So-net無料ブログ作成
漬けもの ブログトップ
前の5件 | -

22日 ダイコン漬けもの [漬けもの]

今日は朝から曇り10時過ぎから小雨、この後本降りの予報出てます。

今朝は朝一で菜園へ。

野菜の様子を見て、葉物を収獲しました。

ホウレン草、正月菜、白菜、蕪らを収獲して帰宅。

 

記事にタクアン漬け物をと 本日桶から取り出しました。

タクアン漬けを始めて1ケ月当初水上がりも遅めでしたが水も上がり重しも増やしましたので漬かってると期待して。

太目を選んで取り出して大根に付いた糠を水で落します。

色粉で黄色に着色してます、それを包丁で丸きりへ。

001.JPG

タクアンを切ってみましたがつかり具合は良くありませんね。

芯の中までの漬かりは不十分かな。

 002.JPG

昨年までのタクアンの素と違う事かも、いやダイコンの出来と乾燥のし過ぎ??????。

切りながら一口頂きました、甘さがあります塩を控えめの効果ですね。

寒さも少ないこの1ケ月 今後も3ケ月予想では平年より暖かいとか新聞に出てました。

今後の漬かり具合は様子見となります。

 

カワセミは一服??コガもでも。

 230.JPG

 明日からまた出逢い撮りへ。


27日 今年も漬けます。 [漬けもの]

27日、雨模様で開けた日曜日。

菜園はお休みにして今年も始めます。

それは私も大好きなお漬物、ダイコン漬を作る事です。

今年も材料のダイコンは伊勢タクアン大根です。

13日に16本のダイコンを採り、水洗いして畑で天日干しを始めました。

002.JPG

2週間経過してダイコンは水分も抜けて皮はしわしわに、しなやかな大根に出来上がりました。

それを葉の根元で切り昨日自宅に持ち帰り、早速手で大根をほぐして全体を真っ直ぐに直します。

 001.JPG

16本のダイコン解して重量を計りましたら2,4kg少ないです。

ダイコン漬けをする為に材料を買い求めました、昨年まで2年使いました材料は無くなり新たな漬けものの素です。

 煎り糠500gと色粉、さらにサッカリンも入った具材も付いてます。

002.JPG

これだけでダイコン10kgまで漬けれる素です。

今回は大根の重量は少ないですが糠は半分を使います。

漬けます容器を 取り出し、ビニール袋を中に敷いてその中で漬けます。

003.JPG

糠を250g、具材は10g、塩はダイコンの5% 程ですが甘めにと3%に減塩しました。

それをボールの中でかきまわして合わせます。

 004.JPG

 合わせた糠を樽の底に万遍なく大目に播いて置きます。

 その上に干し大根を樽に合わせて中心部まで並べます、今回は少ないので2段で終わりました。

1段入れましたら糠を播きます、2段目まで入れますしたら残りの糠を全体が隠れるほどに入れて終わります。

005.JPG

 この上に干し蓋を置いてさらに重石になります5kを1個入れて。

006.JPG

ビニールの口を閉じて、さらにもう1個5kの重石を重ねて10kで水上がりまで待ちます。

3,4日で水上がりが出来るのですが出来ない場合はさらに重量を増やします。

その道具はポリタンクに入れた水の重さで調整します。

昨年は5kのダイコンで重石は10kとタンクの水18Lでしたが今年は水10Lで良いかな。

今畑では14本を天日してますが

003.JPG

12月半ばに今回の漬けもの容器に追加して入れる予定です。

1ケ月漬ければ食べられるので正月に間に合いますよ。

 

 

 


19日  漬けもの [漬けもの]

今朝も冷え込んだ朝でした、明日20日はさらに最低気温0度の予報。

あす朝方は灯油の仕事日 、9時台は4度予想ですから防寒スタイルで行かないとね。

自宅でタクアン漬け初めてを1週間を経過しました。

4日目には水も上がり、重石の重量も軽くした昨日の朝の漬けものの様子。

水タンクを取り除きますと、

003.JPG

 重石を2個乗せてます物をさらに降ろして中を確認です。

最上段にはご覧の水が上がってます。

002.JPG

押し蓋の上に1cm程の水がありました。

一旦押し蓋を取り水分を下に落として又元に戻して於きました。

その水の状態を見て本日、昨年は漬けもの中に入れていました葉の部分を捨てずに置いていましたので少しだけ

この水で漬けたくなり整理してみました。

001.JPG

この葉を使いますので樽の重石を取り水分が上がった最上部を見ますと昨日よりさらに増えていますね。

002.JPG

乾燥しました葉を乗せます。

003.JPG

この上に押し蓋を乗せて3,4日すれば漬けると思います。

仕上げは又重石を乗せますが、今日からはさらに軽くしました。

004.JPG

水タンクを取り除き10KGでタクアンが漬かるまで3週間 続けます。

寒さも最近増えてきましたのでタクアン漬けにはベストな 陽気になってきました。

 

自宅で奥さんがプランタに入れてます、ブロッコリー、キャベツの野菜の様子です。

006.JPG007.JPG

菜園は収穫してますが、此方のキャベツは来年の2月?かな収穫は。

 

 

 


16日 タクアン漬け水上がり [漬けもの]

今日から12月折り返し、後半へ。

本日は昨日夕方 ~の雨模様が未だに続いててます、小雨ですが。

12日に今年のダイコンを使いタクアン漬けを始めましたパート記事2です。

ステップ1の『水上がり』が出来たか朝方確認をしました。

011.JPG003.JPG

 覆いのカバーを外して樽の中を覗きます。

漬けもの樽の中に茶色の水が見られます。

004.JPG

5Kg重石を 除きますと綺麗な水が樽の上部に溜まってました。

4日目にして今年は水上がりが出来ました。

005.JPG

やはり最初の重石の重量を昨年より増やした学習効果が出ましたね。

ステップ1の『水上がり』が出来ましたのでこれから先は重石の重量を下げていきます。

先日12日の記事には水上がりしたら重石を5Kg×2の10Kgに下げると書いていましたが、いきなり23~10Kgでは下げ過ぎになりますので今回も水タンクは使います、ただし中身の水の分量は下げて調整します。

追加の重石5Kgを2段重ねします。

006.JPG

さらにその上に減量した容量10Kgの水タンクを乗せて

007.JPG

今日からしばらく重石重量は約20Kgで様子を見ていきます。

漬けもの工程も1回を経験しますと 色々工夫も重ねながら楽しく出来ますね。

樽の近くに近付きますと匂いが出、屋外ですから家の前道路では匂いがしてます。

 

余談記事ですが、昨日の夜間の仕事を終えてバスの時間には余裕がありすぎましたのでまた同じ駅中店の成城石井を散策。

店内を見ますと買いたい食材が目に入りますが、今は金欠時期我慢です。

孫が喜ぶスイーツも 沢山あります。

そんな時間を過ごして通路に出ますと先程から可愛い女性の声で30%OFFです、団子はいかがですかーと。

金欠おじさんには30%は魅力甘い物が食べたくなってましたのでつい残っていました団子を全て購入してしまいました。

002.JPG

写真は4本ですが6本を購入、税込み1本100円以下でした、ついでにおはぎを進められましたがそちらは辞退です。

私の仕事場でも果物の半額品が良く出てますが売れないと廃棄処分ですから勿体ない気分を何時も味わってますので

つい団子を必要数以上に買いましたね。

 

 

 

 

 


12日 今年も漬けました。 [漬けもの]

12日、今日は昨日よりは気温は低めですが、快晴となりました。

今年のタクアン漬けをまた始めます、昨年は2回致しましたがその漬けものを楽しみに。

材料のタクアンは日干しして出来あがってます。

具材のタクアン漬けの素を早速朝購入に出掛けて同じ物を購入してきました。

001.JPG

今日始める前に昨年のブログをもう一度読み直して分量を計算します。

干しあがりましたダイコンは約40本、重量は8Kgあります。

これを漬ける為には、糠、塩の分量を 計算です、今年は塩分控えめに漬けます。

タクアン漬けの素にはこれだけの付属品が入ってます。

002.JPG

糠、サッカリン、着色剤等が、

003.JPG

計算しました分量は、糠は750g、塩は控えめで270gとしました。

まず糠と塩、具材を合わせて起きます。

005.JPG

漬けもの樽を用意してこれだけのタクアン大根を入れます。

004.JPG

桶の底に糠を万遍なく 散らして入れます。

006.JPG

その上に大根を大小有る物を組み合わせて隙間が少ないように敷き、その上に糠を散らして

007.JPG

重ねを 4段できましたので残りの糠を残さず樽に入れました、平らになるように馴らして置きます。

 

 008.JPG

これでタクアン漬けの材料を樽に漬けこみ完了。

この後は重しを乗せて水揚げを致します。

保管は風通しの良い屋外で。

タクアンの重石、今回はまず昨年の反省を元に重石を追加します。

 010.JPG

樽には押しぶたと重石5Kgと、さらに重石用の水タンク18Lを重ねて乗せ23Kgでスタートさせます。

順調に重石が掛かりますと漬け初めて4~5日で水が上がってきます、水が上がれば水タンクは外し重石5k×2個10Kgにして続けます。

011.JPG

置き場が屋外の為、雨がかかる可能性があるのでビニール袋を被せ紐で閉じて 1週間この状態で水上がりを待ちます。

昨年に比べ今全体的に気温が高めなのが気がかりですが今年も良いタクアン漬けが1ケ月後に出来る事を期待しております。

尚今年は葉の部分は漬けない事にしました。

 昨年の記事はこちらです:http://sawatari-yasai.blog.so-net.ne.jp/2014-12-19


前の5件 | - 漬けもの ブログトップ