So-net無料ブログ作成
検索選択

8日 白菜苗入れ替え [白菜]

今日も朝方までシトシト雨が降ってた。

昨日は畝作りの作業を行いましたが、そのあとですこし見廻りで白菜の苗に元気 無い株が数株目に付きました。

いまMY菜園で多数発生中のダイコンハムシによる食害が原因です。

雨の回数も多い為、薬剤散布も雨で流れて効果が出ていません。

そこで今日はこの元気のない株を廃棄して、新規に苗を購入して植え替えすることに。

3畝あります白菜の栽培場、その内特に被害はひどい畝中から7株を入れ替え致しました。

002.JPG

被害の白菜の葉は茎スジを残したスダレの苗ばかりでした。

ここまで被害が出たやさい作りは私は初めて、それなりに今までは薬剤散布で押さえる事が出来ていたのですが。

 

 

 

 


4日 白菜植付け 他も [白菜]

今日も朝から快晴の天気、雨は夕方から降るのかなと思いながら何時も8時にMY菜園へ。

昨日D2で購入しました白菜の苗10株を植付です。

直蒔きの種からの白菜収穫までのつなぎリレー方式です。

まず購入した黄福65、種まきから65日後収穫できます早生型。

 店頭の表示では植付後45日から収穫出来るとね、苗が店頭に並んだ時期が種まき後20日は経過した物と思われます。

006.JPG

苗の本葉もすでに5枚以上出来上がっていますので植付後の生育も早いでしょう。

 お次は中生型あきひめ、名前は種メーカーで色々付けてますね。

こちらは種まき後80日で収穫出来る白菜。

008.JPG

 初心者にも簡単に栽培できると。

3品種目は中晩生90日型。

きらぼし90です。

 007.JPG

 この3銘柄の白菜を準備済みの畝に1畝8株植えていきます。

株間は50cm程ほどの間隔ですね、余り株間を少なくしますと生育後 混み込みで株元の風通しが悪くなり病気も出やすい

です。

009.JPG

2畝目は2株ですが残りは直蒔きの白菜で栽培します、筋蒔きしましたので今初芽直後で沢山の芽が出てます。

苗を植えました後は、薬のオルトランをパラパラ蒔いて寒羅紗ネットで蛾が中に入らないように覆いをしました。

 002.JPG

直蒔きの白菜2畝はピンセットを使い初芽した芽を1ヶ所2,3を残して後は間引いて置きました。

白菜の植え付けを終えて昨日種を蒔きました大根畝に白菜で使用しました黒遮光ネットを移設です。

 覆いのネットが無いと昨日朝、夕方と水を潅水しましたが表面が乾いていますね。

008.JPG

 

これで初芽までネットを掛けて置きます。

人参畝に使ってました黒寒羅紗を水菜、青梗菜、20日大根の種まき畝に持ってきて覆いを掛けて置きました。

006.JPG

 西菜園は黒ネットだらけの畝が目立ちます。

作業はここまで、この後は苗の状態を確認です。

蕪らの芽です、赤白2銘柄初芽状況は揃っています。

009.JPG

 お隣のサラダゴボウの芽も例年になく綺麗に初芽出来てました。

 010.JPG

 どちらも3週間も経過しましたら芽を間引きします。

東のキャベツは苗を植付後3週間経過、早生は生育が頗る順調、先端部が巻き始めです、今日は雑草を取りましたが

追肥と土寄せを近いうちに行う予定です。

 001.JPG

種まき後10日目の人参1列綺麗に初芽出来てますがこの先芽を無くさないように気を付けないと昨年の様に2度蒔き

の失敗の繰り返しに遭います。

004.JPG

今日新たに玉ネギの種を購入しました。

005.JPG

 早生から中晩生までの4品種ですが家庭菜園では多過ぎかな、毎年の事で対購入してしまいます。

 


16日 天気崩れます [白菜]

今日は朝方から曇り、午後からは雨模様の予報が出ています。

晴れの天気は1週間続きましたが、今日から3日間は天気雨で崩れます。

この雨を利用する為、野菜の苗の植え付け、種播きを午前中に行いました。無題.jpg

明日は1日中雨ですね。

無題1.jpg

週末土曜日からは晴れてきます、これ野菜作りには良い気象条件ですよ。

そこで今日の作業はまず先日残りました、キャベツ畝に3株植え付け。

本日はメインの白菜の苗を菜園に植え付けました。

DSC03214.JPG

自前の苗、本葉も5枚になり大きくなりましたので畝に植え付けるに問題は有りません。

そこで準備済みの畝に、1列7株の植え付け。

003.JPG

当初の予定より株数減らしました、株間を60cmの広さに広げる方法を執りました。

昨年は株間が40cmで栽培しましたが株同士が成長と共に混み合い風通しも悪く腐食になる株がありました

ので今年は手入れがしやすい栽培方法に変更です。

DSC03213.JPG

当初3列で27株の予定でしたが株間を広げたことで足りなくなり、もう1列追加し総数28株を

今年は栽培します。

植え付けが終われば虫対策でのネット掛け、寒羅紗で覆って於きます。

お次は種播きです。

昨日仕上げた畝と白菜畝に1列使いましたので急遽1列右に作りました畝を使います。

018.JPG

3列左端は白菜を植えましたので真中を空けて3列目の右側とその右に1列追加して畝に野菜の種播き。

 DSC03215.JPG

3列中央空けた所には連休中にニンジンの種播きを予定。

今日は葉物サラダ菜、水菜、春菊とほうれん草の種を1列の筋播き行いました。

夕方から雨頂けますが、種蒔き後は何時ものように土の表面を軽く水を与えて湿らせて於きました。

見廻りで蕪の芽が出ましたが今一成長が悪いです、連休中に再度土作りからやり直しを致します。

明日は久し振りに丸1日菜園作業はお休みですね。


1日  白菜その後と他の野菜 [白菜]

今日から11月ですね、月日の経つのが早いです。

今日は、昨晩からの雨が続いてます。

菜園の見廻りでも、結構畑に水溜まりが出来てました。

さらに、モグラの活動が激しく至る所で土を浮かせています。

モグラの被害は、小松菜の根元にもあり根付いた野菜を土ごと浮かせてます。

028.JPG

こんなに活発なモグラの行動エリアは久し振りです。

まあ考え方次第では、土中には餌となるミミズが多いとゆうこと畑の土が良くなった証である事の証明と理解しましょう。

 

紹介が前後しましたが、31日からブログのヘッダー写真を替えております。

お気付きの方も有りコメントを頂いています。

茄子のシーズンも終わり、これからの鍋物になくてなならない白菜へ。

この白菜以前、18,19号台風の後遺症から軟腐病に掛かり10株を廃棄しましたがその後の経過を報告していません。

御蔭さまで残りました白菜は何とかその後の気温、晴天に恵まれ軟腐病の危機を脱しました。

ご心配のコメントを頂きましたが、何とか収獲の目処が立ちました。

そこでいつも霜が降りますこの時期に、白菜の巻きを良くし、霜の被害を抑える為紐等で白菜の全体を縛ります。

その作業を29日に致しました。

001.JPG

白菜全体の育ちはまだバラバラで芯となります部分が出来上がっていないのも有りますので紐掛けも色々な位置になっています。

当然、白菜には虫が付いていますので大根ハムシ、ヨウトウムシをピンセットで摘み取り除いて縛ります。

002.JPG

 

これから芯の部分が育ちますと内部の葉がしまり重量感がある白菜に育ちます。

 

その他の野菜で、白菜と共に鍋の必需品ネギです、植え替えてから長ネギ順調に茎も太り食べられるサイズになりましたのでこれまでも収獲しています。

007.JPG

 008.JPG

茎の赤い紅ゾメはまだ収獲出来るサイズまでなっていません、これが収獲出来ますと鍋のネギは赤い茎の紅ゾメに変わります。

レタスは、順調に育ちサラダに重宝して頂いてます。

005.JPG

巻きのサニーレタスはまだ途中です。

006.JPG

冬大根の2弾目ようやく間引き出来ます大きさになりました。

今日からの雨が3日続きますのでその後に間引きです。

007.JPG

先日収獲しましたサツマイモの小さい芋を塩茹でして頂きました。

001.JPG

こちらも美味しく頂きました。

 

 


26日  白菜病気&菜園の畝準備 [白菜]

白菜の病気が停まりません、もうすでに10株を捨てました。

全滅の危機?。

006.JPG

ご覧のように株元が茶色に茎が変色。

ネットで調べましたら正式名がハクサイ軟腐病と言れ、原因は、色々有るようですが。

002.JPG

症状:葉・葉柄の特に地際に近い部分に、初め水浸状の斑点ができ、急速に淡褐色から灰褐色になって軟化、腐敗して独特の悪臭を放つ。この症状は急速に株全体に広がって、短時日のうちに株は腐敗、消失する。結球前に発病すると欠株になり、結球期になってから発病すると、多くは外葉や結球の基部が褐変、腐敗し次第に結球全体に広がる。台風や管理作業で葉に傷ができた後、一斉に発病することもある。収穫後に流通過程で発病、隣接球に蔓延して大被害を与えることもある。

仕組み:病原:細菌 ペクトバクテリウム カロトボラム
 土壌中に広く生息する土壌伝染性病原菌で、広範囲の作物、雑草に軟腐症状を起こす。潅水や降雨にともなう土壌のはね上がりによって感染し、急速に増殖して組織を軟化、腐敗させる。
 土壌水分が多く、空気湿度も高い条件で発生しやすい。強風、軟腐病に効果のない農薬散布や除草などにより葉に傷が付くと発生しやすい。降雨は病原細菌の飛散を助ける。秋ハクサイでは、結球期に温暖・多雨の年は発生が多くなる。多肥栽培により植物体が軟弱に育つと発生しやすい。

防ぎ方:強風による定植後の苗に生じた傷口から感染する。また、キスジノミハムシ、コオロギ、ヨトウムシによる食害痕から感染する。

MY菜園場は、連作でもないので私なりに思います原因は、台風18,19号の風、多雨、ヨウトウムシ、多肥栽培により植物体が軟弱に育つと発生しやすい等。

発生は、この先も有りますから毎日白菜の株元を見極め、ヨウトウムシを退治で少しでも結球収獲に持ち込みたいです。

 

MY菜園の秋野菜準備後半。

今年の秋野菜作りで残りましたのは、エンドウと玉ねぎの植え付け、種まきです。

25,26日で畝の用意と下準備を行いました。

エンドウの種蒔きします畝作り。

先日下準備は出来ていますので今日は耕運機で畝たてです。

002.JPG

畝は3列仕上げました、蒔きますエンドウはスナックエンドウ、実採りエンドウ、絹さやの3品種。

それどれの畝に来月の3日以降に種蒔きします。

25日には、玉ねぎを植えます場所の下準備。

005.JPG

こちらは、ジャガイモと蕪の間ですが畝幅が短いのでジャガイモの所をから広げます。

その為、じゅが芋を6株収獲しております。

こちらは、落花生を収獲しました後場。

 006.JPG

真ん中黒マルチの所は来年の5月にかぼちゃを植えますので敢て空けています。

この3か所で凡そ玉ねぎを370個程の苗を植えられます。

 

西菜園のニンニク場にさらにニンニクを追加です、ホームセンターで芽出しニンニクの苗を販売していましたので。

購入しましたニンニクは中国産のようで苗を育てのは茨城の業者。

001.JPG

10連¥398を2個、ニンニク20片の植え付けです、先行場の少し間隔が広い場所に植えました。

004.JPG

これで来年には、ニンニク80個程の収獲出来ますのでそのニンニクを使って黒ニンニク作りに挑戦する予定でいます。