So-net無料ブログ作成
農作業 ブログトップ
前の5件 | -

16日 半日でもと。 [農作業]

暖かさにつられて今日も菜園へ。

午前中2時間程、作業を進めました。


昨日仕上げた1畝、キャベツを植えます所に透明のマルチフイルムを張りました。


少し時間が過ぎればもう透明なマルチの中は温度の変化が表れて水分が見えます。

DSC08497.JPG



この後は、人参場の雑草を取りながら収穫も進めます。

冬場の人参でがなかなか葉類は上に伸びません。


横に広がる中、周囲に芽生えた雑草類もしっかりと根を張り取り除くにも土を付けてきます。



同じく秋に植えましたキャベツの畝も雑草を取り除きながら追肥と土寄せを。


DSC08494.JPG



中心部は巻いてきましたので4月の収穫を目途にする為、この後は寒羅紗と透明マルチの2重で畝を覆い

内部の温度を上げて生育を早めます。


DSC08495.JPG


冬大根の2弾目。収穫時期になりましたので今後は此方を順次収穫していきます。


DSC08496.JPG




菜園の前の30分程、今日も出逢いを。

場は菜園の前ですから便利。


でも内容的には平凡な写真かな。



DSC04759.JPG





DSC04769.JPG





DSC04778.JPG



余禄編。


昨晩、体験版Lightroom cc編集ソフトで画像編集の練習を。


不要な木々を取り除いた??。


DSC00192.jpg


これが変更前の写真です。

DSC_0266.JPG




止まり木の先端を消してみた。


DSC_0266.jpg


不要分が無いとまたカワセミ君も生える感じですね。

ソフト代月1070程ですが申し込みが良いかアドバイスをお願いします。





nice!(86)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

15日 菜園と出逢い [農作業]

朝方は曇りでしたが太陽も出始めると暖かい日。


出逢い撮りの途中に自宅に戻り、菜園の作業をするために着替えを済ませて。

早速、菜園で作業を開始。


最初は、2月まで残した漬物大根を取り、日干し作業へ。


DSC08490.JPG


取り上げた大根を縛り乾燥させます。

2週間もすれば水分が飛びしなしなな大根になります。



次はジャガイモの畝を完成させないといけません。

荒耕しは済ませていますので、牛糞と化成肥料、苦土石灰を蒔いて。

2時間ほど、鍬を出して土を細かくしてから愛機のお出ましへ。

2ケ月ほどエンジンをかけていませんからうまくかかるかな。


丁度お昼に掛かりましたので愛機を日光浴させて昼食へ。


お昼もそこそこに済ませて菜園へ。

まず愛機のエンジンを掛けます、4回ほどで掛かりました。


早速、ジャガイモの場に移動。

DSC08492.JPG


愛機で土を細かく砕き肥料などを馴染ませたら畝立て機に切り替えて4畝を完成です。



DSC08493.JPG


出来上がりましたので1両日に黒マルチを全体に張り、土の温度を上げてから種芋を植えます。

まだ種芋は購入していませんのでこちらの手配もしないと。

作る品種も悩みの種。

男爵、メークインは今年は植えるか???。


1畝に12個の種芋が植えれますので購入時芋の数を確認しながら決めましょう。



ついでに、キャベツを植えます畝つくりを済ませました。


DSC08491.JPG


初夏キャベツ10株苗を購入してここの畝に植え付けします。


久々の作業で腰足に疲労感が出てしまいました。


体はマッサージ機で手入れです。


菜園の前の出逢い撮り、場は上流部に。


DSC04593.JPG



DSC04603.JPG



DSC04605.JPG




DSC04665.JPG



狭く邪魔な草木が多くと今一の場の出逢い撮りにこれからなりそうです。



nice!(89)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

20日 冬の作業 [農作業]

今日は週末土曜日、午前中は仕事。

午後からは菜園での冬の作業を。

菜園仲間さんはこの冬時期に行う寒耕しを皆さん終えてる。

私も遅れながら今日少しですが作業を。


作業前にまず秋口にジャガイモを収穫してる時、地元の方のアドバイスを頂き土の中においてたジャガイモを

収穫してみました。

年越し後に収穫すれば芋がホクホクになり美味しいくなると聞きました。


その時施してる状態がこの状態。

茎を残してその上にもみ殻を乗せ、さらに黒マルチで全体を覆いました。


DSC08470.JPG


2ケ月経過で茎はしおれてますが中の芋はどうかな。

マルチフイルムを剥がし、もみ殻を退けるとジャガイモが見えました。


DSC08471.JPG


素手で土を掘りますが、採れるのは上の芋だけ、草引き鎌で土を退けながら収穫。


大小の芋がこれだけ収穫出来ました。


DSC08475.JPG


芋の味見は後日食べたら報告で。



芋を掘りましたのでこの場を耕します。


マルチ効果で土全体は軟らかい。

鍬で耕し、この後は寒風に当てながら害虫を退治してこの場は3月に春野菜畝場になります。


DSC08472.JPGDSC08473.JPG

更にも1ケ所、西側になりますが耕しを。

此方はスコップで掘り起し。


3日前の雨の生か土軟らかく掘り起しが出来ます。


DSC08476.JPG


横に植えてます白菜を収穫してこの場を広げ春ジャガイモの栽培場にしますので引き続き明日以降に

掘り起こします。


DSC08477.JPG



本日の収穫野菜。

キャベツ、ニンジン、大根、春菊、小松菜などを。

DSC08474.JPG



月曜日からまた寒気団で寒くなり晴れ間が無いので作業も持ち越し気味になりそう。



nice!(94)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

7日 今日は菜園も [農作業]

日曜日、晴れ。

今日は少し菜園の作業もありましたので出逢いは早めに。


朝8時前に出ました。


空はとても澄んでいます、そこへ丁度アオサギが飛んできました。

空の月とのコラボで。


DSC09135.JPGDSC09136.JPG


昨日の若雌に出逢いを求めて行きましたが残念ながら出逢いは有りませんでした。


出逢いはカワセミと、ダイサギに、ギャングの川鵜頭数が増えて困ります。

あちらこちらで魚を食べつくす。


出逢いはまた次へ。


本題の作業は今年初の玉ねぎとニンニクに追肥を施す作業です。

昨日ホームセンターで購入しました有機化成肥料を使います。

まずネギ、玉ねぎ、にんにくの専用肥料。


DSC08191.JPG

有機入りネギ専用とは肥料の3大要素の窒素、リン酸、カリの割合が標準とは違います窒素、リン酸が多く、カリウム少な目で10-12-5の割合、窒素は葉を育て、リン酸は実肥を育てます。



此方が普通の有機化成ですべてが8-8-8です。


DSC08190.JPG



専用肥料を使いますニンニク場。

草取り後にもみ殻を入れてますので全体が黄色く見えます。

実際葉の色合いも緑が少ない。

1株づつに肥料をパラパラ蒔いていきました。

DSC08195.JPG


昨年から元肥を少なめにしており、成長には追肥の回数を増やし栽培するようにしてます。

明日以降の雨で蒔いた肥料が溶け地中に染みて栄養分を与えます。



同じ玉ねぎの苗場にも行いました。


今回の前にビニールトンネルを施した畝は剥がして行います。

DSC08193.JPGDSC08197.JPG


早くトンネルにした畝の苗は成長が進んでますね。


DSC08196.JPG

此方にも株元に一握りの肥料を添えておきます。


此方の雨水を畝に与える為、今日はトンネルには戻しません。

自然の雨水で肥料を溶かします。



雨後の天気火曜日以降不順な予報が出てますので注意が必要かな。



本日の収穫野菜です。

DSC08194.JPG


白菜、1本ネギ、大根でした。



nice!(98)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

16日 資材の譲受 [農作業]

今日は曇り。

朝から菜園です。

まずゴミの焼却を始めました。

雑草とトマトの茎、それに先日の枯れ木を燃やします。



それとこの12月で急遽菜園をお止めになる仲間さんから相談があり菜園資材の譲受を。


長く菜園をされてたことで資材も豊富。

私が譲り受けたのは此方の物を。


鉄管パイプです。

40㎜の太さがあり、接続ジョイント金具付き。

4㎡が4本、2㎡が6本、1㎡が同じく6本あります。

DSC08182.JPG

西小屋のつくり直しを検討中に材料を頂いたので小屋の修復に使えます。



譲り受けた場所はMY菜園から150m先、これだけでも肩に担いで8往復を。


更にイボ棒です。


使えるものを選別していただいた。


DSC08183.JPG

これでこちらは3往復してます。


更に便利な物を。


田圃で使います波型の囲い物、私もすでに使っています。



DSC08181.JPG


1枚が120㎝あり連結ができます。

早速これも使い区画の境目に埋めて土が流れないように補強です。

右のイチゴ場で使いましたのは安物、厚さも薄い。


スコップで土を削り埋めながら、出来る限りストレートになるように杭を打ち補強を済ませて。


更に2枚を使いこんな所にイチゴの苗を植えることに。


DSC08184.JPG




40㎝幅の路肩で栽培できます、ちょうどまだイチゴの苗がありましたので有効活用です。


右端にはブロックを2段重ねてます、これも頂き物でした。



150㎡の往復を資材運びで12回。

更にそれを直ぐ作業で使い体の一部右太ももの裏側が痛くなりました。


資材が増えると使い道も増しますが逆に自分が辞める時には譲り受け頂ける方が無いと材料の処分に苦労します



nice!(111)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - 農作業 ブログトップ