根切り虫と言いますが実際は地上部の茎を食いますので写真の様に真っ二つ になります。

 

109.JPG 

切られた場の土をほじくり地中に潜ってます根切り虫を退治、 新たな苗を予備としてまだ残してますので入れ替えです。

110.JPG 

 この玉ネギの苗、先行植付から2週間が経過する時期になりますから追肥を与える事になりました。

本日の収穫野菜は、ブロッコリー。

010.JPG 

 蕪らの飛騨赤蕪です。

011.JPG

甘酢で漬けて貰います。

 11月に入り間もなく3週間がきますが気温相変わらず高い日が続きますので野菜の生育も順調気味です。

その為、エンドウの苗が成長著しいので霜対策を施さないと霜枯れの危険性が出ましたので明日から少し

始めます。 

 

 

 

 

 

 


18日 5ケ月振りの再会カワセミ [カワセミ]

今日は朝から夜11時まで出掛けておりますので予約投稿です。

皆様の所には19日に訪問させていただきますので宜しくお願いします。

昨日、約5ケ月振りにカワセミの雌に出逢いがあり写真に収める事が出来ました。

春先の子作り後、とんとカワセミと出逢いが無く。

先週の土曜日ごろから姿は時々見ましたがカメラを向けると逃げてしまい写真に収める事が出来ませんでした。

一昨日16日には橋のたもとで見かけましたので、昨日菜園に行く途中に貯水池を眺めますと、枝かぶりにコバルトブルーが

目に入りました。

早速SONYコンデジでの撮影開始です。

距離20mありますので解像度は良くありません。

小枝に止まり下の水面を眺めてました。

 016.JPG

ダイブの予感がしましたのでズームを下げましたのでダイブ飛行写真のカワセミは小さい。 

まだカワセミの動きを捉える感が戻っていない。 

 022.JPG023.JPG

連写写真も水面ダイブまでしか撮れてません、水しぶきが上がった所まで。 

この後ダイブを2度ほど行い小海老の餌をゲットしましたので、その後のカワセミは休憩モードに入りました。

 096.JPG097.JPG

 向きを変えてくれましたので背中のコバルトブルーも久し振りに眺められました。

104.JPG 

また明日から菜園に出掛ける前に、カワセミの追いかけをする事になりそう。

今居ます所はまだ木々が伸び視界が悪すぎます。

山田川沿いも夏場の伐採が無い為カワセミを探すには苦しい環境ですが私の冬場~春先の撮り鳥シーズインに

入る時期になりました。 

 

 

 


17日 モグラ忌避剤投入 [天敵]

本日は朝は晴れ、夕方から崩れる天気予報です。

MY菜園情報は、昨日行いましたモグラへの対策処置。

購入の忌避剤をモグラが通るであろうと思えるトンネルを探して穴に入れる作業を行いました。

菜園至る所で走られていますのでどこに入れるか思案。

そこでこれからの野菜栽培に必要な畝を中心に探す事に致しました。

人参ほうれん草の畝に近い黒豆の畝にありますもっこり盛り上がりの土をシャベルですくい取りトンネルを発見。

 001.JPG

発見しましたトンネルを崩さないように土を取り出してモグラへの対策忌避剤を1個置きます。

匂いはビニールを開封したばかりですから強く出ており、正露丸の匂いにとっても似てます。

002.JPG 

トンネルに投入 後土を戻しますが、トンネルは塞いでしまいます。

またこのトンネルを使う為に通れば匂いがしますから、嗅覚の鋭いモグラには嫌われる道になるでしょう。

次はほうれん草と蕪らの畝間に出来ました盛り上がりの土を掘り、4弾目のホウレン草の場に通ずる箇所に投入。

003.JPG 004.JPG

その先と思われます、ホウレンソウの畝に出来たトンネルにも投入です。 

東の菜園で先日玉ネギの苗を浮かされて場のトンネルにも1個投入。

005.JPG 

ニンニクの畝にも投入します。

 006.JPG

再度西に戻り、先日キャベツを植える為の畝にも走りがあり、土を取り除きここにも投入です。

 008.JPG

近くで 葉ボタンとブロッコリーを栽培してます所を、空けてまだ残ってます玉ネギの苗を植える場所作り中に雑草置き場の下から菜園側に通じるトンネルを発見。

トンネルの土の表面を良く見ますと今までに忌避剤を入れたトンネルと違いがありました。

土の表面が硬めになってますので基幹トンネルの予感です。

009.JPG

ここにもこのトンネルを使えないように忌避剤を投入しました。念のため場所を確認できるように目印を置いて。

1箱8個をまず菜園に使ってみました。

今日の朝には投入場には新規の走り後はありませんが、他のそら豆の畝に盛り上がりがありましたのでまだまだ基幹トンネル

への投入が出来ていない感じがします。

昨日の作業は、新規玉ネギの追加植付場の荒起しです。

 ここはまだポポーの木の株が残ってますので鍬で耕す時に引っ掛かります、その都度鎌で切り取りです。

010.JPG 

荒起し出来た所で有機石灰、化成肥料、鶏糞を播いて耕します。

012.JPG 

播いた肥料等を土になじませる為、再度鍬で耕して起きます。

013.JPG

しばらくこのままで月末に植えつける予定まで置いておきます。

 収穫品は大根とにんじん、赤ネギ、春菊でした。

 014.JPG

 112.JPG

明日は5ヵ月ぶりのカワセミ出逢い写真です、今朝漸く撮れました。 

 


16日 黒ニンニクその後 [黒ニンニク]

 昨日はniceボタンの表示設定がOFFでブログアップの為、折角訪問頂きながらご返事出来ない方にお詫び致します。

いつものように下書きで記事内容を確認後アップでしたが、なぜかniceボタン非表示にマークが付い居る事見逃していました。

夜9時過ぎに詫び助さんのコメントを読み気付いた次第です。 

*********** 本日の記事はここから ************* 

16日本日は天気晴れです、黒ニンニク作りパート2をスタートして12日目の朝を迎えました。

今日の朝の様子です、今回は作りますニンニクの数を前回より少なくしています。

 DSC03971.JPG

但しニンニクの大きさには違いあります。 

その為、ニンニクの変化は顕著に 観られます。

大型の1玉はまだ色合いは飴色です。

6日のスタート時のニンニクです。 020.JPG021.JPG

8日の朝玉返しの為取り出したニンニク玉、薄皮は薄茶色へ変わりニンニクも飴色へ。

001.JPG 

004.JPG005.JPG

 その後、1週間を経過した昨日の朝方のニンニク。

10日間経過しましたので水分も随分抜けてきました。

002.JPG 

小さいニンニクは黒ニンニクに近づき、大玉も飴色の色合いも濃くなってます。

その後、玉返しで内鍋に戻します。

 001.JPG

 今朝電気釜の蓋を開けますと結構水蒸気がまだありニンニクの皮に水滴が付いていましたので一旦SWを切り

30分後に蓋に付いてます蒸気口のキャップを剥がします。

002.JPG001.JPG

この蒸気口の無い状態で明日の朝まで保温を続けます、解放されてますから内部の温度もいつもより低めと水分が

多く抜ける事になります。

スタート~2週間後の18日の様子がどこまで変わるかがパート2の 流れです。

パート1で作りました黒ニンニク自然乾燥させてます。

006.JPG 

まだ水分抜けきれずありますが全体には 良い熟し黒ニンニクになりつつ変化中。

この黒ニンニクを毎日1個頂いています。 

体への変化は感じてはいませんが継続への流れで2,3ケ月後には体に現れるかもね。 

 


15日 モグラ対策 [野菜作り]

 本日設定ミスでniceボタン未表示でした。

訂正致しました。 

今日は明け方まで雨が続いてましたが、8時過ぎから上がり太陽が出てきました。

 025.JPG

昨日からまたモグラの活動が活発になり至る所で畑を走り土を起こしてます。

そこで、HCに出掛けてこんな物を購入しました。

店内には色々なモグラ対策品が陳列されてましたが、値段が手ごろ(@1050)で持続期間が2ケ月の謳い文句で決めました。

箱だけでも匂いが漂ういます。

003.JPG 

どこでも置ける強力忌避(きひ)剤の固形タイプで8個入りです。

箱から出しますと、なんかカレーの元の様に見えますが、タールの匂いが強く感じます。

これを、菜園のモグラのトンネルに埋め込むつもりです。 

004.JPG 

この忌避剤は、木酸液、木タール、ニンニク、セラミックセメント等で出来てます。

土に置くと雨などで溶けて,臭いのバリアを作る。

トンネル内に埋める事で追い出す効果が期待されます。

まず菜園のモグラの活動様子。

ほうれん草の畝方を走ってます。

006.JPG 012.JPG

お隣の大根の畝方も起こされてます。 

011.JPG 

 玉ネギ畝もモグラが走ってます、盛り土を畝方からはみ出させています。

023.JPG 

 その為植付の苗も浮かされてます。

011.JPG 

 近くの正月菜の土も浮かされ根は浮いてますのでまたこの正月菜も生育が落ちますね。

012.JPG 

浮いた所、今日は 軽く手で押さえてますがまだ土が雨で湿りが強いので少し乾燥後に手直しをしたいんですが水曜日に

また雨がきますので手付に悩んでいます。 

雨を貰った後の菜園の野菜。

赤蕪、白蕪の2段目も育ってます。 

014.JPG 015.JPG017.JPG

 

 001.JPG002.JPG003.JPG004.JPG

本日の収穫品は、小松菜です。

こちらもモグラの被害に遭って根を浮かされた物ですが土を押さえた事でバラつきありますが収穫出来ました。

 018.JPG

小松菜の葉に留まり葉を食べてましたカタツムリです。

020.JPG

他に小松菜には、アブラムシも付いてました。 

 


14日 小雨の中の散歩 [散歩]

本日は昨晩からの雨が続いてます、本降りではありませんが。

小雨の中、久し振りに散歩です。

これからはこちらが日課になる時期がきました。

カメラを持参して里山付近を散歩してきました。013 (1).JPG

里山近くまで紅葉が下りてきてました。

撮り鳥をといつもの貯水池を覗きますと、コガモが水辺に。 

016.JPG 018.JPG021.JPG026.JPG

貯水池の木、紅葉が綺麗に。

 014.JPG020.JPG030.JPG

フェンス際にはまだユリの花が咲いてました。

034.JPG 

さらに近くでも色々な花が咲いてました。

035.JPG 041.JPG

これは花の後の種でしょうか、エンドウに似てますが。

039.JPG 040.JPG

近く雨に濡れたコスモスの花も、最盛期をすぎてますのでひっそりと。

042.JPG 

小雨で他の鳥たちには鳴き声のみで姿は見かける事が出来ませんでしたが、今後はまた出逢いがあると思ってます。

 

 


13日 作業とジャガイモ [農作業]

13日今日は曇天の天気、気温も低めです。

006.JPG 

 昨日に比べ4℃程低めです、菜園に居ても寒いので1枚余分に着て作業を致しました。

本日の作業は先回ジャガイモを収穫しました所に、来年春収穫します春キャベツの苗を植えます畝作り。 

昨日の夕方に、有機石灰 、鶏糞、元肥だけ蒔き軽く耕して起きましたので本日は耕運機で耕し畝を仕上げます。

明日から3日程雨の予報が出てますので土が馴染んだ来週水曜日辺りに苗を購入して植えつける予定です。

003.JPG

お隣のジャガイモ、農林1号を栽培中ですが、東に玉ネギの苗を植えましたので日陰になる部分も有りますので

今日収穫を進めました。

 004.JPG

掘り上げましたジャガイモ秋物ジャガイモとして初めての農林1号、顔立ちを見てもごつごつ感です。

もう少し出来が良いと納得ですが、やや不作気味。

 007.JPG

来年はやはり、ニシユタカで栽培ですね。 

掘り上げた後は土を馴らして、来年春まで何も栽培しませんのでジャガイモ栽培の黒マルチをまた掛けて起きます。

これでスッキリしましたので、玉ネギの成長も進む事でしょう。

005.JPG 

お次は、人参の4弾目五寸人参の2回目間引きです。

今回が最後の間引きになりますので株間を10cmに整えて間引きました。

 008.JPG

間引き人参は先回は捨てましたが今回は自宅に持ち帰りサラダ、煮物でいただきます。 

間引き後は、追肥の鶏糞を与えて軽く土をかき混ぜて整えて完成。

順調に育ちますと12月末から収穫も可能になります。

人参をサラダで頂く為に リーフレタスを収穫、さらにキャベツの2段目で自前苗から育てました物を収穫。

009.JPG 

8月植えてけとは品種が違いますので丸型でしっかり巻いて重さも有ります。 

キャベツは虫対策ネットの中で育てましたが、ヨウトウ中に食害され、アナト糞がありました。

 

おまけ+++++。

山田川にお出ましのアオサギです。

 001.JPG002.JPG

昨日シルバーの用事で出掛けた帰りに半年ぶりで出逢ったカワセミです。

カメラはガラー系の携帯しかなく慌てて撮りました岩の上のカワセミ、トリミングでも小さいです。

2015111214440000.jpg 

自宅近くでは出逢いませんがまた散歩コースで出逢いますので菜園が暇になる時にカメラ持参で鳥撮りを始めます。

 

 


12日 冬仕度へ [そら豆]

今月も中句へきました本日も天気は晴れ、青空が綺麗です。

 006.JPG

昨日は冬野菜最後の玉ネギを植付 終了できMY菜園としては一安心出来ました。

そこで今日は、これから気温も低くなり秋から冬へ移行する時期になり、毎年中旬以降に霜が降ります。

この霜に弱い、そら豆、エンドウに冬支度を施しました。

空まめは先日苗の移植も終わり、5株残りました苗を本日兄の所に移植致しましたので育てる株元に追肥を入れ

軽く土を寄せて仕上げます。

 001.JPG

霜対策は、毎年同じですが今は寒羅紗ネットで畝全体を覆います。

今回はリングは一番大きいサイズで2畝を一度にカバーできます。

材料は昨日まで赤蕪と、大根、青梗菜の栽培場で使用していました物を移動です。

 002.JPG

もう1ケ所の畝にはこちらも蕪らの畝に使用してました寒羅紗ネットを移動させました。

 003.JPG

このネットを外しました、蕪ら等は虫の食害も気になりますが時期的にもう無くても育てる事には差し支えないので

外しました。

それから同じく霜に弱い エンドウの苗場ですが、苗の間に藁を置いて対策を行いました。

 004.JPG

この対策は1段階目です、本格的冬時期になれば追加の対策を施していきます。

相変わらずMY菜園モグラに傷められております。

今日もネットを外しました赤蕪の場も株元の下を走られて蕪自身んが 浮いてしまい葉が萎れています。

005.JPG 

右側の大きな葉と比べますと萎れ垂れてるのが判りますね。

浮かされた土は取敢えず足で土踏み固めて起きます。

 


11日 玉ネギ植付終了 [玉ねぎ]

本日は11月11日、1が並びます日。

天気も昨日に劣らず上天気で、作業中暑いです。

また今日は待ちに待った国産旅客機 MRJの初飛行日になりましたね。

快晴の空に舞う姿をTVで見ましたが感動物です。

 

おそらく明日には  himanaoyajiさんが特集で掲載頂けると期待してます。

飛行が気になる中、MY菜園に今日の作業を行う為出掛けました。 

作業は、秋の野菜栽培の最大イベントと私は捉えてます『玉ネギの苗植えつけ終了』日です。 

9月半ばから玉ネギの種を菜園に蒔き、苗作りからスタートさせました。

それから約2ケ月経ち、本日例年と同じ時期に菜園に苗を植えれました。

昨日にも一部ですが 、苗を植えてます。

中晩生の泉州中高黄の残り40株の植付で1畝完成。

013.JPG 

015.JPG

同じく中晩生のOK高 を準備済みの畝に76個を植えました。

014.JPG

一夜明けた今日は、晩生の紅葉3号をメインに植付です。

東菜園に2畝を植え付けて先行の1畝と合わせて3畝を完成させました。

001.JPG

西菜園、苗を購入しました紅葉の残り55個を植えてけて完成です。

 

002.JPG

さらに紅葉をオクラの場を整備してました所に追加で植えました。

 004.JPG

紅葉の苗を苗場から採りましたので、昨日植えた中晩生OK高の畝に追加で植えましてこちらも完成。

003.JPG

今年の玉ネギ栽培は、東西の畝数7か所となりました。

半月掛けて植えました玉ネギの数は、3銘柄合わせて820個。 

例年と変わらない玉ネギの栽培数です。

苗場にはまだ苗が残ってますが、菜園仲間さんに分ける苗になります。

005.JPG 

菜園仲間さんが必要数は80個程ですからまだ余りますが、しばらく植えました苗の様子見を行って根切り虫に

より入れ替えが出た時に使います。

この作業を終わりましたのが午後1時過ぎ、遅い為奥さんが迎えにきましたので帰宅。

食事後、国産機MRJの初飛行ニュースを見ながら ブログを書いてました。


10日 そら豆 [植付け]

10日今日は秋晴れの快晴、暑さも有ります。

002.JPG 

いつもの時間にMY菜園へ。

昨日は午後からも雨模様が続きましたので土は浸み気味。

苗を植え付けても水やりは不要になりますので作業を行いました。

MY菜園では毎年そら豆を作ります、今年も種を蒔き育て始めてます。

当初はポットで苗を育て畑に定植する予定で居ましたが、種まき時期と管理が悪くポット栽培は不調に終わりました。

改めて、菜園の畝に種を1ヶ所2個の直播しました物が全て初芽をしましたので、初芽の苗が余分になりました。

余分になります苗を使い、新たな場所に定植する事にしました。

010.JPG 

その畝は、当初ゴボウの場にした畝でしたが初芽不調になりすべてを廃棄、ここまで放置をしており、

空いてた畝を今日再整え、あまり苗を13株定植致しました。 

まだ5株は余りましたが兄に話し兄の所で使ってもらいます。 

 011.JPG

株間は30cm程空けて植付完了です。 

 012.JPG

そら豆、今年の春に比べ、1,5倍の作付けとなります。

今後は冬場でもアブラムシが付きますので 管理を怠らないようにします。

今日の見廻りで、苺に花芽ができ花が咲きましたので摘み取りを致しました。

昨年はそのままにして冬場の収穫を試しました結果、春先には十分な苺の収穫が出来ない結果を生みましたので

今年は春先の収穫を得る為に、花芽を摘み冬場は苗の成長を進めます。

008.JPG 009.JPG

まだ摘み取る必要な花芽は他の株にも見られますので当分様子を見ながら進めます。 

或る専業農家さんの言葉でもこう述べられていますね。

『花芽分化が早く露地でも12月以降開花してしまうことがよくありますが、この花を結実させるのは難しいものがあります。

寒い地方ではメシベが凍死してしまいますし、もし結実しても低温下では大粒のいちごに育てることは大変難しいことです。

そこで、暖かい地方を除いて、この時期の花芽は摘み取ってしまい、早春(3月頃)以降の開花に期待したほうが良いと思います。 』と。

 

今日の菜園へのお客様は山鳩キジバトでした。

 

008.JPG 

 種まき直後は注意する鳥です。

蒔いた種を食べてしまい後で芽が出なくて気付く事が多いです。 

 


9日 黒ニンニク、パート2 [黒ニンニク]

昨日の雨は略1日降り続け、今朝まで雨でした。

夜中結構強めでしたね。

今日も菜園は見廻りだけで作業は致しません。

モグラの攻撃は、今日見ましたらダイコンンの畝場を走っておりました。

丁度大根の葉が倒れて畝に掛かっている所で見た目は解りずらい所です。

以前も近くを起こしてますので、行動するトンネルが近くにあるかも知れませんね。

007.JPG 

反対側にはそれらしきモグラの後は見られません。

006.JPG

 

そこで記事は、また始めました黒ニンニク作りパート2です。

1回目の内容から少し経験した事を踏まえ6日からスタート。

材料のニンニクはまだまだ残ってますので当分3,4、5回と可能ですね。

匂いには家族から臭いと非難されますが 。

002.JPG 

そこで今回は、先回の黒ニンニク作りの反省点を活かします。

電気釜の内鍋に入れます、ニンニクの数と布の使い方を限定しました。

020.JPG

①、内鍋とニンニクの間に布を敷きます。

②、1段目の数を減らし、型を整える。

③、2段目の数も減らして入れる。

021.JPG

このニンニクの入れ方でニンニク間のスペースを空けて内部での熱の伝わりを均一になるように。

ではスタートのスイッチをON.

022.JPG

今回も毎日の玉返しは続けます。

8日のニンニクの変化です。

玉の色合いも薄い飴色と皮の色合いも良いですね。

001.JPG 

ニンニクの乾燥度も数が少ない分よく水分が抜けて進んでいます。

スタート3日目今日の朝の状態です。

004.JPG

皮の色合いも濃くなってきてます、布の乾燥が進みましたので今日は水気を浸けます。

玉返しをしてニンニクの位置を整えて並べ反しました。

005.JPG 

ここまでの経過を見ますと、1回目に比べニンニクの状態は良いと思えますね。

やはり内鍋の布の使い方に間違いがありましたね。 

先回はこの様でした。 

 001.JPG

特にご覧のように内鍋にニンニクが直接当たっていましたので出来あがり時には、皮は焦げてしまいました。

023.JPG

1回目の黒ニンニクの皮付きは現在定温で自然乾燥中、雨で湿度が多くいまいち進み具合は良くないです。

003.JPG

 

皮無しのニンニクは今ガラス瓶に入れまして冷蔵庫で保管しています。

003.JPG

こちらをいま1日1個頂いてます、その中はカットしてみました。

002.JPG

中心部、芽が出ましたニンニクですからよくわかりますね。

で食くした感想です、以前いただいた黒ニンニクはもっと全体の水分が抜けました物でしたから

口に入れた食感は当然違います。

今回作りました黒ニンニクは噛まなくても舌で押さえれば溶ける感じで味は濃いですね。

勿論ニンニクの匂いも有りません。

 

 

 

 


8日 雨です、モグラ攻撃を受けてます。 [野菜作り]

今日は予報通りの雨です、深夜から小雨が続いています菜園に今朝も見廻りをしてきました。

菜園全体に雨を貰ってます。

土の色合いも湿り気十分で良い色合いです。

005.JPG 

昨日はジャガイモの収穫、玉ネギ場の畝作り以外に未紹介作業を行っています。

それはポットで芽出しを行った絹さやエンドウの苗の植付です。

今年のエンドウは紹介済みの場所以外に1畝離れた所に場を作って居ます。

その苗場にポットで苗を作りました絹さやエンドウを植えました。

004.JPG 

畝場には用意できた8株を株間30cmに揃えて植付ました。

006.JPG

その畝場の今朝の状況です。

株元に蒔いたもみ殻もしっかり雨を貰ってますので苗の活着も心配いらないですね。

006.JPG 

所で、またMY菜園連日のモグラ走り攻撃を受けて居ます。

昨日は、直播のエンドウの苗場を走り土を浮かしてました。

ご覧のように畝の左右土色が濃い所が走った後で、苗の株元もあります。 

005.JPG 

 この荒らされた所の土を固めたながら振動を 土の中に伝えて居ます。

昨日はこの場以外、東菜園のニンニク場にも起こってました。

そこも同じように土を踏み固め、浮いたニンニクを押さえて起きましたが、今朝はお隣の苺の苗場全体にモグラが走り

土がモコモコ浮いていました。

 007.JPG

今日はさすがにこれだけ走られますと放置できないなーーと。

対策を考えないと思い先日もアドバイスいただいた穴に正露丸を入れるとか、穴に水を流すとかを。

雨をいただいた土を今日はいじれませんので1ケ所、通路側に穴をあけて今日降ります雨水を流しこむ水攻めに

致しました。

牛フン堆肥を入れた所をモグラが攻撃しているのはある面微生物が多く生まれミミズが居る事は嬉しい事ですが

畝の株元を走られる事は辛いです。

昨日の収穫品の続きです。

 008.JPG009.JPG

 小豆と秋栽培ブロッコリー1個、蕪らの間引きです。

蕪らの玉も育って きましたので次回は本収穫出来ますね。

 雨の山田川に居ました鴨です。

 004.JPG

雨は明日の朝まで降り続くようですが程ほどで止んでほしい今です。 

 

 

 

 


7日 天気が崩れる前に菜園作業を [農作業]

 今週最後の今日の天気は曇り気味です、いつもの時間でMY菜園です。

 019.JPG

明日から2,3日天気が崩れ雨が降る予報が出ていますのでその前に作業をすこし致しました。

最初の作業は、東菜園に新たに作ります玉ネギの植え付け場です。

当初はジャガイモを栽培してる所に玉ネギを植える予定でいましたが、最近2年連続で西菜園での玉ネギ栽培は

病気との闘いがあり、その事が気になり始めて今年の目玉の玉ネギ、保存型の『紅葉3号』を植える場所の変更を

決断して東菜園で栽培の為に新たな場所作りです。

同じ場所には先日早生玉ネギを100本植えましたお隣、この場にはまだキャベツが1個残ってましたが収穫をして

場を空けました。

今回は、有機石灰を蒔きます。

015.JPG 

その後は、耕運機で耕して土に空気を取り込み 柔らかな土に戻していきます。

仕上げ前に元肥の化成肥料を梳き込み、畝を2つ仕上げました。

016.JPG 

 畝幅は90cmに仕上げて5条5列で苗を入れる事が出来ます。

2畝で230個を栽培できる大きさに出来ました。

黒マルチを張り、あす以降の雨を頂いた後に畝の総仕上げとなります。

 007.JPG

 順調に行きますと、苗の生育の良い物は20日頃に一部ですが植えれますね。 

この作業で収穫致しました8月植付最後のキャベツです。

014.JPG 

大きく育ってくれましたが葉裏にはヨウトウ虫が葉を食害しています。

次の作業は、ジャガイモの一部ですが収穫してみました。

こちらには、2畝あり農林1号とデジマ、さらに自前の春収穫のメイクイーンとアンデスレッドを栽培してますが、今日は

デジマと、メイクイーンとアンデスレッドの13株を収穫しました。

1畝分 の収穫です。

 017.JPG

収獲量は、この箱の中です。

今年もデジマの芋には実割れが出ていました。

 018.JPG

赤いアンデスレッドは、春先も数量が多く出来ますが今回も良い芋が出来ました。

黄色の果肉でホクホク感がありますので、少し寝かせてから蒸かして食べてみたいです。 

 

 


6日 里芋冬支度 [農作業]

今日は、昨日よりさらに暑い25℃の夏日。

020.JPG 

暑い今日ですが、2件の作業を行いました。 

 暑さがありますが、野菜の冬支度を致しました。

里芋の保管を今年も行います。

里芋の保管、昨年は畑に穴を掘り寒さから傷みを 守り種芋に致しました方法と、本日行った方法を執ってました。

種芋にするにはもう少し子芋を育てたいのでこの間に霜によって芋が浸みて傷みますので避ける保管作業です。

畑の里芋の茎を切り取ります。

009.JPG 

008.JPG 

切り取りました株元に用意してます保管材料のもみ殻を畝全体に厚く被せます。

 011.JPG

その上に使い古しの黒マルチフイルムを 掛けていきます。

使いまわしで穴などが開いたフイルムですから2重に掛けて起きます。

010.JPG 

このままでは雨が降りますと、穴から浸みてもみ殻を濡らしますのでさらに新しい黒マルチフイルムを追加で張り

畝を覆って起きます。

 013.JPG

この方法で種芋以外は来年の春先まで畑で保管出来ます。

 里芋の次は、お正月に雑煮料理で頂きます『正月菜』の植付です。

今蒔きますと12月末ごろから収穫できるタイミングになります。

001.JPG 

初芽しますまでは不燃布を上に掛けて起きます。 

 005.JPG

陽気が良いので初芽も1週間あれば出来そう。

その後の生育には気温が左右します、あまり暖かいと正月 前に最盛期が来る事も有ります。

エンドウの種まき後の様子、本葉が伸び始めてきました。

003.JPG 

 同じくポットで種まきのエンドウも 直播と同じで本葉が伸びています。

 

 001.JPG002.JPG

絹さやエンドウのポット苗は雨が降ります日曜日前、明日ですね菜園の畝に植えます。 


5日 黒ニンニク作りはどこまで [黒ニンニク]

今日も天気晴れてます、気温はやや高めの1日になります。

MY菜園で春に収獲致しましたニンニクを使い、初めての黒ニンニク作りを始めた今年の今日までの流れです。

黒ニンニク作りはニンニクと電気釜があれば簡単に出来る と情報を集めて10月25日にスタートさせました。

 017.JPG

 電気釜の内鍋にニンニクを並べましたが、当初どれだけの量を詰めれば良いか迷いましたが入るだけと

大まかな量を詰めて。

016.JPG 

 電気釜の保温機能をつかい24時間保温を続けます。

途中毎日ニンニクの玉返しと言います作業を繰り返していきます。

002.JPG

001.JPG 

スタートして3日目のニンニクの、やや色合いも飴色に変って来てます。

その後、同じ作業の玉返しを進めていきました本日の様子では。 

内鍋のニンニクは、飴色からチョコレート色へ変化。

006.JPG 

鍋のニンニクを取り出して見ました、皮付では。

一見皮が『焦げてる』見たいですが、これは情報を見ますとどおもニンニクの成分が皮に浸みこんで黒くなった

様です。 

007.JPG 

でその元は、こちら当初から皮が無いニンニク片その物を入れていましたのでご覧のようにニンニク片が黒いです。

008.JPG

これを手でつまんでみましたが、ニンニクの強い匂いはありません、片も柔らかく熟し気味と判断しました。

電気釜での保温も今日で12日目、目標の2週間まであと2日になりますので最後の仕上げと します。

009.JPG 

電気釜の内側に布を敷きその中に皮付ニンニクのみ並べて仕上げます。

010.JPG 

ニンニクを並べてみますと、最初の入れますニンニクの量が如何に多すぎたかが判りました。

次回は今回入れました半分の量で実施します。 

皮無しの黒くなりましたニンニク片は別に取り出して常温で水分を飛ばして保管を進めて見ます。

011.JPG 

この状態を1週間を目途に進め、一度中身を切って試食 してみます。

この間黒ニンニク作りで厄介な匂いですが、やはり当初1週間は周囲にも強い匂いを発散してましたが

ここ2,3日はかすかな匂いに変わってます。 

1回目のニンニクの試食が出来る日が楽しみになりました。 

 

 


4日 オクラ終わりました。 [野菜作り]

本日天気は快晴、温かい日になりました。

MY菜園に本日も9時過ぎに出掛けました。

002.JPG 

まず最初に昨日植えました玉ネギの苗の様子見、苗は垂れてます。

根が着くまではこの様になります。

昨日の玉ネギの苗の写真載せましたが、コメントを見ますと長ネギの苗と見間違えれれて居ますのでその違いを

見て頂こうと、今日 改めて玉ネギ苗の写真を載せます。

 苗の付け根部分が玉ネギの場合はご覧のようにもう丸みがあります、この玉の部分が育ち玉になります。

008.JPG 

長ネギはこの根の付け根はストレートで根があります。 

今日の作業は今シーズンのオクラ栽培の最終日です。

夏から沢山のオクラを収穫していましたが、来年用の種が本日収穫出来ましたので。

003.JPG 

赤オクラと、京オクラの鞘です、京オクラはもう鞘笠が割れ種が飛んでました。

今日終了する為に今日まで生育出来てましたオクラを収穫しま。、

009.JPG 

残りましたオクラの木を鎌でバッサリ切り、株を掘り上げて次の野菜を栽培する為に土を耕します。 

土には肥料になる油粕を播いて行き、

 004.JPG

元肥に成ります化成肥料を散布、鍬で何度も深く耕して畝を仕上げます。

006.JPG 007.JPG

出来た畝場にはまだ何を栽培するかは思案中です。

この鍬作業を進めましたが久し振りに額に汗をかいた作業になりました。

近くで鳥のさえずりがしましたのでレンズを向けましたら、雀でした。

 010.JPG

そのほか鳴き声で見ましたら家の屋根で鳴いてましたジョウビタキの様ですがボケてしまった。 

 005.JPG

さらに今日は、その後の生育が進みました玉ネギの苗を追加植え付けで本日の作業を終りました。

見廻りでは、エンドの芽さらに育ち葉が広がりエンドウの苗らしくなって来てます。

週末までは気温が20℃前後で推移するようですから 冬野菜の育ちも進みそうです。

 

 

 

 


3日 苗が届いた [玉ねぎ]

今日は晴れ、昨日に比べ温かい日になり気温も20度を超えてくれます。

 009.JPG

昨日の夕方、注文していました、玉ネギの苗『紅葉』 が届きました。

注文時の納期は11月初旬でしたが、そうそうに種やさんから発送頂きました。 

 001.JPG

注文数は100本です、 苗を見ますと大きさが揃っている感じです。

届いたら箱を開封し、早めに植えてくださいと 記載分も有りましたので箱から苗を取り出します。

苗は1束纏められてますのでバラしてみました。

002.JPG 

 MY菜園では、毎年玉ネギ作りは、自前の苗で 植え付けをして栽培してます。

今回は注文しましたのは、玉ネギの王様と言われます兵庫県淡路島で栽培の品種『紅葉』 ではなく

種を加工したF1品種の紅葉です。

早速今朝畑に出掛け準備済みの畝に植付です。

 003.JPG

試しに先日自前の苗を植えましたものと大きさを比較してみました。

 004.JPG

茎の大きさはあまり変わりませんね、でも全体の長さで行けば私は20~25cmで植えましたが紅葉は30cm

サイズで届いています。

畝に茎を深植えではなく2,5cmほどの深さで 植えつけていきました。

 005.JPG

注文数100本に対して102本が届きましたので本日は102本の植え付けで終わりました。

畝自身は155本入りますので、追加分は自前で種を蒔きました 紅葉3号の苗こちらを使います。

 006.JPG

種まき当初は、植え付け時期を11月末に合わせて種を蒔きましたのでまだまだの苗です。

中には生育の良い苗が生まれます。

 008.JPG

 同じ吊るし保存玉ネギとして自前ではOK黄の苗も栽培してます。

 007.JPG

苗の大きさを見ますと、植付け時期は当初予定の11月15日前後がピークになりそうですね。

先日植えました玉ネギの苗は昨日の雨を貰い茎がピットして立っています。

今年栽培したいと思いました玉ネギの王様の苗が届いて植えれましたので一安心出来ました。

この後は、2,3週間の間に1回目の追肥を行います。

その頃には、この紅葉は草勢が強いといわれてますのでさらに育っているかも興味がわきます。 

今日の収穫野菜は、4弾目のほうれん草最後の間引き菜になります。

011.JPG 

ここまで3回の間引き致しましたが、1回目の間引き後のホウレン草は大きく育っています。

次回はその生育ほうれん草を収穫ですね。


2日 11月最初の雨の菜園 [野菜]

今日は深夜からの雨が降り続いてます午前中、気温も最高で16度の予報寒いです。

11月の最初の雨を頂い菜園の様子です。

菜園の所どころでは少々の雨水が溜まってますが、そこは土が低く硬い所。

これを見れる事で菜園の土の様子がわかりますから助かります。

軽く見廻りです、最初はそら豆の様子。

ポット蒔きで苗作りをしました物はすでに菜園の畝に定植をしています。

 003.JPG

ポットの苗作りは自前の収穫種と昨年購入で1年間自宅保管の種を使いましたが やはり発芽率が低い結果がでました。

畝場に定植出来ましたのは1/3の8個、足らない分の為に新たに種を購入して畝に直播して1週間経過してます。

購入の種には発芽率80%と記載がありました、今日植えた種をよく見ますと種が割れ初めて居ます。

割れた種から根が地中に延びて、この雨を頂く事でさらに地上部に芽を今週末ごろには出してくれそな期待感があります。

サラダゴボウの苗も間引きしていますが、生育状態2回目の種まきの為、11月の収穫は無理ですね、なんとか12月末ごろには1回目のゴボウの収穫が出来ないかと思ってます。

004.JPG 

 ゴボウに比べ、同じ時期の種まき人参の生育状態は順調になってます。

先週末に種を蒔きましたエンドウに芽が出ました。

 005.JPG

この3畝には1ケ所4粒の種を蒔いてます、 上からスナックエンドウを2畝、下段はうすいエンドウで実を頂くグリーンピースです。

 006.JPG

今回は鳥に種を食害されないで蒔いた4粒の種から芽が出てます。 

これを2粒の苗に間引きをして冬超えをします。

春先の途中での霜や雪での葉が焼けない工夫を執りながら進めます。

昨年より10日早い芽出しですが霜情報に注意をしながら防御策を考えていきます。

玉ネギの苗を植え付けてますが、雨を頂いて根着きも一層進みますね。

 011.JPG

 イチゴや、ニンニクの苗場も雨水を頂きしっかりと根を育てくれます。

 010.JPG

 009.JPG

ニンニクでまだ芽を出さない種も有りますが順次雨の水で根が育ち地上部に芽を出すでしょうから

焦らず焦らず発芽を待ちましょう。

お隣さんからリーフレタスの苗を分けて貰って育ててますが勢いが増してきました。

007.JPG 

株間を混み込みに遭えて植えていますが 、これは或る程度育てて大きくなりました葉を搔く収穫ではなく株ごと収穫

する目的です。

株ごと収穫すればおのずと株間を開けれますので、その後は葉を頂きます。 

雨を頂いたら実割れの症状が現れたキャベツを1個収穫致しました。

012.JPG 

1ケ月前の収穫時に比べ玉の大きさも重量感も倍程になりました。

残り8月お盆時期の植付のキャベツ後1個で終わります。

2段目のキャベツは中玉に成り始めてますので今月中旬辺りから収穫が望めそうです。 

3弾目は玉に巻き始めた来ました。 

菜園帰宅途中の知人さんのミカンが今年もたわわに実り豊作ぎみ、色も黄色になりました。

 002.JPG

昨年このミカン、お裾分けを頂きましたが今年も期待できるかな。 

 

 


1日 今秋のジャガイモの出来は。 [野菜作り]

今日から11月ですね、今年も後2ケ月。

何時のように9時にMY菜園んへ。

天気は晴れ、気温は低めです。

今日の作業は有りませんので野菜の見廻り。

11月に入りましたのでジャガイモの状況を見ました。

ジャガイモの茎が寝た株も出てきてますが、芋の出来具合が気になります。

004.JPG 

ちょうどモグラがマルチの端を走り土が浮いていますので手直しをするとともに 、芋の出来を確かめて

みました。

春にも栽培のアンデスレッド、赤色の芋です。

005.JPG

株元の土をすこし掻きますと芋が出てきました、大きさも程ほどの芋です。

次は、秋栽培の品種デジマです。

こちらも株元の土をかきましたら同じく芋が出てきました、やや小ぶりかな。

006.JPG 

種芋植付から60日は経過していますのでこれくらいの芋があればいつもと同じ出来具合ですね。

ジャガイモの収穫まで後10日畑に置いて置きますが、途中で一部を収穫する予定です。

さらにもう一か所は芽出しが10日遅めでしたからまだまだの状況、11月末頃の収穫を目指してます。

野菜の収穫、今日は赤蕪らの2回目の間引き。

出来具合に多少の差が出ていますが、お漬物で頂きます。

 009.JPG

青梗菜の収穫です、今日の収穫で残りは株間が20cmに広がります。

008.JPG 

 株元が広がる事でさらに お尻の太りが進みます。

青首冬大根 、現在一番成長の大根を1本抜いて収穫、

 010.JPG

大根下ろしで頂きますが 辛さがあるのか興味有ります。

明日は深夜からお昼ごろまで雨の予報ですが、どれだけの雨量が菜園に頂けるか。

先回も雨後の野菜の生育が良いので今回も良い雨になると思います。